一般人が、ディープな秋葉原体験ツアーに参加してみた([観光・旅行]写真でみる東京 第3回「秋葉原」)

deep_akihabara_23

福岡移住前に、東京(関東)をできるだけ回ろう、と思い立った私。
第1回(東京駅)第2回(新橋・銀座)とやってきたわけですが、第3回にして東京の中でも最も濃い街の一つ、秋葉原に行って参りました。

そちらの道(?)にあまり詳しくない私一人では心細いので、@doyyle さん、@nasusana さん、@komari さんという強力なガイド陣にお願いして、ディープな秋葉原体験ツアーを決行していただきました!

今回は、その一部始終をレポート。


待ち合わせはリナカフェで

2人とは秋葉原駅で合流したのですが、@doyyle 氏は「リナカフェ」にいるとのこと。
もしや、いきなりメイドカフェか…?と思ったのですが、普通のおしゃれなカフェでした。

客層を除いては。。。

deep_akihabara_1

ほぼ全員がパソコンを開いているという、秋葉原ならではの光景。

そんな中で、iPadで動画を楽しむどいる氏。

deep_akihabara_2

これでもかと流れるようにiPadを操作。動画やらマンガやらを見つつ、ケースの素晴らしさを力説するどいる氏。
なんでも角度の無段階調節や、腕に装着して見たり操作したりもできるとか。

右腕にiPadを装着し、ドヤ顔のどいる氏。

deep_akihabara_3

※ちなみに、リナカフェは「リナックスカフェ」の略だそうです。

さて、合流した我々は秋葉原の街に繰り出します。
アニメやAKBが有名な秋葉原ですが、元々は電気街。電子部品やパソコン機器がそこらじゅうに売っています。

deep_akihabara_4

最初に案内されたのは、なんでもガチャポンがたくさんあるというところ。
名前からしてガチャポン会館ですからねー。

deep_akihabara_5

所狭しと並ぶガチャポン。有名どころからマニアック系まで、見たことないくらい並んでます。

deep_akihabara_6

昔のヒーローモノまで。これはゴレンジャーやったっけ?

deep_akihabara_7

中にはフィギュアのコーナーもあります。

deep_akihabara_8

ドラゴンボールも。

deep_akihabara_9

ここではお見せできないような過激なフィギュアまで、豊富な品揃え。。。

deep_akihabara_10


このビルをエレベーターで上に昇ると、そこはコスプレショップでした。
制服から亀仙流道着まで、幅広いラインナップ。さすが秋葉原。

deep_akihabara_11

deep_akihabara_12

カツラやメイク用品も取り揃えております。

deep_akihabara_13

学生服まで。

deep_akihabara_14

さっきのフィギュアよりもさらにリアルででかい、ドール(?)もありました。

deep_akihabara_15

さらに巨大なドールまで。ちょっと怖い。。。

deep_akihabara_16

このあたりで秋葉原に詳しい@roppay さんと合流。さらに心強いガイド(?)を得て、次のスポットへ。


で、やってきたのは「コミックとらのあな」。

deep_akihabara_17

中には同人誌がこれでもかとたくさん。これは「輪るピングドラム」の同人誌コーナー。

deep_akihabara_18

フロアーぶち抜きで全部同人誌。こんな大々的に売られてるの見たことない。。。
しかもそのほとんどはあっち系です。笑

deep_akihabara_19

日曜の秋葉原は歩行者天国。
道路の真ん中を堂々と歩ける、というのはなかなか面白いものです。

deep_akihabara_20

途中ねこカフェもあったのですが、今回はスルー。一度行ってみたい。

deep_akihabara_21

オレ達の太郎!まだあったんですねー。

deep_akihabara_22

次に来たのはAKB48劇場。アキバといえばここは外せないでしょう!

deep_akihabara_23

さすがにAKB劇場、柱にもガッツリAKBのメンバーがプリントされております。
ここに写ってるメンバーはなんとかわかる。

deep_akihabara_24

そして内部へ…と言いたいところですが、内部は撮影禁止とのこと。残念。

劇場へは入らず(というかチケット売り切れてた)、外のパブリックビューイングのようなところでしばらく公演を観覧。
モニターを見つめるファンの真剣なまなざしが印象的でした…。

当たり前ですがAKB48一色の館内。ファンの方ならば一度は行っておくべきでしょう!


少しずつ暗くなってきましたが、相変わらず人がたくさん。

deep_akihabara_25

次に来たのはメイドカフェ!秋葉原といえばここでしょう。
案内してくれた@nasusana さんによると、結構有名な店とのこと。

このビルの4フロアーが@home cafeというメイドカフェで、階によってメイド服だったり和服だったりするらしい。

deep_akihabara_26

今回行ったのは、わりと王道のメイドさんがいるフロアー。
並んでいる間にこんなのを渡されます。

deep_akihabara_27

さて、内部は…といきたいところですが、ここも撮影禁止。
(中ではメイドさんとのチェキ500円、とかあるので、当然といえば当然)

中はどんな感じかというと…
 ・本当に「おかえりなさいませ。ご主人様、お嬢様」「行ってらっしゃいませ」とか言われる
 ・特定のメニューを頼むと、「萌え萌えキュン♡」的なパフォーマンスをしてくれる(たぶんメニューによって違う)
 ・普通のメニューの他、「メイドさんとチェキ」「メイドさんとゲーム」というメニューもある
 ・メイドさんのレベルは相当高い。普通にかわいい
といったところ。

秋葉原に観光に行くなら、一度行ってみるのも良いと思います。

次は、いろんなグッズがあるというパーツショップ「あきばお〜」の地下へ。

2ちゃんねるグッズがたくさん。こんなもんが商品化されているとは…。

deep_akihabara_29

「けいおん!」など、アニメグッズもいっぱい。

deep_akihabara_30

「モンスターハンター」のアイルーグッズもありました。

deep_akihabara_31

さて、外に出たらそろそろ腹も減ったところ。

秋葉原名物のおでん缶を横目に…

deep_akihabara_32

「キッチン ジロー」で飯を食います。
この中から2つ選んで¥890とのこと。うーむ迷う…。

deep_akihabara_33

結局、ここの名物だというハンバーグとメンチカツを注文。
ごはん大盛りは無料、と良心的です。

deep_akihabara_34

腹ごしらえを済ませたら、軽く飲みに。
「まるでだめなおとなのCafe&Bar madawo.com」なる店に来ました。
すごいネーミングだ。。。

deep_akihabara_35

中は意外と広く、席もゆったり。
空間を広くとってあるので、ついつい長居してしまいそうなくつろぎスペースです。

deep_akihabara_36

カウンターにて、キャッシュオンでドリンクや食事を受け取るシステム。

deep_akihabara_37

メニューには、なぜかローマ字で解説が書いてある。読みづれえ。
値段はかなり良心的です。裏メニューで金麦350ml 200円、というのも。
店でこの値段はなかなかない。

deep_akihabara_38

私も含め、皆かなりの数のガジェットを持っていたので並べてみました。
5人しかいないのにこの数…。

deep_akihabara_39

iPhoneとiPadに入っている寧々さんを自慢するどいる氏。

deep_akihabara_40

そんなわけで、楽しかった秋葉原ツアーもお開きとなったのでした。
いやーディープだった…。


帰り際、待ち合わせ場所のリナカフェに通りかかるなり、
「なんで開いてないんだよぉぉぉ!!!」とばかりにシャッターを叩くどいる先輩。

deep_akihabara_41

…と、後輩(?)。

deep_akihabara_42

あとがき

今までも数回秋葉原には来たことがあったんですが、さすがにプロの方達と一緒だとよりディープな秋葉原を楽しむことができました。

もし詳しい知り合いがいれば、その人に案内してもらうことをオススメします。
いない場合は、今回のレポートを参考にいろいろ巡ってみてください!

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。
長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら