Facebookを始めたばかりの初心者に伝えておきたい3つのこと

Advice for facebook beginners title
facebook logo / marcopako 

おはようございます。Facebookへの依存度がかなり高まっている@ushigyuです。

日本でもかなりの勢いで普及しつつあるFacebook。
「よくわからないけど、皆やっているし・・・」と、とりあえず始めてみた初心者の方も多いことでしょう。

今回は、そういった方に向け、本格的にFacebookを始める前にこれは心に留めておいてほしいことについてまとめてみました。


私自身、使い始めの頃は今回挙げている内容をあまり考えておらず、知らない人からの友達申請を承認したり、よくわからないアプリをインストールしてしまったりしていました。。。

そういった失敗をしないためにも、Facebook初心者の方はチェックしてみてください。


① 予め「どこまでの人とは友達になる」か決めておく

Facebookで最初の友達承認をする前に、「どこまで承認して、どこからはNGか」線引きをしておいた方が良いです。
あとから方針変更となると、一度友だちにした人を解除しなければならずかなりハードルが高い。

例えば、友達同士でワイワイやりたいだけなら、仕事の同僚や上司とは友達にならないこと。
1人でも仕事関連の友だちを作ってしまうと、あの人はOKでこの人はNGにするわけにもいかず、ズルズルいってしまいます・・・

顔を合わせた人とゆるく繋がっていきたいなら、知らない人からの申請は承認しない。

ビジネス用として、製品やサービス、セミナー等の宣伝に使いたいのであれば、可能な限り友達は増やす、などなど。


私も最初は会ったことない人も承認したりしていましたが、今は一度でも直接会ったことのある方のみとさせていただいています。周りでもこのパターンが一番多いかも。

② 勤務先・生年月日・連絡先・顔写真などの情報の公開範囲は慎重に

Facebookは実名主義なので、ほとんどの方が自分の本名を始め、生年月日や勤務先、職歴や学歴などを登録することになります。

また、人によってはプライベートな旅行の写真などをアップする人もいるでしょう。

そういったときに、何も考えず「公開」にしてしまうと、第3者からもそれらの情報が全て見えてしまいます。


プロフィールの各項目や、ウォールに投稿するときに「公開/友達のみ公開/非公開(自分のみ)」など公開範囲を設定できるので、①の「どこまでの人と友達になるか」と合わせて慎重に選ぶようにしましょう。

特に女性は、見知らぬ男性から目をつけられる場合もありますので、注意が必要です。

プライバシー関連の設定については、以下を参考にどうぞ。
GoogleやYahooの検索に引っかからないよう設定することもできます。

③ Facebookでのセミナーやアプリは慎重に

Facebookでは、数々のスパムアプリが出回っています。
(例えば「マイカレンダー」など)

こういったスパムアプリは、自分の友達にも無差別に招待を送って感染させようとするものが多いです。

Facebookには実名などプライベートな情報を登録しているため、そういった情報をこのようなアプリに公開してしまうのは、いかにも危険・・・。

友人からの招待(アプリのリクエスト)であっても、安易にアプリを使わないよう気をつけましょう。
(その友人は招待を送った覚えがない場合がほとんどです)

基本的に「アプリの招待は無視」「アプリ承認は、スマートフォンの投稿アプリ等最低限必要なもののみ」にしておくのがオススメです。


また、利用者がどんどん増えているFacebookには、それ自体でビジネスをしようという人もたくさんいます。

例えば、「Facebookのビジネス活用」とか、「人生がうまく回りだす」みたいなセミナーを頻繁に行っている人。
(友達が数千人いたり、プロフィール文が生い立ちから始まって長かったり、ウォールにファンの方々の「いいね」や礼賛コメントが溢れている、などの特徴あり)

実際に参加したことはないので肯定も否定もしませんが、一つ言えることは「友達の数や『いいね!』の数は、必ずしも信頼度やその人の能力を表さない」ということ。

数字や聞こえのいい言葉にまどわされず、「この人は本当に信頼できるのか?」をきちんと見極めるようにしましょう。

誰でも簡単!「ソーシャルメディア・コンサルタント」のつくり方【悪用厳禁】

2017.02.02
続きを読む

あとがき

設定がわかりにくかったり、いつの間にやら広告に自分の「いいね!」が使われていたり・・・と問題もなくはないFacebookですが、mixiが凋落し、Twitterにも陰りが見えてきた今、この先しばらくは最強SNSとして君臨するのではないかと思います。

(実際、ブログへのアクセスもTwitterよりFacebookの方が増えてきており、影響力が大きくなってきているのを表しています)


友人たちと楽しくFacebookを使うために、あるいは仕事上の交流の一環として活用していくためにも、最低限今回紹介した内容くらいは心がけておきたいところですね。

Facebookユーザー要チェック!メッセージに2重の罠…「その他」フォルダの他にもう1つトラップがあった!

2013.07.09
続きを読む

[Facebook]友達から外さずに、その人の投稿を非表示にする(フィード購読をやめてミュートする)設定

2014.02.08
続きを読む

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です