RSSチェックが超捗るアプリSylfeedがFeedly対応&iPad版リリース。Reederから即乗り換え!

Sylfeed update ipad title

知った時からずっと愛用していたiPhoneのRSSリーダーアプリ、Sylfeed

とても快適に利用していたものの、Googleリーダー終了後は単体動作(スタンドアロン)アプリとなったため、WebでFeedlyを使っている私としてはReederに移らざるを得ませんでした。

Reederは連携機能や同期速度に優れているものの、「読む」「読まない」の仕分けにスクロールが必要で非常にめんどくさいのです。。


ですがこの度、ついにSylfeedがFeedlyに対応。再度インストールして使ってみたのですが、「やっぱりこれや!これを待ってたんや!」と叫びたくなるRSSチェックの快適さ。
Reederをしばらく使った後だけに、尚更その便利さが身にしみました。

さらにiPad版もリリースされ、iPhone版とiCloudで同期。iPad派には嬉しいですね。

RSSやアプリでWeb上のニュースをチェックしている方には、ぜひ使って欲しいおすすめのアプリです!


Sylfeedが念願のFeedly対応!RSS購読が捗りまくる

Sylfeed
ニュース, ソーシャルネットワーキング
無料


App

Sylfeedをインストールしたら、まずはアカウント追加。

Sylfeed update ipad 1

「Stand-alone」は、Sylfeedアプリのみで記事のチェックをする場合に使用。
私の場合は既にFeedlyに登録してある購読リスト(RSS)を利用したいので、Feedlyを選択。

Sylfeed update ipad 2

Feedlyで利用しているGoogleアカウントにログインします。

Sylfeed update ipad 3

以上で、Feedlyとの連携は完了です!

「あとで読む」機能で、読む/読まないの仕分けを高速に

何と言っても私がSylfeedを気に入っている最大の理由は、記事を読む/読まないの仕分けがスクロールなしに、高速にできること。

そのためにはアドオンの購入が必要ですが、100円なんて記事チェックの快適さと節約できる時間を考えれば安いものです。

Sylfeed update ipad 4

アドオンのプレミアムパックを購入すると、設定に「あとで読む」が追加されます。
ここで、例えばPocketなりEvernoteなり自分が使っている「あとで読む」サービスを設定すればOK。

Sylfeed update ipad 5

私の場合、左スワイプで既読(=読まない)、右スワイプでPocketに送る(=読む)に設定し、後でまとめてPocketアプリで読むというスタイルです。

Sylfeedのあとで読む機能がどれほど快適なのか?は以下の動画を見ていただくとわかりやすいかと。

以前私が書いた記事も参考にどうぞ。

iPad版がついにリリース。iPhoneとiCloudで同期!

Sylfeed for iPad
ニュース, ソーシャルネットワーキング
¥300


App

もう1つのビッグニュースが、SylfeedのiPad版リリース。

仕分けするだけならiPhoneで十分ですが、じっくり読みたい人にとっては大画面のiPadで記事をチェックできるのは願ってもないこと。

iPhoneとiPadをシーンによって使い分けている人もいるでしょうから、その2つがiCloudで同期するのもありがたい。

iPad版のレビューとしては、以下の記事が詳しい。

あとがき

バージョン3.2リリースを記念して、iPhone版Sylfeedは本日(12/17)のみ無料となっているようです。これはダウンロードしておくしかないですね!
さらに、iPad版Sylfeedのアドオンのプレミアムパックは2014年1月8日まで無料らしい。

RSSを利用していたり、毎回ブラウザのブックマークを開いてサイトやブログをチェックしている方にとって、Sylfeedアプリはその圧倒的効率化を助ける強力なツールとなってくれることでしょう。

ぜひ使ってみてください!

Sylfeed
ニュース, ソーシャルネットワーキング
無料


App

Sylfeed for iPad
ニュース, ソーシャルネットワーキング
¥300


App

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら