神々が住まう町・宮崎県高千穂町にある、自然の造り出した絶景「高千穂峡」

Takachihokyo 6

レンタカー旅を提案するサイト・キテネさんの協力でキャンピングカーを借り、行ってきた九州遠征。

阿蘇を抜けてから次に立ち寄ったのが、宮崎県随一の観光地であり神が住まう町とも言われる神話の地・高千穂

その高千穂の中でも、絶対外せない場所が高千穂峡でしょう。


自然が造り出した峡谷と、そこに流れる川や滝。奇妙な形の岩。

日本有数の風景がそこにはありました。


宮崎県高千穂町にある天然の峡谷「高千穂峡」へ

キテネさんで借りたキャンピングカーで、高千穂峡の駐車場に到着。

高千穂峡 – Google マップ

私が車を停めたのは、いくつかある駐車場(有料)のうちボート乗り場がすぐ横にあるところでした。駐車料は1日500円。

ただ残念ながらこの日は雨で増水しており、残念ながらボートには乗れず。

Takachihokyo 1

OKな日はここを降りていくみたいですね。乗ってみたかったなあ。。。

Takachihokyo 2

気を取り直して、高千穂峡へ向かいます。途中には味のある食事処も。
中国系観光客が多いのか、中国語表記の看板もありますね。

Takachihokyo 3

石橋と木々の緑が既に絵になる。

Takachihokyo 4

橋の上から下を見下ろすと、そこには峡谷がチラッと見えていました。

Takachihokyo 5

早速、高千穂峡を巡る遊歩道に向かいましょう。

Takachihokyo 25 Takachihokyo 6

木の生い茂る細い道を、谷に向けて降りていきます。

Takachihokyo 7 Takachihokyo 8

火山活動によってできた凝灰岩が、川の浸食によって削られてできたのがこの高千穂峡とのこと。
ゴツゴツとした岩場を川が流れています。

Takachihokyo 10

切り立った崖を縫って流れる川に、向こうに見えるのは真名井の滝。すごい景色だなあ。

Takachihokyo 9

この日は雨だったので水が濁ってしまっていますが、晴れているともっと川の色が綺麗で、ボートに乗れるとさらに素晴らしい風景が楽しめるようです。(以下の2写真はFlickrより引用)

秋色の高千穂峡 (Autumn Colored Takachiho Gorge)
秋色の高千穂峡 (Autumn Colored Takachiho Gorge) / cyber0515

CIMG0359
CIMG0359 / senngokujidai4434

途中途中には、名前やストーリーのついた珍しい岩などもあったりします。

「鬼八の力石」。

Takachihokyo 12 Takachihokyo 11

「仙人の屏風岩」。

Takachihokyo 15 Takachihokyo 14

両側を絶壁に囲まれた道を、峡谷の上流へと進む。

Takachihokyo 13

日本唯一の3本並んだアーチ橋「高千穂三段橋」など、他にも見どころ多し

歩くこと10数分、目に飛び込んできたのが「高千穂三段橋(さんだんばし)」!
1つの渓谷に3本のアーチ橋が架かっている、日本で唯一の場所らしい。

Takachihokyo 16

その横では今も岩を削り続けている、激しい川の流れ。

Takachihokyo 17

新旧の橋が並ぶ風景。

Takachihokyo 18

年月を経た石橋って、どうしてこんなに風情があるんでしょうか。

Takachihokyo 19

その横にはちょっとした茶屋や土産物店もあるので、ここまでの歩きで疲れた方はここで一服を。

Takachihokyo 20

来た道を戻り、ちょっとだけ散歩。

Takachihokyo 23 Takachihokyo 21

茅葺屋根の水車小屋がありました。

Takachihokyo 22

つめた〜ィラムネでも飲んで、休憩するのもまた一興。

Takachihokyo 24 Takachihokyo 26

あとがき

次回はぜひ天気の良いときに来て、ボートで下から高千穂峡や真名井の滝を眺めてみたいものです。

神々しさすら感じる絶景を、ぜひ見に来てみてはいかがでしょうか。

レンタカー予約なら キテネ Come on Local!


この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。
長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら