TwitterのWeb版とアプリで、キーワードごとにミュートする方法

Twitterキーワードミュート

Twitterに、特定のキーワードごとにミュートできる機能がようやく、やっとのことで導入されました。

自分宛ての通知やホームのタイムラインから、好きではないアカウントや人名、デマサイト等のドメインを排除したり、特定のトピック回避、映画等のネタバレ防止なんかにも役立ちそう。

サードパーティのアプリではずいぶん前から実装されていたんですが、公式に採用されるのがまさか2017年にまでずれ込むとは…という気持ちも無いではないですが、素直に喜ぶべき機能追加であることは間違いありません。


今回はTwitterを快適に利用する上で知っておきたい、キーワードミュート機能の使い方を紹介します!


Web版Twitterでのキーワードミュート方法

まずは、Web版Twitterでのキーワードミュートする方法から。

自分のアカウントのページに行き、「ミュートするキーワード」を選択します。

ミュートするキーワードを追加していきましょう。

キーワードを指定できるほか、ミュート対象は「ホームタイムライン」「通知」の2種類、期間は「再度オンにするまで」「24時間」「7日」「30日」の4つの選択肢から選択可。

ミュートしたキーワードは一覧で表示され、いつでも編集できます。

Twitter公式アプリでのキーワードミュート

アプリ版Twitterでのミュート方法も紹介しておきましょう。

アカウントのプロフ写真右、歯車マークのボタンから「設定」を選択。

「通知」→「ミュートするキーワード」と進みます。

あとはミュートしたいキーワードを入力するだけ。

どのようなキーワードをミュートするかは個人の好みですが、例えば以下の記事で書いたようなデマサイト、低品質サイトなどをミュートすると捗りそうです。

Google Chrome機能拡張「Personal Blocklist」役立たずの検索結果をサイトごとブロック!

2016.04.25

RETRIPは出典すらない完全なる「盗用」も!ブログ画像を無断転載(パクリ)しているキュレーションサイトを調査

2016.12.24

あとがき

フォロー・アンフォローはもちろん、ブロックや今回紹介したキーワードミュート、アカウントミュートなども活用して快適なTwitterライフを!

TwitterやFacebook、はてブでストレスを溜めないためにやっている5つのこと

2014.04.22

Twitterで、特定の人のリツイート(公式RT)を非表示にする方法

2012.06.01

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら