Amazonプライムデーの事前準備はこの記事で万全!2,500円分クーポンもらえる

沖縄でよく見かける「石敢當(いしがんどう)」ってどういう意味?

Ishigando 1

沖縄の離島・宮古島に行ったときに、道が交差する曲がり角などのポイントでよく見かけた「石敢當」と書かれた石碑が気になっていました。

私の地元・長崎や現住所の福岡、あるいは他の地域では見かけた覚えがなかったのですが、宮古島に来てからやたらと目に付くのです。

というわけで、この文字はどう読んで、何の意味があるのか?調べてみました。


宮古島でやたら見かける「石敢當」の意味とは?

私が見かけたのは、以下のような文字。
どうも、道が交差している場所に意識して書かれてある感じでした。

Ishigando 1

形は様々で、しっかりと表札のような土台に書いてあるのもあれば、壁に直接書いたようなものも。

Ishigando 2

こちらもやっぱり交差点ですね。

Ishigando 3

検索して調べてみると、Wikipediaに以下のような記述がありました。

元は中国伝来の風習で、福建省が発祥とされている。
(中略)
日本では、沖縄本島を中心に、周辺諸島に数多く点在している。また、薩南諸島・奄美群島を含め、鹿児島県にもかなり存在する。沖縄県、鹿児島県以外の日本全国にも分布するがその数は少ない。
(中略)
沖縄県では「いしがんどう」、「いしがんとう」と呼ばれ、鹿児島県では「せっかんとう」と呼ばれることが多い。
(中略)
市中を徘徊する魔物「マジムン」は直進する性質を持つため、丁字路や三叉路などの突き当たりにぶつかると向かいの家に入ってきてしまうと信じられている。そのため、丁字路や三叉路などの突き当たりに石敢當を設け、魔物の侵入を防ぐ魔よけとする。魔物は石敢當に当たると砕け散るとされる。
石敢當 – Wikipediaより)

とのこと。

・読み方は「いしがんどう(いしがんとう、せっかんとう)」で、沖縄県を中心に分布
・元々は中国が由来の魔除けで、交差点など道が交差する場所の突き当りに設置される

ということなんですね。

あとがき

沖縄本島では車移動が多いせいか、見かけた覚えがなかったですが…次回行くときには注意して見ておこうと思います。

1つ勉強になりました!

blank

宮古島の海めっちゃ綺麗。シュノーケリングで熱帯魚と触れ合うの最高すぎた。

blank

海と星が美しいけどフェリー欠航の多い波照間島に、なるべく確実に行く方法&実行レポ

blank

沖縄の宿泊はホテルもいいけど、Airbnbでリゾートマンション泊まるのも楽しいぞ


Amazonプライムデー先行セール開催中
Amazonギフト券5,000円購入で500円クーポンプレゼント
プライム会員なら5,000円ギフト券購入で500円クーポンがもらえる

1,000円買い物で1,000円クーポンがもらえる、中小企業応援キャンペーン
対象商品を1,000円以上買うと、プライムデー限定の1,000円クーポンがもらえる

早川書房の電子書籍1500点、50%OFFセール会場へ
ミステリ・SF・ノンフィクション小説など、ハヤカワの書籍が50%オフのセール中

Kindle本が最大70%オフのセール中
さまざまなジャンルのKindle本が最大70%オフ

Amazon Music Unlimitedが4ヶ月無料、プロの朗読本聴き放題のAudibleは3ヶ月無料、名作映画レンタル100円
通常1ヶ月のお試し無料期間が大幅延長キャンペーン。名作映画もレンタルで安く見られる

Amazonアシスタントクーポンチャレンジ
AmazonアシスタントのChrome拡張 or Androidアプリをインストールし5日間ログインすると、1,000円分のクーポンがもらえる

↓無料体験中でもプライムデー参加できます!↓

 Amazonプライムを30日間無料で試す


コメントを残す