佐賀・武雄の野菜たっぷりちゃんぽんが福岡へ!「井手ちゃんぽん」in 福岡・天神

Ide chanpon 7

こんにちは。ちゃんぽんの本場・長崎出身の@ushigyuです。

ちゃんぽんが生まれたのは長崎市にある「四海楼」というお店で、そこから広がっていったらしい。
それもあって、特に北部九州で広く食べられています。

福岡にもちゃんぽんのお店がたくさんあるのですが、そこに佐賀から最近進出してきたのが今回の「井手ちゃんぽん」

長崎でちゃんぽんを知った店主が、佐賀・武雄で独自にアレンジしたらしい。
かなりいろんな店で食べ歩いている私ですが、その中でもかなり気に入ったので紹介します!


天神のオフィスビルが立ち並ぶ一角に、その「井手ちゃんぽん」の看板が。

Ide chanpon 1

ちゃんぽん屋っぽくない外観ですね。

Ide chanpon 2

最初に食券を買ってから席につきます。

Ide chanpon 3

店内はカウンターで一人で食べている人もけっこう多い。
写真はありませんが、手前にはテーブル席もあります。

Ide chanpon 5

こちらがメニュー。小盛〜大盛は野菜の量が違うらしい。

Ide chanpon 4

カウンターには、井手ちゃんぽんの誕生秘話が。
創業60年と、なかなかの老舗です。

Ide chanpon 6


やってきました、これが並盛のちゃんぽん(680円)です!野菜たっぷり!

Ide chanpon 7

これが本当に美味しい。なんといっても豚骨と野菜の旨味が溶けたスープがめっちゃ好み。
炒め野菜にも、ちょうどよく味がついていてバクバクいけます。


あんまり気に入ったので、後日すぐにまた来てみました。
この日は特製並盛(850円)。きくらげと生卵が乗るようです。

Ide chanpon 8

盛りが少なく見えますが、これは単に器の大きさが違うだけでしょう。

実際、野菜はたっぷりと盛られていました。美味しいんですよ、これが。

Ide chanpon 9

麺もいいよ!

Ide chanpon 10

途中で卵を溶かすと、またちょっと違ったまろやかな味が楽しめます。

Ide chanpon 11

これは来客を連れて行く価値のあるお店だと思いました。またちょいちょい食べに来ます!ごちそうさまでした!

#2012/12/3追記 今日行ったら、スープにコクと甘みが感じられずだいぶ味が落ちた印象でした。ゲストを連れて行ったのに残念です。

関連ランキング:ちゃんぽん | 天神駅西鉄福岡駅(天神)天神南駅

[グルメ]味、接客、独創的メニュー、どれも最高!「モヒカンラーメン」in 福岡・久留米
[グルメ]深夜まで多くの客で賑わう、福岡・天神の一押しラーメン屋!「Shin Shin(シンシン)」

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら