ブログにも、最初に読んでほしい記事をまとめた「ランディングページ」があるといいのでは

 

ランディングページ(Landing Page、LP)という言葉をご存知でしょうか。

直訳すると「着地するページ」で、サイトやブログに最初に訪問するページのことを指します。
(Google Analyticsの「行動」-「サイトコンテンツ」にも「ランディングページ」という項目あり)

この言葉は少し意味合いを変えて主にネット広告で使われており、バナーやリンクをクリックしたときに表示される(多くの場合)縦長のページがそれに該当します。
役割は、製品やサービス等のメリットを訴求し、購入や問い合わせを促すこと。


ふと思いついたのが、ブログにもランディングページ(≒最初に訪問してほしいページ)があるといいんじゃないか、ということ。

特に売り込みたい製品やサービスがあるならそれをまとめればいいし、無ければ「読んでほしい記事」をまとめればいい。(私は後者)


ブログは基本トップページに時系列で記事が並ぶので、昔の記事はいくら読んでほしくても埋もれてしまいがち。

検索などではじめてブログに来てくれた訪問者向けにランディングページを1つ作り、そこに読んでほしい記事をまとめておくことで、昔の自信作がより読まれる上にファンになってくれる人も増えるかもしれませんしね。


というわけで、ランディングページ作ってみました!


ブログのランディングページ作ってみた

私が作ったランディングページは以下からどうぞ↓

【はじめての方へ】ぜひ読んでほしい厳選記事はこれ!格安旅行予約のためのサイト...
管理人の@ushigyuと申します。このブログ「ushigyu.net」へはじめて来た方に、まず読んでほしい得する・役立つ記事(+個人的に読んでほしい記事)をまとめました。好き...

テーマを絞ったブログならもっと簡潔に、あるいは焦点を絞った内容になるかと思うのですが、好きなことを何でも書く雑記ブログなだけに目次だけ見ても盛りだくさんな感じになってしまいました。

LPの目次はこんな感じ

お時間のある方は、ぜひ目次から興味のある項目を選んで読んでみてください。

当ブログの場合、私が見てほしい記事≒読者にとっても興味のある、あるいは得する情報となっているはずだ、と自信を持ってます。

WordPressテーマ「アルバトロス」のランディングページ機能を使用

現在使っている有料WordPressテーマ「アルバトロス」のランディングページ機能を使って作っているので、サイドバーがなくコンテンツに集中しやすい形となっています。

その反面、通常記事とHTMLタグやデザインが異なるため一部CSSを別途考える必要があったり、記事につく番号がないため関連記事として貼りづらいなどデメリットもあるため、もしかすると今後通常記事と同じ形に変えるかも。

【2017/5/9追記】 ランディングページ機能を使うデメリットの方が大きいと判断し、通常記事に移し直しました。

ランディングページへの流入元はどこにするか?

せっかくランディングページを作っても、読んでもらわないことには意味がありません。

例えば広告などを出す場合には、トップページよりも今回作ったランディングページに飛んでもらう方がよりファンになってもらいやすいはず。
ただし、私含めほとんどのブロガーさんは広告などめったに出すことはないでしょう。では、どこからこのランディングページに行ってもらうか?そこがLP自体のクオリティと同じくらい重要な部分。


とりあえずトップページやプロフィール、各記事の下部にリンクを貼るなど試行錯誤してみようと思います。

あとがき

読んでほしい記事が多すぎて若干とっ散らかってしまった感はあるので、アクセスやもらったコメントなど参考にしながら適宜改善していく予定です。

また、このランディングページのほかgori.meさんの「ゴリミーセレクト」がいいアイデアだと思ったので、私も作ることにした「ウシギューセレクト(私が今使っているガジェットやサービスのまとめ)」、KindleやAmazon全般、その他お得なセール情報をまとめたページも近いうちに公開予定。アップしたらランディングページにリンク貼ります!

ブログからの収入で食べていくってどうなの?よく言われることについて私なりに回答してみた

2017.05.02

今からブログ作るならこれ!日本製シンプル無料WordPressテーマ5選

2017.11.13

高クオリティ&良デザインな有料日本製WordPressテーマ7選。ブログやアフィリエイトサイトに!

2018.01.15