東京と福岡、住みたいのはどっち?両方に6年ずつ住んだ私が比較してみた

tokyo_fukuok_title

『どこに住むのが良いのか?』

誰もが、一度は考えたことはあるテーマでしょう。

 「やっぱり都会に住みたい」
 「いや、落ち着いた田舎の方がいい」
 「子育てを考えると、治安が良くて教育レベルが高いところを…」
 「多少住みにくくても、仕事があるところに住むしかないな…」

その人の考え方や好み、仕事、家族構成、生い立ちなどなど、様々な要因によって住みたい場所というのも当然変わってくるはずです。

そんな中でよく比較されるのが、東京を中心とした首都圏と地方都市。

どちらにもメリット・デメリットがあり、一概にどちらが良いとは言えませんが、
私はこれまで、福岡に6年、関東に6年半ほど住み、それぞれの都市の違いをある程度は感じてきたつもりです。

今回はその経験を踏まえ、巨大都市・東京と、地方都市・福岡、それぞれの良い面、悪い面を比較してみました!


まずは、基本スペックの比較

まずは、東京都と福岡県の基礎データを比較。

tokyo_fukuoka_1-1※面積、人口、人口密度はWikipediaより
※平均年収は、厚生労働省「賃金構造基本統計調査」平成20年度版より
※平均家賃は、データブック・オブ・ザ・ワールド平成18年度版より
※外食費は、総務省統計局 『家計調査』 品目別データ(平成17~19年平均)より
※犯罪率は、警察庁の犯罪白書(平成21年度版)より

面積・人口・人口密度の違いはイメージ通りといったところ。

ただし、福岡県には福岡市の他にも北九州市、久留米市など独立した比較的大きな都市があるのに対し、東京は周りの神奈川・埼玉・千葉などの県と「首都圏」というひとかたまりの大都市群を形成しているので、住んでみると上記の数字よりもさらに人口・人口密度共に差がある印象です。

平均年収は東京の方が高いですが、その分生活費も高い。これも予想通り。

治安に関しては、福岡の方が若干犯罪率(人口10万人あたりの認知件数)が高いようですが、それほど大きな差はないようです。
(もちろん、東京・福岡それぞれの中でも地域差があるので、一概には言えませんが)

ここまでは、両方に住んだことがない方でもある程度は知っているデータかと思います。本題はここから。



それでは、以下から数字には現れにくい、私が感じた両都市の違いを挙げていきます。

以下5つのポイントに絞りました。

 ① 食
 ② 仕事
 ③ 住
 ④ 趣味
 ⑤ 人

① 食

福岡グルメのおすすめ店まとめ

まず1つ目は、「食」について。

結論から言えば、福岡の方が、安くておいしい食べ物が多いと感じます。

安いという点については、土地代や物価に差があるため、東京の方が割高となるのは致し方ない部分もあると思います。
ただし、価格は抜きにしても、福岡の方が美味い店の率は圧倒的に高い。

東京でも高いお金を出したり、店を選べばおいしいものを食べられます。探せば、安くておいしい店がたくさんあるのも知っています。
ただし、福岡はそのへんの店でも外れがとても少ない。


それに比べ、東京だと立地である程度集客が見込めるからか、特に繁華街で当たり外れが大きいのです。
(特に、歌舞伎町で行った店はヒドイとこがあった…たまたまかもしれませんが)
おそらく、人が多いと立地だけで食っていけるので、原価を極限まで下げた結果そうなるのだとは思うのですが…。福岡ではとても店で出せるレベルじゃない料理が出てくることもしばしば。

というわけで、毎日有名高級レストランで食事できるようなセレブでもない限り、食べ物に関しては福岡で生活した方がおいしいものを食べられる可能性が高いと思います。


福岡市中心部のおいしい店に関しては、以下の記事に全力でまとめていますので参考にどうぞ。

福岡市民の私がガチで選んだ、福岡グルメのおすすめ店まとめ

2016.12.20

② 仕事

「仕事があるから、首都圏に住んでいる」という人は多いと思います。
日本で最も人・モノ・金が集まる東京には、当然会社の中枢である本社も集中しており、働き口の種類も数も豊富。東京でしかできない仕事も多いです。
ビッグな仕事をしたい…という人も、やはり東京が拠点となる場合がほとんど。

また、東京には有名企業の他、各業界で名を成した有名人も多数住んでいます。
そういった方が来る講演や集まりも多く開催されているので、憧れの人と交流を持てる機会は必然的に多くなるでしょう。

一方、福岡などの地方都市では、大企業の支社はあっても、本社がある企業はというと地元やその周辺で営業している中小企業がほとんどです。
私は福岡を拠点に就職活動しましたが、最終面接となるとまず間違いなく東京や大阪への移動を余儀なくされていました。

というわけで、仕事の面で言えば、首都・東京がそのバラエティ、規模、他社との繋がり等においてやはり突出していると言えるでしょう。

③ 住

首都圏に住んでいる人にとって、最も悩みの種となるのがこの「住」の面でしょう。

収入が高いとはいえ地価もその分(それ以上に?)高いので、千葉や埼玉に一軒家を買えたとしても、通勤は満員電車に片道1時間以上…という方も多いと思います。
公園などはあるものの自然は少なめ。ディズニーランドなどのエンタメスポットはたくさんあれど、どこも信じられないくらい混みます。渋滞も日常茶飯事。

福岡では、街の中心(天神)から自転車30分以内で行ける距離に、地価がそれなりに安いところがたくさんあります。
少し車で行けば自然に触れられる場所はたくさんあるし、特定の道路・時間帯を避ければ渋滞もほぼ回避可能。
東京ほどでないにしろ遊ぶ場所もそれなりにあるし、人混みにさらされるのは花火大会の時くらい。

街並みも全然違います。渋谷や新宿に行けば何でもありますが、チカチカした看板に囲まれながら人混みをかき分けて歩くのは本当に疲れます。
福岡で一番の繁華街・天神はとても落ち着いた街。店や看板の色遣いがまず落ち着いたトーンだし、休日の日中であっても人にぶつかるなんてことはまずありません。
(この感想は、私が地方の人間だからかもしれませんので参考までに…)

以上から、住環境という点においては、福岡の方がより快適に暮らせると私は思います。

④ 趣味

趣味を突き詰めたい、という人にはやはり東京は憧れの地です。

マンガ・アニメ・電器の聖地、秋葉原がその象徴的な場所。
人が多いということは、それだけレアな趣味でも同志がたくさんいるということに他なりません。
東京でしか開かれないライブ、東京にしかない店…海外から新しい店が進出してくる場合でも、まずは最も人が集まる東京をターゲットにするのが当然です。

福岡には、当たり前のことながら秋葉原はありません。
アニメグッズを売る店はそれなりにあるでしょうが、秋葉原のように街規模で趣味の世界に入り込めるような場所はないのです。

上記は一例にすぎませんが、福岡で同じ趣味の人を集めようと思っても、集まるのは東京の何分の一。人の絶対数が違いすぎます。

同じ趣味の仲間を増やしたい、グッズを集めたりして遊びたい、という人はやはり東京で暮らすのが早道に違いありません。

⑤ 人

私は九州から上京した人間ですが、上京する前は「東京の人は冷たい」という先入観を持っていました。
結論から言うと、それは半分正解、半分間違いでした。

<半分正解:東京はやっぱり冷たい!>

東京の店は、平均的にいってホスピタリティを感じにくい店が多いです。たとえ丁寧な受け答えだとしても、どこか事務的な印象。
「東京砂漠」と言われるように、地方から東京に出てきた人がどこか寂しさを感じるのは、こういうところなのかも。

ただ、その原因の1つとして「人が多すぎる」という理由があるのかなと思いました。
通勤電車などほとんどの人が疲れた顔をしていて冷たい感じですが、あのギュウギュウさでは無理もないと思いました。たぶん根はいい人達なんだ。


「博多は人情の街」という言葉もある通り、福岡の店は比較的温かい接客の店が多いと感じます。まあ変だったり無愛想な店ももちろんあるにはありますが、東京よりは少ない印象。
(あくまで率の話で、全ての店がそうというわけではありません。東京にも素晴らしい接客の店はいくらでもあります。念のため)

<半分間違い:いや、東京の人も温かい人たくさんいる!>

当たり前ですが、東京にも温かい人、熱い人はたくさんいる!

④で述べたように、同じ志向を持った人が集まりやすいのも東京。
実際、私もiPhone関連やブロガーの友人がこちらに来てたくさんできました。みんな温かい・熱い人達ばかり。
これも日本中から人が集まる東京だからこそできたこと。上京してきて本当に良かったです。

温かい・冷たいでは括れない、人が集まるからこそのパワーをもった街。
それが東京の強さなのだと思います。



<おまけ:福岡は美人が多い!?>

ついでに言うなら、福岡のかわいい子率は驚くほど高い。
私が九州出身だからとかではなく、旅行などで福岡に行った友人なども口々にこう言います。

もちろん、東京にもきれいな人はたくさんいます。ただ「率」という観点で言えば、福岡の美人率はやはり高いのです。
(※こればかりは数字で証明しづらい情報なので、疑わしい方は自分の目で確かめてみてくださいね。笑)

あとがき

以上、個人的な偏見もあるかもしれませんが東京と福岡を比較してみました。

特に地方から上京してきた人にとって、東京を中心とした首都圏に済むか?地元に住むか?というのは永遠のテーマの一つでしょう。

今回の記事を参考に、もう一度「将来どこに住むか?」について考えてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら