“ジェンガ(JENGA)”が超楽しかった件。友達や家族と、これ以上なく盛り上がれる!

Analog game jenga 1

こんにちは。ゲーム大好き@ushigyuです。

今や、ゲームと言えばテレビゲームやアプリが当たり前の時代。

そこらのファーストフード店にでも行けば、DSやPSPを持ち寄って遊んでいる子供達を当たり前のように見ますし、テレビではイヤというほどGREEやモバゲーのCMが流れています。

私自身も、小さい頃からファミコン大好きで育ちました。
(先日、「私が影響を受けた・ハマった5つのゲーム #5games」で書いた通りです)

ですが、アナログなゲームも捨てたもんじゃないですよ。
というか、テレビゲームでもなかなかここまでは…というくらいめちゃくちゃ盛り上がりました!

そのアナログなゲームとは、昔ながらの「ジェンガ(JENGA)」です。


ジェンガ(JENGA)ってどんなゲーム?

実は今回始めて遊んだのですが、そんな私でも名前は知っていたくらい有名なこの「ジェンガ」。

公式サイトによると・・・

[note]「ジェンガ」は、1983年にイギリスで発売されて以来、
日本をはじめ、アメリカ、ヨーロッパ、アジア各国など世界中で
長年愛され続けられているNo.1バランスゲームです。
ジェンガってなに?|商品情報|ジェンガ|タカラトミーより)[/note]

イギリス発祥のゲームだったんですね。
日本だけでなく、世界中で遊ばれているゲームのようです。

確かに、「ブロックを抜いて積み上げていき、崩したら負け」という単純明快なルールは、言葉も文化も関係なくどこでもすぐに受け入れられそうです。

ジェンガに異常な盛り上がりを見せる大人たち

今回ジェンガで遊んだのは、福岡・天神にある「Bee」というダーツバー

基本的にはダーツがメインの店なのですが、JENGAなどのパーティーゲーム、iPadなんかも置いてありいろいろ楽しめました。

罰ゲームドリンク(アルコール、ノンアルコールどちらもあります)や罰ゲームフードもあり、ダーツや他のゲームを一層盛り上げてくれます。


テーブルに積み上げられたジェンガタワー。熱い戦いの幕開け…!

Analog game jenga 1

「工事」と称し、手慣れた手つきでジェンガをねじり微妙なバランスを作る、「Guild Cafe Costa(ギルドカフェコスタ)」のオーナー@ggaoki氏。

Analog game jenga 2

帽子を取ると本気モードです。

Analog game jenga 3

真剣な眼差しで、明らかにバランスがやばいジェンガのタワーを積み上げていく。

Analog game jenga 4

このゲームがすごいのは、「他の人のターンを見るのも楽しめる。むしろ目が離せない」こと。

よく、自分の番がなかなか回ってこずヒマになってしまうゲームがありますが、長く愛されているだけあってジェンガは一味違います。

Analog game jenga 5

崩してしまった人には、罰ゲームのドリンクが待っています。表情が(・∀・)イイネ!!

Analog game jenga 6

しまいには、ジェンガに呪いをかける人まで登場。

Analog game jenga 7

あとがき

というわけで、あまりにも楽しかったのでジェンガ購入してしまいました…!

友達同士や家族が集まったときや、合コンにもいいかも。
暇つぶしに一人でやるのも面白そうですが、それはさすがに寂しいかな…?笑

ゲーム機ばかりではなく、たまにはこういったパーティーゲームを遊ぶのもいいかもしれませんね。

同じようなパーティーゲームといえば、「ぐらぐらゲーム」や「黒ひげ危機一髪」なんかもずいぶん昔からありますね。こちらも楽しそう!

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。
長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら