Amazonプライムデーの事前準備はこの記事で万全!2,500円分クーポンもらえる

TwitterのWeb版とアプリで、キーワードごとにミュートする方法

Twitterキーワードミュート

Twitterに、特定のキーワードごとにミュートできる機能がようやく、やっとのことで導入されました。

自分宛ての通知やホームのタイムラインから、好きではないアカウントや人名、デマサイト等のドメインを排除したり、特定のトピック回避、映画等のネタバレ防止なんかにも役立ちそう。

サードパーティのアプリではずいぶん前から実装されていたんですが、公式に採用されるのがまさか2017年にまでずれ込むとは…という気持ちも無いではないですが、素直に喜ぶべき機能追加であることは間違いありません。


今回はTwitterを快適に利用する上で知っておきたい、キーワードミュート機能の使い方を紹介します!


Web版Twitterでのキーワードミュート方法

まずは、Web版Twitterでのキーワードミュートする方法から。

自分のアカウントのページに行き、「ミュートするキーワード」を選択します。

ミュートするキーワードを追加していきましょう。

キーワードを指定できるほか、ミュート対象は「ホームタイムライン」「通知」の2種類、期間は「再度オンにするまで」「24時間」「7日」「30日」の4つの選択肢から選択可。

ミュートしたキーワードは一覧で表示され、いつでも編集できます。

Twitter公式アプリでのキーワードミュート

アプリ版Twitterでのミュート方法も紹介しておきましょう。

アカウントのプロフ写真右、歯車マークのボタンから「設定」を選択。

「通知」→「ミュートするキーワード」と進みます。

あとはミュートしたいキーワードを入力するだけ。

どのようなキーワードをミュートするかは個人の好みですが、例えば以下の記事で書いたようなデマサイト、低品質サイトなどをミュートすると捗りそうです。

blank

Google Chrome機能拡張「Personal Blocklist」役立たずの検索結果をサイトごとブロック!

blank

RETRIPは出典すらない完全なる「盗用」も!ブログ画像を無断転載(パクリ)しているキュレーションサイトを調査

あとがき

フォロー・アンフォローはもちろん、ブロックや今回紹介したキーワードミュート、アカウントミュートなども活用して快適なTwitterライフを!

blank

TwitterやFacebook、はてブでストレスを溜めないためにやっている5つのこと

blank

Twitterで、特定の人のリツイート(公式RT)を非表示にする方法


Amazonプライムデー先行セール開催中
Amazonギフト券5,000円購入で500円クーポンプレゼント
プライム会員なら5,000円ギフト券購入で500円クーポンがもらえる

1,000円買い物で1,000円クーポンがもらえる、中小企業応援キャンペーン
対象商品を1,000円以上買うと、プライムデー限定の1,000円クーポンがもらえる

早川書房の電子書籍1500点、50%OFFセール会場へ
ミステリ・SF・ノンフィクション小説など、ハヤカワの書籍が50%オフのセール中

Kindle本が最大70%オフのセール中
さまざまなジャンルのKindle本が最大70%オフ

Amazon Music Unlimitedが4ヶ月無料、プロの朗読本聴き放題のAudibleは3ヶ月無料、名作映画レンタル100円
通常1ヶ月のお試し無料期間が大幅延長キャンペーン。名作映画もレンタルで安く見られる

Amazonアシスタントクーポンチャレンジ
AmazonアシスタントのChrome拡張 or Androidアプリをインストールし5日間ログインすると、1,000円分のクーポンがもらえる

↓無料体験中でもプライムデー参加できます!↓

 Amazonプライムを30日間無料で試す