カチカチ音が心地良い!タイプライター型Bluetoothキーボード「lofree」をIndiegogoで入手

アメリカのクラウドファンディングサイト「Indiegogo(インディーゴーゴー)」で見かけて以来気になっていた、タイプライター型キーボード「lofree」

lofree: typewriter inspired mechanical keyboard
A typewriter inspired wireless mechanical keyboard built for everyone. | Crowdfunding is a democratic way to support the fundraising needs of your community....

WindowsやMac、スマートフォンにBluetooth接続して使えるワイヤレスキーボードです。


気になり感が臨界点に達したため先日注文、はるばるアメリカから先日届きました。
Early Adopterプランで本体79ドル、送料19ドルの合計98ドル(約11,000円)。

まだ設定したばかりなので使用感はこれからですが、見た目とタイプライターっぽいカチカチ音は期待通りでした!


タイプライター風ワイヤレスキーボード「lofree」from アメリカ

lofreeが入ったパッケージ。見た目は涼しげですが、なかなかずっしりとした重量感。

Bluetooth接続のキーボードです。

私が選んだのは「ピュアホワイト」。

他に「ターコイズブルー」「サンドストーンブラック」の全3色があります。

Lofree typewriter keyboard 21
lofree: typewriter inspired mechanical keyboard | Indiegogoより引用)

このシンプルな外観。タイプライター風の丸いキー。いいじゃないですか。

ShiftキーとEnterキーは、丸が2つつながったようなぷよっとした形をしています。

内容物は、本体のほかmicroUSB接続ケーブル、説明書、それに「Gift Box」と書かれた箱。

Gift Boxの中には、ターコイズブルーのオーバードライブ交換用キーが入っていました。ファンクション、スペース、シフト、エンター、JとFキー。

本体の右サイドには、Windows/AndroidとMac/iOSの切り替え、BluetoothのON・OFF、それにmicroUSBの接続・充電ポート。

説明書は英語ですが、特に難しい内容はないので英語が苦手でも問題ないでしょう。

早速Macと接続。見た目もカチカチ音もいい感じ!

さっそく、MacとBluetooth接続してみることにします。なお、microUSBで有線接続することも可能。

デフォルトだとこの状態のlofreeキーボードですが、

サイドにあるスイッチでBluetoothをオンにすると、光を放つ!
ちなみにバックライトの強さは調整可能です。

iMacの前にトラックパッドと並べて置いてみました。全く違和感なく馴染みます。

Fn+1キー長押しすると、

Bluetooth接続先にキーボードが「DOT@LOFREE」という名称で表示されるので、ペアリングしましょう。

以上で接続は完了。すぐに使い始められます!


キータッチ音などは、以下の動画でご確認ください。

タイプライターっぽいカチカチ音が特徴。タッチは個人的にはやや重めに感じます。ピッチもMacBookやこれまで使っていたキーボード「FILCO MINILA Air」と異なるので、慣れが必要そう。

付属の交換用キーでカスタマイズ

Gift Boxに入っていたターコイズブルーのキーに換装してみることにします。

まずスペースキーを外してみると、青い軸がお目見え。Gateron Blue switchというらしい。小気味よいタイプ音が特徴。

とりあえず、ShiftとEnterとスペースキーのみ替えてみたところ。これもいいね。

付属している全てのキーを換装してみました。

換装前も十分格好よかったですが、換装後も個人的にはお気に入り。いいよいいよー。

あとがき

まだキーピッチとキーの重さに慣れていないためタイプ効率は落ちましたが、文字を打っているときの音と感触による快感はかなりのもの。しばらく使ってみて、文字入力に支障がなさそう(効率が以前と変わらないレベルまで戻せそう)なら自宅用のメインキーボードとして使っていきたいと思います。

気持ちよく仕事ができるのは大事なことですからね!


現在(2017/5/30)もまだIndiegogoで注文可能なようですので、気になる方はチェックしてみてください。※英語サイトです

lofree: typewriter inspired mechanical keyboard
A typewriter inspired wireless mechanical keyboard built for everyone. | Crowdfunding is a democratic way to support the fundraising needs of your community....

【追記 2017/5/31】
しばらく使ってみたんですが、キーピッチが思った以上にMacやMINILA Airと違うので苦労しています。特に「1」と「ー」、左Commandボタンは打ち間違える。。。
実用はちょっと難しいかなと思い始めています。そこを克服する覚悟がない方は、購入を控えた方がいいかもしれません。

私がMacを買ったらまず最初にする設定、インストールするアプリのまとめ

2016.03.09

シェアオフィスのデスクに私が揃えたアイテムまとめ。ディスプレイやアーム、キーボードから100円ショップ便利グッズまで

2015.04.05

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら