ScanSnapアンバサダープログラムに「自炊アンバサダー」として参画することになりました

Scansnap jisui ambassador title

ScanSnapをつくっているPFUさん主催のイベント『新製品「ScanSnap SV600」タッチ&トライ Meeting』に参加するため、神奈川県は川崎市に来ております。@ushigyuです。

このイベントの中で発表されたのが、「ScanSnap アンバサダープログラム」。
アンバサダーとは外交でよく使われる「大使」という意味。ふるさと大使なんていうのもありますね。
ざっくり言うと、”ScanSnapをより世間にPRし広める役割を担う人”といった感じです。

アンバサダーとしては15名ほどが紹介されたのですが、私は「自炊アンバサダー」として参画することになりました!


“自炊”に一番詳しいブログとして

イメージスキャナ | ScanSnap アンバサダー プログラム | PFU

自炊(本の電子化)についてはブログ解説当初からどこよりも詳しく解説してきたつもりなので、「自炊アンバサダー」としてお声が掛かったのは嬉しい限り。

ビッグネームに挟まれつつ、長すぎるブログ名で迷惑をかけているの図↓

Scansnap jisui ambassador 1

ScanSnapは、私が自炊を始めた当初からお世話になっている機種。
自炊が広まり始めた当初の定番S1500、その後継機で現在の定番機iX500、コンパクトで持ち運びに便利なS1100、非破壊で本をデータ化できるSV600とガッツリレビューをしてきたシリーズでもあります。

以下はそれらレビュー記事の一部。

ScanSnap SV600で本の”非破壊自炊”が進むのか?公開されたスペックや動画から考えた
ScanSnap iX500からパソコンにWi-Fi経由のデータ送信が可能に!手順を解説します
ScanSnap iX500とEvernoteで名刺管理するメリット3つとその具体的手順
性能アップしたScanSnap iX500で自炊!本に合わせた最適な設定と手順とコツ
持ち運べるスキャナ「ScanSnap S1100」名刺やレシート、書類をサクっとスキャン!
自炊に最適!スキャナーScanSnap S1500を使った本のスキャン手順と設定、重送時の対処

ブログを始めた当初を振り返ると、もしかしたらこのScanSnapがなかったらブログを始めていなかったかもしれません。
そういう意味でも感慨深いものがあります。

アンバサダーになったからといってブログ上でやることは変わりませんが、ScanSnap関連のイベントに出てくることがあるかも。
これからどういう展開になっていくのか、自分でも楽しみです。


なお、自炊のやり方については以下の記事に全てまとめていますので、興味のある方はどうぞ。

本の自炊方法まとめ。裁断、スキャンからタブレット・Kindleでの読書まで徹底解説!

あとがき

気に入らないものをブログで褒めることはしないポリシーなのですが、ScanSnapは使ってみて良いデバイスだということを知っているので、今回の自炊アンバサダーの話も喜んで受けさせていただきました。

今では様々なトピックを扱う当ブログ「おまスキャ」ですが、ScanSnapの便利な使い方や自炊についての話題などももちろん更新していく予定ですので、お楽しみに。

というわけで、今後ともScanSnapと当ブログをよろしくお願いします!

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。
長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら