Evernoteは何ができて、何がスゴイの?[Evernote超初心者講座 第1回]

Evernote lectures for beginners 1 title
Quick Tip: Use Evernote to back up your blog in real time / joe.ross

こんにちは。Evernoteユーザーになって2年半になるうしぎゅう(@ushigyu)です。

便利なツールとしてあちこちで話題になり、どんどんユーザー数を伸ばしている、Evernote
(なんでも、日本には1,500万人以上のユーザーがいるとのこと)

公式サイトやブログなどで、使い方や便利なEvernote連携アプリについて数多く解説されていますし、もちろんこのブログでも度々記事を書いています。

ですが、Evernoteをほとんど使ったことがないというような「本当の初心者向け記事」って意外とないもんだな…と、以前福岡で初心者向け「Evernoteの使い方」講義をしたときに思いました。

というわけで、講義のときに作った資料をもとに、これから不定期に[Evernote超初心者講座]を連載していきたいと思います。

「Evernoteなんか便利そうだけどよーわからん」「使ったことない・使ってみたけどすぐにやめてしまった」という方、ぜひ見てみてください。

第1回は「Evernoteは何ができて、何がスゴイの?」

なぜ、紙のノートではなく、他のサービスでもなく、Evernoteを使うのか?考えてみようと思います。


なぜEvernoteを使うのか

Evernote系の記事がヒットしたときに、必ずと言っていいほど書き込まれるコメントが

 「いつになったらEvernoteを使いこなせるんだろう」
 「手段が目的になってるんじゃねーの」

といったもの。

これらのコメントは、失礼ながら的外れと言わざるを得ません。


その記事を書いた人だって何も「Evernoteを使いこなしてやる!」と思って使っているわけではないはず。

自分の目的を達するために、あるいは楽しむためにEvernoteが最も優れている便利なツールだから使っているだけなのです。
(私もそうです。)

他のツールでそれが実現できるなら、Evernoteじゃなくたっていいわけです。

それでもEvernoteを使うのには、それなりの理由がある。

その理由、つまり「Evernoteはここがスゴイ!」と思うポイントを私なりに4つにまとめてみました。

① 何でも保存できる

すべてを記憶する | Evernote

Evernote lectures for beginners 1 1(image:Evernote公式ホームページより)

Evernoteは(使ったことのない人には)難しく捉えられがちですが、ただの「オンライン上のノート」でしかありません。

普通の紙のノートでも保存できる、テキストや画像なんかはもちろん普通に保存可能。

加えて、紙のノートではできない様々なものも保存しておくことができます。

例えばWebページを保存しておいて後で見たり、音声を記録したり、PDFファイルを入れておいたり・・・ほとんど何でもEvernoteに突っ込んでおくことが可能。

オンラインのメモ帳サービスや、写真ならFlickrやPicasaなどいろいろサービスはリリースされていますが、何でもかんでも入れておけるのは私の知る限りEvernoteのみです。

② どこからでもアクセスできる

Evernote lectures for beginners 1 2(image:Evernote公式ホームページより)

普通のノートであれば、持ち歩いていないと書き込んだり読んだりすることができません。(当たり前ですが)

ノートを家に忘れてしまったり、誰かが持って行ったりなくしてしまえばもうアウト。

その点、Evernoteは「オンライン上のノート」なので、インターネットさえつながっていればどこからでも、パソコンでもスマートフォンでもアクセスできます。

家にいる間はパソコンで編集しておいて、外出中はその続きをスマートフォンで入力、仕事場に着いてからその内容を会社のパソコンで確認・さらに追記、なんてこともできます。
(※セキュリティ上の理由で、会社でEvernoteが遮断されている場合もあるので注意)

場所・デバイスを問わずどこからでもアクセスできるのが、紙のノートにはないEvernoteの強みなのです。

③ 整理・検索が簡単

Evernote lectures for beginners 1 3(image:Evernote公式ホームページより)

紙のノートであれば、整理するときに本棚に入れ直したり、ラベルを付けたり…というのがなかなか大変。

また、「あのとき書いたあれ、どのノートだっけ?」というときに、1ページずつめくりながら探すのは一苦労です。


それに対し、Evernoteはデータ。

パソコン上でフォルダを作ってファイルを移動させたりすることがあると思いますが、同じ要領でEvernote内のノートをサクっと整理できます。

「タグ」と呼ばれるラベルを複数のノートに一気に貼って分類することも可能。

また、以前書いた文章を探したいとき、ノートを一つ一つ確認しなくてもEvernote内を検索すれば一発です。

画像の文字認識機能もあるので、写真に撮った文章でもある程度は検索にひっかかるのも便利。

④ 便利なアプリが豊富

Evernoteには、連携する便利なアプリがたくさんあることも大きな特長。

公式アプリだけでは不足している部分を、これらの素晴らしいアプリが見事に補完しており、よりEvernoteを魅力的なものにしているのは間違いありません。

iPhoneなら、例えば起動して即メモができるFasteverや・・・

FastEver – 素早く簡単にEvernoteにメモ
仕事効率化, ユーティリティ
¥200


App

同じく起動して即写真が撮れ、それを勝手にEvernoteに保存してくれるFastEver Snapがその代表的なアプリ。

FastEver Snap
仕事効率化, 写真/ビデオ
¥200


App

iPhoneには、他にも数多くのEvernote連携便利アプリが揃っています。
Evernoteの他に、ここまで充実したアプリが揃う同様のサービス…というと、全く思いつきません。今のところEvernote一択といってもいいくらい。



Androidでも、iPhoneほどではありませんがEvernote連携アプリが少しずつリリースされ始めています。

代表的なのは、1日分のメモをまとめてEvernoteに送れる「PostEver」。
iPhoneアプリFastEverのような「速攻メモ」的な使い方もできます。

あとがき

以上、「紙のノートに対して」あるいは「他のサービスに対して」スゴイと思うポイント(=他のどれでもなく、Evernoteを使う理由)を4つにまとめてみました。


「Evernote超初心者講座」の他の記事は以下からどうぞ。

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら