iPhoneのアプリアイコンを付箋代わりにしてメモを表示できる「IconMemo」この発想はなかった!

Iconmemo 13

アプリアイコンが並んでいる、iPhoneの画面。アプリを並び替える以外、基本的にはAndroidのようにカスタマイズはできません。

例えばメモやリマインドをしておきたい場合、メモアプリに書き留めておいて後で起動させて確認したり、何らかのアプリを使って通知センターに登録するといった方法がありますが、表示させるのに一手間かかってイマイチ。


そう思っていたのですが、それを覆す画期的なアプリ「IconMemo(アイコンメモ)」がリリースされていました。

名前の通り機能は単純で、iPhoneのアプリアイコンを付箋代わりにして、メモを表示させることができるというもの。

それだけのシンプルな機能なのですが、まさに「この発想はなかった」という感じで様々な使い方ができそうな素晴らしいアプリです。

今回は、その「IconMemo」の使い方をご紹介します!


まずは付箋のアプリアイコンをつくる

起動させると、シンプルな操作説明。これで十分なくらい使い方は簡単です。

Iconmemo 1

いくつかの色、および無地・横掛・方眼といった付箋から選びます。
(後で変更可能)

Iconmemo 2

付箋をタップするとブラウザが起動し、以下のような画面に。
説明にしたがってホーム画面に追加しましょう。

Iconmemo 3 Iconmemo 4

アイコン名はお好みで。

Iconmemo 5

これで、iPhone(私の場合はiPod touch)に付箋のメモ用紙が登場しました!

Iconmemo 6

付箋にメモを書き込む。カスタマイズもできる!

できたアイコンをタップすると、メモの内容を編集できます。

Iconmemo 7

文字を入力してみると、

Iconmemo 8

このように表示が変わり、

Iconmemo 9

アプリアイコンにもそのメモが反映されました!これはすごい。

Iconmemo 10

メモの文章をそのままメールで送ることもできます。

Iconmemo 11

用紙や文字の色、フォント、行間、背景の種類(無地、横掛、方眼)の変更も可能。

Iconmemo 12

縦は5文字、横は全角5文字/半角9文字がきれいに表示できる範囲のようです。
(フォントや行間によって変わります)

Iconmemo 13

メモはいくらでも作れますよ!

Iconmemo 15

アプリ作者さんが作った紹介動画もあるようなので、こちらもどうぞ。

あとがき

iPhoneのアプリアイコン自体が小さいので表示範囲は限られますが、いつも気に留めておきたい言葉や、ちょっとしたTo Do・買い物などのメモに重宝しそうです。

人によっていろんな使い方ができる面白いアプリだと思うので、ぜひ使ってみてください!

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら