私がWordPressの有料テーマ「アルバトロス」に乗り換えた経緯と理由

WordPress有料テーマ・アルバトロス
WordPressの有料テーマ・アルバトロスをとりあえず公式ページで確認したい方は、以下からどうぞ。

この2017年2月より、これまで使っていたテーマから有料WordPressテーマ「アルバトロス」に変更しました。

始めてのレスポンシブテーマに戸惑いつつも最低限のカスタマイズは終え、あとは前のデザインで有用な部分を移植したり、アクセス解析などを見ながら適宜修正していきたいと思っています。

テーマ変更後、『え、あの人もアルバトロス使ってるのかよ…マジで……』というのも発見したけど、まあしかたない。大事なのはコンテンツなんだ。


今回は、私がなぜそれまで使っていたテーマからアルバトロスに変更したのかその経緯と理由、及び変更してからの現時点での状況について書いていきたいと思います。


これまで利用していたテーマ

これまで使っていたテーマについて。

PC用は、元々のテーマは「Blue Grace」。

はてなダイアリーからWordPressに移転したので、手順を簡単にまとめてみる

2011.01.31

ただし、そこからたびたびカスタマイズを繰り返していたのと、2015年9月に大リニューアルを敢行したため既に元テーマの面影はほとんどない状態でした。

ブログデザインをリニューアルしました!意識したポイントや変更点など

2015.09.04


モバイル用は、「Shotoku」というレスポンシブテーマをモバイル専用として利用していたもの。
こちらも大幅に変更をかけているため、元になったテーマとはずいぶん異なっています。

Wordpressのモバイルテーマを、かちびと.netさんの「Shotoku(レスポンシブ対応テーマ)」に変更しました!

2012.05.10




これらのPC用・モバイル用それぞれのテーマに対し、WPTap Mobile Detectorというプラグインを使ってユーザーエージェントごと…つまり、利用している機器を判別して振り分け、WindowsやMacであればPC用の、iPhoneやAndroidやタブレットであればモバイル用のテーマを表示させていました。

iPhoneなどのスマートフォンに最適化されたWordpressテーマを、WPtouch無しで適用できるプラグイン「WPtap Mobile Detector」

2012.02.20

利用していたテーマの抱える問題点

既存の無料テーマをベースに、カスタマイズやリニューアルを繰り返しながら使ってきたこれまでのテーマでしたが、ソースコードがぐちゃぐちゃで管理しづらいという問題を抱えていました。

これまで@shintarowfreshさんにブログ用素材をいただいたり、@haruna1221さんに仕事として全体のデザインをお願いし大幅リニューアルもしましたが、いずれもデザイナーさんでありいただいたのは画像ファイル。

これらの実装に加え、まったくの初心者時代からの度重なる自己流カスタマイズによりもはやソースコードのどこが必要で、どこは変えてよいのか把握しきれなくなっていました。

システム開発をしたことのある方ならわかるかと思いますが、レガシーシステムの典型的な症状ですね。。。


そんな問題意識を抱えつつも、だからと言って一から別のテーマを使えるようにカスタマイズして使うのもとんでもなく労力がかかりそうで、二の足を踏んでいました。

Requ.log(レクログ)に出会い、有料テーマの凄さを知る

そんな折、WordPressの高速化について調べていたときに偶然発見した「レク.ログ(Requ.log)」というブログ。

レク.ログ | 未来の自分をデザインしていく、価値観・ノウハウ発信ログ。


デザインかっこいいし内容がめちゃくちゃわかりやすい……!

これまで私にない文才があり凄いなと思わされるブログはいくつかありましたが、まさかそこそこ自信があるつもりだった「わかりやすさ」でこんなに感動するブログがあるとは……。


元々調べていた高速化についての情報を得つつ、ついつい関連記事にまで手を伸ばして読み進めていくと、どうやらこのブログで利用しているのが「MAG」という有料テーマらしい。

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

マジか、この有料テーマ買えばこのデザインが簡単に手に入るのか。。。

デザインだけじゃなくてカスタマイズ性、SEO対策、SNS連携、広告配置などなど様々な機能もパッケージングされてて使いやすそうだし。

完全に魅了され、ほぼ(このテーマで)いきかけていました。


でもそこは慎重な私のこと、他の有料WordPressテーマについてもある程度調べてから最終決定することに。

最終的に「アルバトロス」を選んだ理由

そういう経緯で色々調べていてたどり着いたのが、今回採用したOPENCAGEの有料テーマ「アルバトロス」。


WordPressテーマ「アルバトロス」をチェックする

デザインも機能性・拡張性も申し分なく、前述のMAGとどちらにしようかは最後まで迷いました。

最終的には、トップメニューの配置やピックアップ記事の表示など、ややアルバトロスの方が目指すイメージに近かったこと、またそれまで利用していたテーマと比較的似ており変更しやすいと感じたことからそちらを選択。


それにしても、MAGを含め用途別に様々なテーマを販売しているWordPressテーマTCDや、アルバトロス含む3テーマを擁するOPENCAGE(オープンケージ)など、高クオリティでほとんどカスタマイズしなくても十二分に使えるテーマがたくさん販売されてるんですね。

WordPress有料テーマという存在は知っていましたが、まさかこれほど進化しているとは思いませんでした。これまでのカスタマイズの苦労はいったい……。

初のレスポンシブテーマに四苦八苦しつつカスタマイズ

アルバトロスはレスポンシブテーマ。つまり、PC用/モバイル用で同じテーマを使うことになります。

これまでPC/モバイルで別テーマを使っていた私にとっては始めての経験。


例えばモバイル表示になったときサイドバーは邪魔じゃないのか、広告配置変わるのに大丈夫か……など一抹の不安はあったのですが、アルバトロスがある程度PC/モバイルの広告振り分けに対応していたこと、またこれまでのカスタマイズ経験も活きて、何とか思い通りの表示にさせることができました。

変更後のPC表示

そのカスタマイズ時に利用したプラグイン等については、今後このブログで少しずつ紹介していきたいと思います。

WordPress有料テーマのメリットとデメリット

最後に、有料テーマを実際に利用してみて感じたメリットとデメリットについて簡単にまとめます。

▼ メリット

・難しいカスタマイズをすることなく、初心者でも高品質なテーマがすぐに使えて書くことに集中できる

・SEO、SNS、広告配置といった通常利用したい機能も元々ある程度備えている

・販売会社がQ&Aや想定されるカスタマイズや修正方法の公開、アップデート等のサポートをしてくれる

▼ デメリット

・人気テーマであればあるほど他人とかぶるので、個性が出しづらい
 →採用後に、アルバトロスがかなりの人気テーマで利用者も多いことに気付きました。いいんだ…コンテンツはオンリーワンだから……

・最初からほぼ完成されているため、WordPressカスタマイズの知識は身につきにくい

・初期投資が必要なので、最初の一歩としては踏み出しづらい
(アルバトロス:7,980円、MAG:10,980円、など)

あとがき

これまでのスパゲッティ(めちゃくちゃに絡まった)状態のソースコードが一新され管理しやすくなったほか、テーマ変更かはたまたRequ.logさんを参考に実施した高速化施策の影響か、サイト表示速度がAnalyticsで見る限り半分くらいに速くなっているようです。これは嬉しい。

切り替えは1/31途中

これから新テーマを少しずつ改善しつつ、ブログ更新を続けていきたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします!


WordPressテーマ「アルバトロス」をチェックする

WordPressテーマ「MAG(TCD036)」

WordPressテーマ「MAG」をチェックする

ブログからの収入で食べていくってどうなの?よく言われることについて私なりに回答してみた

2014.04.24

WordPressでブログ運営するならどのレンタルサーバーを選ぶ?主要サービスを比較してみた

2014.09.15

私がブログを続けるために心がけている「ストレスの徹底排除」その具体例6つ

2015.02.10

「ブログで生計立ててます」と自己紹介した際にされた、ちょっと困った6つの質問

2015.01.19

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。
長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら