高コスパすぎるAmazonのタブレット「Fire HD 8」動画やネットなど何でもできて8,980円!

Fire HD 8タブレット

この記事は、2016/10/29時点でのFire HD 8タブレットをレビューしたものです。

とりあえずAmazon公式ページで最新のFire HD 8をチェックしたい方は、以下からどうぞ。

Amazonのタブレット「Fire HD 8」をついつい買ってしまいました。

私は現在iPad Airを持っており、それで今でも一応は満足している状態。

なのですが、Fire HD 8の価格は11,980円、さらにプライム会員なら4,000円オフでなんと1万円割れの7,980円(2017/12/4現在)。
この低価格で一体どれほどの使える製品なのかと試してみたくなったのです。


一通り使ってみて確信しました。これはコスパ最強のタブレットだと。

Kindleはすぐ読めるし、Amazonプライム会員ならプライムビデオやミュージックもいける。
Wi-Fiがあればネットがサクサク使えるし、SNSやメールやゲームアプリだってできるし、自炊本も読める。

容量が足りなくなればSDカードで継ぎ足せるので、わざわざ大容量のものを高いお金出して買う必要もない。


特にこだわりがないのであれば、少ない投資で十分なクオリティが得られる優秀なタブレットです!


オレンジのパッケージが印象的なAmazon Fire HD 8

Fire HD 8、届きました。私はプライム会員なので4,000円オフの8,980円(2016/10/27当時)。1万円切るタブレットを買ったのは始めてだけど、どんなもんだろう。。。

若干品薄になっていたようで到着まで2週間ほど間がありましたが、2016/10/27現在は解消されているようです。

Fire HD 8タブレット

ビビッドなオレンジ色に、パンとか買ったら入れてもらえそうな袋っぽい変わった形のパッケージ。
そういえば以前は「Kindle Fire」という名前だった気がしますが、いつからかKindleは頭に付けなくなったんですね。

Kindle fire hd 8 2

裏側にFire HDの特徴がずらずらと。ASAP(As Soon As Possible?)機能ってなんだろう。

Kindle fire hd 8 3

内容物は本体、ケーブルとアダプタ、説明書。
説明書といっても電源や音量調節、ケーブルの接続といったことが書かれているだけのシンプルなもの。

Kindle fire hd 8 4

ざらつきのあるプラスチックの材質で覆われており、良く言えば丈夫そうだし滑りにくい。悪く言えば無骨というか、デザイン性はそれほど考慮していないなという感じ。いいんです、そこは求めてないから。

Kindle fire hd 8 5

軽く薄く美しく作られているiPadと違い、質実剛健といった感じのFire HD 8。そこそこ厚いけど丈夫そう。

Kindle fire hd 8 6

標準的かやや小さいくらいの男性である私の手で、片手でギリ掴めるかなという幅。
縦横の長さはiPad miniとほぼ同じなので厚さ的にかなり重いかと思いきや、iPad mini 2とほぼ同じ、mini 4と比べても40g重い程度。

Kindle fire hd 8 7

Fireの素晴らしいポイントの1つが、SDカードを挿して容量を増やすことができる点。

Kindle fire hd 8 12

9.7インチiPad Airと比較してみる

手持ちのiPad Air(9.7インチ)と並べてみます。
大きさの違いはこんな感じ。

Kindle fire hd 8 8

重ねてみました。
iPad miniだと7.9インチなので、Fire HD 8とほぼ同じ大きさになります。

Kindle fire hd 8 9

裏側。iPadのスタイリッシュさが際立ちますが、Fireを買う人はそもそもそこを求めてないでしょうし価格差から考えればこのくらいは全然OK。

Kindle fire hd 8 10

iPad Airは6.1mm、Fire HD 8は9.2mm。金属を削り出して作るiPadに対し、Fire HDはプラスチック製。

Kindle fire hd 8 11

iPadとは方向性が違い、Fireシリーズはデザインに強くこだわることなく、その代わり安くて使える丈夫なタブレットを目指している(であろう)ことがよくわかります。

Fire HD 8の初期設定(セットアップ)

それではFire HD 8を起動してみます。

最初に言語の設定があり、次にWi-Fiに接続します。SIMカードを挿すところはないため、いずれにしてもWi-Fi環境は必須。

Kindle fire hd 8 13

いきなり名前を呼ばれてビビる。KindleやFireといったAmazonのデバイスは最初から購入したアカウントの設定がされているため、IDやらパスワードを入力する手間が省けます。
(別の人は使う場合には、設定し直してもOK)
以前使っていたFireからデータを復元してつかうことも可能。

Kindle fire hd 8 14

オプション設定は、特にこだわりがなければそのまま全てチェックで良いでしょう。
必要に応じてSNSの設定をどうぞ。

Kindle fire hd 8 15

以上で初期設定は完了!簡単なスタート時のチュートリアルもしてくれますよ。

Kindle fire hd 8 16

iPadやAndroidタブレットを使ったことのある人なら、ホーム画面も特に迷うようなことは無いでしょう。

読書も、ビデオも、音楽も、アプリも。十分すぎるタブレット

タブレットを買ってやりたいことって?

例えば動画を見たり、本を読んだり、ネットをしたりといったところが主でしょうか。
その程度であれば、Fire HD 8で何の問題もなく十分楽しむことができますよ。


AmazonのコンテンツであるKindle、Amazonビデオは言うに及ばず。

Kindle fire hd 8 17

プライムミュージックももちろんOK。アプリだってSNS、Evernoteといった実用系アプリからマイクラなど有名ゲームもだいたい網羅。

Kindle fire hd 8 18

ブラウザだってもちろん普通に使えるので、YouTubeやらネットサーフィンも全然問題なし。
デフォルトではロック画面に広告が表示されますが、設定からオフにすることができます。

Kindle fire hd 8 19

自炊(裁断・スキャン)してデータ化した本も読めるよ!Fire HD 8のサイズなら見開きでマンガ読んでも大丈夫。

Kindle fire hd 8 20

ちなみに、自炊本の読書でおすすめのアプリは「Perfect Viewer」。使い方は以下の記事をどうぞ。

自炊した本のデータはもちろん、手持ちの音楽や動画をMacからFireへインポートするには「Android File Transfer」というアプリを使えばOK。

なお、Windowsならドラッグ&ドロップで普通にいけるのでご安心を。

Fireタブレットは3種類

AmazonのFireタブレットシリーズには、Fire 7、Fire HD 8、Fire HD 10の3種類があります。(2019/9/1現在)

各製品の比較表は以下の通り(Amazonサイトより引用)。

Amazon Fireタブレットの比較表

Kindle HD 10は画面が大きいとはいえ他モデルに比べ妙に高額なので、個人的にはFire 7か本記事で紹介しているFire HD 8がコストパフォーマンス的におすすめ。

Amazonプライム会員なら4,000円オフなど大幅割引に。FireやKindle買うなら加入した方が絶対得

Amazonプライム会員であれば、Fire HD 8はもちろんFireシリーズ、Kindleシリーズが全て大幅割引となります。

プライム年会費は4,900円なので、これらの機種を買う人は加入して割引されたAmazon製品を購入しつつ、不要ならすぐに退会する方が間違いなくお得


Amazonプライム会員になるとどんないいことがあるかについては、以下の記事で詳しくまとめてあります。
お急ぎ便・日時指定便が無料になるほか、Amazonプライムビデオ見放題、Amazonプライムミュージック聴き放題、Amazon製品の常時割引など盛りだくさん。

【無料体験あり】年会費4,900円の「Amazonプライム」でできることまとめ。動画、音楽、お急ぎ便など

2019.04.27
続きを読む

特にAmazonプライムビデオは、多くの映画やドラマ、バラエティ等が見放題になる優れもの。これだけでも年額4,900円(もしくは月額500円)の価値は十分あると思いますよ。

あとがき

大抵のことはできて11,980円、プライム会員なら7,980円という価格はかなり破格だと思います。例えば家で動画を見たり本読んだりする用に安いものが1台ほしい、なんていう用途にはうってつけ。

コスパ良く使えるタブレットを探しているなら、要チェックですよ!

↓Fire HD 8買うならタイムセールがお得

Amazonでの買い物は、月1で開催される「タイムセール祭り」を狙うとポイント最大8.5%でおトクだ

2019.09.14
続きを読む

↓私のおすすめAmazon製品、Fire TV Stickレビュー

コスパ抜群のFire TV Stick、超おすすめ。Amazonビデオ、NETFLIX、YouTubeなどをテレビで楽しめる

2019.04.24
続きを読む