[グルメ]甘みのあるダシの肉吸いが胃に染み渡る「千とせ」in 大阪・難波

Chitose nikusui 4

昼飯に何を食べようか考えていた、先日の大阪遠征でのとある日。

その前の日に会った友人から勧められ、和洋風KAIさんの記事でも見覚えがあった「千とせ」の肉吸いに決定。

要するに西日本で食べる肉うどんのうどん抜きということらしいのですが、甘辛く煮込んだ肉の味が溶け出したダシが大好きな私にはまさにうってつけ。

なんでも、近くに劇場がある吉本芸人さん達もよく通っている店らしいですよ!


今回紹介する「千とせ」は大阪の繁華街「難波(なんば)」の一角にあるのですが、周りは問屋街のようなところでした。

Chitose nikusui 1

昔ながらのお店という感じで、良い意味で年季の入った店内。

Chitose nikusui 2

うどんもあるのですが、ここは名物の肉吸いと小玉(卵かけごはん)で!

Chitose nikusui 3



出てきたのがこちら。美味そうすぎる。

Chitose nikusui 4

ダシ好きの私にはたまらない肉吸いのビジュアル。
煮込んだ牛肉とネギに、パラッとかかった青ネギ。

Chitose nikusui 5

味は、まさに”肉うどんのうどん抜き”。
かつおと昆布のダシに、甘辛い肉のタレが混ざってちょうどいい塩梅。うまー!
福岡でも食べられなくはないですが、それでも大好きな味です。

中には半熟の卵が。好みで少しずつ混ぜるとまた味がまろやかに。

Chitose nikusui 8

こちらの卵かけごはんは・・・

Chitose nikusui 6

専用の醤油でいただきます。
卵2個になっちゃったけどきにしない!

Chitose nikusui 7

お腹もいっぱいで帰ろうとふとテーブルに目をやると、醤油の瓶に村上ショージの「しょうゆうこと!」が。さすが大阪やで。

Chitose nikusui 9

ミナミに遊びに来たり、近くにあるなんばグランド花月に行くときにでも寄ってみてはいかがでしょうか。五臓六腑に染み渡る美味しさですよ!

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。
長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら