新しいiPadで自炊はどう変わる?Scansnap(スキャナー)の設定は?iPad2と比較して確かめてみた

こんにちは。自炊(本の電子化)ブロガー@ushigyuです。

先日、遅ればせながら「新しいiPad(第三世代iPad)」を購入した私。
(参考リンク:自炊(本の電子化)ブロガーushigyuは、いかにして新しいiPadを買うに至ったか

購入前は、「解像度が上がっただけでしょ?」くらいに思っていたのですが、実際に使ってみるとそのインパクトは絶大。

新しいiPadで見るサイト、写真、アプリの画面などなど、別世界のように綺麗でした。

では、自炊(電子化)した本はどうでしょうか?

おそらく多くの自炊erが不安に思うのは、

 『新しいiPadの解像度で、今まで自炊した本を見ても問題ないの?』

というところかと。

今回は、その疑問に答えるべく実際に私がスキャンした本で試してみました。


当ブログ推奨設定は、ScansnapS1500の「スーパーファイン」

まず、今まで私がブログでオススメしてきたスキャナー(Scansnap S1500)の設定をおさらいしておきましょう。

[note]画質は、上から二番目の画質「スーパーファイン」が最もバランスが良くオススメです。

(中略)

「ファイン」以下
 ⇒ 文字が若干欠けてしまう。文章は読めるがやや粗い。読み取り速度は「スーパーファイン」と変わらず。
「エクセレント」
 ⇒ 読み取り速度が1/3に。
【自炊(本の電子化)完全マニュアル】第4回「本に合わせてScanSnapを設定し、スキャンしよう!」より)[/note]

上記の通り、私がオススメしていた画質は「スーパーファイン」
(なお、画質以外の設定は上の記事に詳しく書いてあるので参照ください。)

Scansnapの公式サイトによるとスーパーファインは「白黒:600dpi、グレー、カラー:300dpi」とのことですが、それがiPadで見るとどの程度なのかよくわからない。

というわけで、私が実際にScansnapの「スーパーファイン」で自炊(電子化)した本を使って、iPad2 VS “新しいiPad(iPad3)”で比較してみました。

iPad2 VS “新しいiPad”で、自炊した本の画質を比較

まずは、活字からいってみましょう。

※なお、iPad2と新しいiPadではスクリーンショットのサイズが違う(iPad:1024×768、新しいiPad:1536×2048)ため、同じ大きさになるように拡大・縮小をしています

iPad2、新しいiPadのスクリーンショットは、それぞれ以下のような感じ。

Ipad2 1 New ipad 1

この時点では、どちらも文字がそれなりに滑らかに見えますね。

ですが、これを2倍に拡大してみると。。。

Ipad2 2 New ipad 2

iPad2はジャギー(ギザギザ)が目立つのに対し、新しいiPadではまだまだ滑らか。
違いがハッキリわかります。

次に、マンガではどうでしょうか。

iPad2、新しいiPadのスクリーンショットは、それぞれ以下のような感じ。

Ipad2 3 New ipad 3

やはり、この時点ではそれほどの違いは感じません。

こちらも2倍に拡大すると。。。

Ipad2 4 New ipad 4

活字の場合と同様、iPad2ではやや粗さが目立ちますが、新しいiPadでは全く気になりません。

また、画像を見るとわかる通り、新しいiPadの方が白と黒の差がハッキリして見やすいです。
これは、解像度に加えて彩度が約44%アップしたことが関係していると思われます。

以上、「スーパーファイン」のままでも問題なく、新しいiPadのRetinaディスプレイを堪能できることがわかっていただけたでしょうか。

※さらに画質を「エクセレント」に上げて試してもいいのですが、もはや肉眼で認識できるレベルを超えていると思うので今回は省略します。


「特に拡大とかしないなら、iPad2でいいやん!」と思われた方もいるかもしれません。
もちろん、iPad2でも全く支障なく読むことができます。

ですが、「新しいiPad(iPad3)」はまた別次元。
(あり得ないことですが)元の本より綺麗になってるんじゃないの!?と錯覚するほど。

今回のスクショではさほどの違いはわかりにくいと思いますが、実際のiPadで読み比べてみるとその大きな違いがわかります。

彩度(色の鮮やかさ)の違いも大きく関係しているのかもですし、新しいiPadの方がよりクリアーというか、何というか。。。

言葉では説明し辛いので、店頭や持っている友達に見せてもらうなどして試してみてください。


[tip]【結論】
新しいiPadでもScansnapの画質は「スーパーファイン(カラー300dpi相当)」でOK。iPad2でも読むには問題ないが、Retinaディスプレイは段違いに綺麗すぎる![/tip]

注意点:アプリは全て最新バージョンにすべし!

最初にiPad2と新しいiPadで画質を比べたときには、違いがわかりませんでした。

それもそのはず、比較に使うi文庫HDをアップデートしていなかった(=Retina対応前のバージョンを使っていた)のです。

なんたる初歩的ミス…!

i文庫HD 2.2.2(¥800)

カテゴリ: ブック, ユーティリティ
現在の価格: ¥800(サイズ: 17 MB)
販売元: nagisa – yasuyuki asada
リリース日: 2010/05/09

App

ss1 ss2

当たり前ではありますが、新しいiPadを購入したときにはアプリを全て最新バージョンにアップデートするのを忘れないようにしてくださいね。

なお、iPadのブックリーダーアプリ(読書用アプリ)については以下で詳しく比較していますので、ご参考に。

あとがき

今回は、新しいiPadでのScansnapの設定について書いてみました。

他に「これを検証してみてほしい!」という要望がありましたら、@ushigyuまでお寄せください。できる限りお答えしたいと思います!

なお、@tobu1さんが一足先に自炊×新しいiPadのレビューをしてくださってました。
こちらも合わせてどうぞ。

RetinaディスプレイのiPadで電子書籍を読んでみたり、自炊して分かったこと | トブ iPhone

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。
長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら