【殿堂入り】「本当に買ってよかった」ものはこれ

ドコモ、au、ソフトバンクにiPhoneを下取りに出すのは損かも?もっと高く買い取りするところがあるぞ

iPhone 7 Plus ラインナップ

2021/9/19追記
2021年9月現在、iPhone 13発売後の最新のiPhone下取り額については、こちら(↓)の記事に掲載しています。

iPhone 12を売る場合の下取り価格は?Apple、ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルと高価買取ショップを比較


付属品がなかったり多少のキズくらいなら減額なし、かつ買い取り価格が高く現金で返ってくるネットオフが現時点ではかなりオススメです!

いまならiPhone定額買い取り&SIMロック解除済みで5,000円アップキャンペーン中。

ネットオフでiPhone高価買い取りをチェックする


iPhone 7が間もなく発売されるのに合わせ、ドコモ・au・ソフトバンクの携帯各社が乗り換え後の旧iPhoneの下取り価格を発表しています。

乗り換え後に活用したり譲ったりする予定がなければ、そのままなんとなく下取りに出してしまうユーザーも多いでしょう。


ですが、ちょっと待ってください。そのiPhoneは別のところで売ればもっと高く買い取ってもらえるかもしれませんよ?
というか、その確率はかなり高いですよ?

しかも、携帯各社で下取りに出したとしても、もらえるのはその会社でしか使えないポイント。
どうせなら現金で買い取ってもらえたら嬉しいですよね。


というわけで、今回はドコモ、au、ソフトバンクのiPhone下取り額を確認しつつ、それよりも高く買い取ってくれる業者をいくつか紹介したいと思います!


ドコモ、au、ソフトバンクの下取り価格

まず前提として、auとソフトバンクは自社のiPhoneの方が他社のものより下取り額が高いです。

auとソフトバンクは機種代金で新規・MNPを優遇しているので、下取り額では自社iPhoneの方を高く下取りして埋め合わせしている、といったところでしょうか。


一方、機種代金で新規・MNP・機種変更に差をつけていないドコモに関しては、下取り額も自社/他社関係ない価格を設定しています。

以上を踏まえた上で、各社の下取り額を確認してみましょう。

▼ 自社iPhoneの下取り額

自社のiPhone(例えばauならauのiPhone)の下取り額は以下の表の通り。

auとソフトバンクはほぼ同程度、ドコモがそれより低めになっています。特に5s以前の機種について差が激しい。

ドコモ au ソフトバンク
iPhone 6s Plus 128GB 30,000 35,640 36,000
64GB
16GB
iPhone 6s 128GB 27,000 32,400 33,600
64GB
16GB
iPhone 6 Plus 128GB 25,000 27,000 26,400
64GB
16GB
iPhone 6 128GB 22,000 24,840 26,400
64GB
16GB
iPhone 5s 64GB 22,000 22,680 26,400
32GB
16GB
iPhone 5c 32GB 6,000 11,180 12,000
16GB
iPhone 5 64GB 11,880 12,000
32GB
16GB
iPhone 4S 64GB 6,480 7,200
32GB
16GB
iPhone 4/3GS/3G 2,400

▼ 他社iPhoneの下取り額

他社のiPhone(例えばauならドコモとSoftBankのiPhone)の下取り額は以下の表の通り。

iPhone 6までのシリーズであれば他社/自社で価格が変わらないドコモが逆に高価下取りとなっていますが、5s以前のモデルはやっぱりやたらと安いのは変わりません。

ドコモ au ソフトバンク
iPhone 6s Plus 128GB 30,000 26,460 26,400
64GB
16GB
iPhone 6s 128GB 27,000 24,300 24,000
64GB
16GB
iPhone 6 Plus 128GB 25,000 21,600 21,600
64GB
16GB
iPhone 6 128GB 22,000 21,600 21,600
64GB
16GB
iPhone 5s 64GB 22,000 21,600 21,600
32GB
16GB
iPhone 5c 32GB 6,000 7,560 7,200
16GB
iPhone 5 64GB 1,000 4,860 4,800
32GB
16GB
iPhone 4S 64GB 2,700 2,400
32GB
16GB
iPhone 4/3GS/3G



なお、上記の表は以下のページを参考にしたもので、価格は全て2016/9/12 17:30現在です。

SoftBankの「タダで機種変更キャンペーン」という名称が、いかにも情弱を騙す気満々で目立ちますね。
(実際には、下取り額を毎月の支払と相殺するので多少安くなりますよという程度の話であり、当然ながらタダで機種変更できるわけではありません)



さらに、上記携帯各社の下取りで手に入るのはあくまで各社でしか使えないポイントか分割での携帯料金値引き。

商品券などに交換も可能だとはいえ、同額の現金に比べれば明らかに利用価値が劣ります。


ネットオフなど他の量販店や専門店で売る手も

需要の高いiPhoneを買い取ってくれるお店はたくさんあります。

例えば、イオシス。秋葉原などに店舗を構え、宅配買取も行っているようです。


大きなキズがあったり付属品がなかったりで、最大買い取り価格よりも査定が大幅に落ちる/落ちる可能性が高い場合は、ネットオフで売却する手もあります。

買い取り価格こそそれほど高くはありませんが、大きなダメージや画面割れなどなければ定額という一風変わった形式でのiPhone買い取りを実施中。

多少傷がついていたりで買取価格が減額されてしまうのが心配なら、ネットオフだと定額買い取りで結果的にお金が多く戻ってくる可能性もありそう。チェックしてみる価値ありです。

⇒ ネットオフで買い取り価格をチェックする


あとがき

今使っているキャリアでそのまま機種変更するにしろ、MNPでどこかに移るにしろ、乗り換え後のiPhoneをそのまま下取りに出してしまうのは損かもしれませんよという話でした。

今回書いた情報も考慮に入れて、一番高く買ってくれるところを選びましょう!


コメントを残す