知らないと損するかも!?「楽天市場」でショッピングするときのコツ6つ

6tips when shopping in rakuten title

言わずと知れた日本最大の総合通販・ショッピングサイト、楽天市場

その商品点数は9000万点以上、年間流通総額は1兆円以上…ともはや想像することすら難しいほどの規模になっています。


この楽天市場を使って買い物をするとき、ちょっと一手間加えるだけで安く買えたり、ポイントをもらえたり、面倒がなくなったりすることをご存知でしょうか?

今回は、私が楽天市場で買い物をするとき、損をしないために実際にやっている6つのコツをご紹介。


目次

① 広告メールは全てオフに。Chromeならプラグインもある

② 商品名で検索し、最安値を探す

③ 「送料込か、別か」「自分の地域なら送料はいくらか」を確認

④ AmazonやYahoo!ショッピングも一応確認

⑤ ポイントアップにはエントリーしておく

⑥ マイルやポイントがもらえるサイトを経由する


⇒ 楽天市場のページをチェックしてみる

① 広告メールは全てオフに。Chromeならプラグインもある

注文確定直前、このような画面になります。

ここで「この内容で注文する」といういかにも押したくなるボタンがありますが…これは実は(ある意味)罠。

6tips when shopping in rakuten 1

ページの最下部に行ってみると、メールマガジンが全て配信される設定になっています。なんたること!

メールが欲しい人はこのままで良いですが、多くの人にとっては迷惑以外の何物でもありません。
忘れずに、チェックボックスは全て外しておきましょう。

6tips when shopping in rakuten 2

(なお、上の画像の「全ての選択を解除」を押しても、上の2つのチェックボックスは外れないというさらなる罠。楽天さんはんぱないっす。。。)


Google Chromeだとこのチェックボックスを勝手にオフにしてくれる拡張機能もあるようです。
Chrome使いの方はこちらもどうぞ。

楽天からのメール攻撃を避けるため、購入前のチェックボックス外しは忘れずに

② 商品名で検索し、最安値を探す

検索などをしていて、楽天の商品がヒット。
よし買おう!…と思ったあなた、ちょっと待ってください。

もっと安い店があるかもよ?

例えば、Carlの裁断機を探していて、楽天のある店で発見したとします。

6tips when shopping in rakuten 4

でも購入はちょっと待った!
商品名で検索してみると。。。

6tips when shopping in rakuten 5

価格が倍近く違う!Σ(゚д゚lll)ガーン

楽天にはすさまじい数の店舗が参加しているため、こういったことが珍しくありません。

商品の名前や型番で検索して安い順に並べ替え、一番安いところで購入するのが賢いやり方

③ 「送料込か、別か」「自分の地域なら送料はいくらか」を確認

楽天で検索したとき、価格順に並べ替えて最安のものを…という選び方をする人は多いと思います。
(上記の②でもそうしています)

ただ、この価格だけで選べないのが楽天マジック。

以下の画像を見てみてください。ジャイロ・ツェペリのフィギュアを検索し、「価格の安い順」並べ替えたところです。

6tips when shopping in rakuten 3

一見、一番上のものが安そうですが、よく見ると真ん中だけが「送料込」、上と下は「送料別」となっています。

それぞれの個別商品ページで送料を確認すると、数百円くらい。
つまり、この場合一番安いのは真ん中の店なのです。

当然、送料は住んでいる地域によって変わりますので、ご注意を。

「価格の安い順」に並べても、送料込みで最安の商品が一番上に来るとは限らない

④ AmazonやYahoo!ショッピングも一応確認

②、③のTipsを使い、楽天で最安の商品を見つけたとします。

でも、もしかしたら他のネットショップでもっと安いところがあるかも…?

例えば、JAMBOXというBluetoothスピーカーの場合。

楽天で調べると、この値段。
最安は16,800円…と見せかけて、この店の送料は800円なので実質17,600円。

6tips when shopping in rakuten 6

対してAmazonだと、送料無料で17,180円。
Amazonの方が楽天の最安値より安い!

6tips when shopping in rakuten 7

こういうことも結構よくあるんです。

ネットの世界は広大なので探しだすとキリがありませんが、せめてAmazonくらいは確認しておくと良いかと。

ネットショップは楽天だけじゃない。最低限Amazonの価格くらいはチェックしよう

⑤ ポイントアップにはエントリーしておく

楽天は、しょっちゅう「エントリーでポイント◯倍!」というキャンペーンをやっています。

下の画像(現在の楽天トップページ)だと例えば「男性限定ポイント3倍」というのをやっていますが、特に「なぜ男性限定」「なぜ今」という理由があるわけでもなし。
(楽天側には何か理由があるのでしょうが…)

6tips when shopping in rakuten 8

他にも、楽天イーグルスが買ったらポイント2倍、◯◯の日だからポイント×倍、特に理由がなくてもポイント△倍などなど。いつも何かしらのキャンペーンをやっています。


ただ、ここで注意が必要なのは、あくまで「エントリーしたら」ポイントが増えるということ。
普通に買い物しただけでは、ポイントはいつもと変わらないのです。

特に楽天で高額な買い物をするときには、これらの「ポイント◯倍」キャンペーンはエントリーしておいた方が良いでしょう。

楽天での買い物前に、ポイントが増えるキャンペーンにはエントリーしておくべし

⑥ マイルやポイントがもらえるサイトを経由する

楽天で普通に買い物しても、楽天スーパーポイントなるポイントがつきます。

実は一部のサイトを経由すると、さらに上乗せで(別サイトの)ポイントやマイルがつくのをご存知でしょうか。

例えば、私が楽天で買い物をするときに使っているのが以下の「ANAマイレージモール」

このサイトを経由して楽天で買い物をすると、200円につきANAのマイルが1マイル貯まります。

6tips when shopping in rakuten 9

1マイル=約2円とすると、還元率は1%。楽天ポイントの還元率も1%なので、合わせて2%返ってくることになりますね。

ANAの他にも、以前「本を購入して、15%キャッシュバックを受ける方法」で紹介したバリューコマースEdyのショッピングサイト(楽天と提携したので1.2%の高還元率)、ポイント交換サイトを経由するのもあり。

この「他サイトを経由してポイントをもらう」というやり方は楽天市場以外のネットショッピングでも使えるので、お試しあれ。

楽天含むネットショッピングの際は、経由してマイルやポイントが貯められるサイトを通して購入しよう

あとがき

楽天使ってみて感じるのは、「お金を取る仕組みのうまさ」

今回紹介した楽天市場といい、楽天カードやら銀行やら何やら、よくもまあここまで考えるもんだな…と思います。


まあ、それはそれとして。。。

もし楽天で買い物をする際には、便利だからといってお金を使い過ぎたり、損をしてしまわないよう、今回のTipsなどをうまく使って賢く買い物しましょう!

⇒ 楽天市場で商品をチェックしてみる

関連記事はこちらから
【無料体験あり】年会費3,900円の「Amazonプライム」でできることまとめ。動画、音楽、お急ぎ便など
Amazonクレジットカードが話題だが、比較してみるともっと還元率高いカードがあるよという話
【勘違い?】「楽天カードは楽天市場で使うとポイント2倍」の罠にハマった件【ダマされた?】


この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら