暑い夏の汗っかきにうってつけ。卓上用としても使える携帯扇風機、これめっちゃ涼しくて便利じゃない?

携帯卓上扇風機

先日開催された年に一度の大セール、Amazonプライムデー。私もついついいろいろ買ってしまいました。

一定時間内に購入しなければならないタイムセールもあったので、結果期間中7回ほど注文することに。これプライムデー中の注文全部まとめてくれたらいいけど、たぶん1注文ごと(下手すると1注文の中でも商品ごと)に配送されるんよね。。。
配送業者さん、お手数おかけします。


そんなプライムデー散財時に購入した商品の1つが、携帯用の扇風機

元々買うつもりはなかったのですが、ふとタイムセールで見かけて気になり買ってしまいました。

流れから見てどう考えても衝動買いですし、こういうときに買うものは大して役に立たない……と思いきや、暑がりで汗っかきの私にピッタリな商品でめちゃくちゃ気に入ってます。

夏の外出時はもちろん、体が温まり汗をかいてしまいがちな食事後、風呂上がりなんかにもうってつけ。普通の扇風機のように場所を取りませんし、1人が涼むくらいは十分な風量があります。フル充電で最大10時間も運転できるし、これで2,000円(セール時1,600円)とは…お値打ちですわ。


うちわや扇子もいいですが、それ自体が運動であり体に熱を発生させてしまう上、手を止めると当然風もストップ。その点でも携帯扇風機はおすすめです!


USB充電ができる、コンパクト軽量な携帯扇風機

本体写真のプリントすらない、なんだかシンプルな箱で届きました。USB充電式手持ち扇風機。

「暑苦しいあなたの元に、さわやかな風をお届け」俺、そんなに暑苦しいかな。。。

電池容量は2,500mAh。iPhone 7は1,960mAhなので、それよりも大容量なんですね。
使用時間は風量・強で3時間、中で5時間、弱で10時間。

内容物は爽やかなレモン色のファンをもつ本体に、卓上で立てて使うためのドック、microUSB充電ケーブル、ストラップ、説明書。

重さは165g。iPhone7 Plusが188g、iPhone 7が138gであることを考えると、だいたいスマートフォン程度の重さと考えていいでしょう。
サイズは20.7×10.5×4.2cm。

汎用的なmicroUSB充電式なので、他の多くの機器と同じコードで充電可能。

操作はボタン1つのみで、弱→中→強→オフと押すたびに切り替わります。

Dreameggというブランド(会社?)が作っているようです。中国製。

風量十分、卓上に置いて使用することも可能

手に持ったところ。コンパクトで軽く、バッグ等に入れて持ち運ぶのも全然苦にならないサイズ感。折りたたみ傘より小さいです。

風量も強にするとかなりのもの。よほど暑いときでなければ弱でも十分涼しいです。うるさいというほどではないですがファンの音が若干するので、静かで音を立てにくい場所では使わない方がいいかも。

大きい扇風機を使わなくても、エアコンと併用するなら1人用としてはこれで十分なのでは。


運転中は白のランプがつきます。充電時もこのランプがつきますが、残量が少ないときだと赤ランプ点滅に。

ドックは卓上に置くためだけのもので、充電機能はありません。ですがこのサイズ・価格で卓上扇風機としてなかなかの風を送り出してくれるのは優秀。
食事後や帰宅直後など普段ならエアコン付けていても汗をかきそうなシチュエーションでも、これで涼めばかなり暑さを軽減できます。

携帯用ということでストラップ穴とストラップも付属。ただ位置的にドックに挿すときちょっと邪魔なので、私は付けずに利用しようと思っています。

あとがき

暑い日が続くこれからの季節、暑がりで汗っかきの私には欠かせないアイテムとなりそうです。充電は必要にしろ、うちわや扇子より間違いなく涼しい。
特に、今年の夏は猛暑になるという予想もありますしね。

勢いで買った製品でしたが、これから大活躍してくれそうで嬉しい限りです!

2016年買ってよかったもの総決算。AirPodsから電気鍋まで全16点

2016.12.28

自動食器洗い乾燥機(食洗機)を使ってみて感じたメリット、デメリット。お金より時間が大事なら「買い」の一手!

2017.07.08

自宅で手軽に本格コーヒーが飲める「ドルチェグスト」を使ってみた感想

2017.01.18

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら