レンジでゆで卵が簡単に作れる商品買ったら超便利だった。筋トレやダイエットのお供にも

レンジでゆで卵が簡単に作れる

特に一人暮らしだと、よく余らせてしまいがちな

卵焼き、目玉焼き、ゆで卵、各種卵料理、ご飯にかけたりチキンラーメンに乗せたりと幅広い食べ方があるものの、どれもわずかながら一手間なり、卵と合わせる何かが必要。
よもやロッキーよろしく生のまま飲んでいる人はそういないでしょう。

後で食べようと思いつつ外食が続いたりして、結局食べ切れないなんてこともよくありました。


そんな(私のような)人におすすめなのが、電子レンジでゆで卵が簡単に作れる製品。

私が購入したのはレンジでらくチン ゆでたまごという商品です。

通常はお湯を沸かして卵を入れて時間を測って……とそれなりに手間が必要なゆで卵を、レンジでチンするだけでサクッと作れるのが想像以上に便利。
これを手に入れて以来、卵を余らせてしまうことがなくなりました。

卵は低糖質・高タンパクな食品なので、筋トレ時のタンパク質補給や太りにくい間食としても優秀。

もはや私にとって手放せない便利アイテムです!


ゆで卵を超簡単に作れる「レンジでらくチン ゆでたまご」

ゆで卵を超簡単に作れる「レンジでらくチン ゆでたまご」は1ヶ用〜4ヶ用まであるようなのですが、今回は2ヶ用を買いました。

大体500W10分程度でゆで卵ができ、時間を調整することで半熟から固ゆでまで自在に作れるとのこと。

作り方は水を少量入れ、卵を乗せてレンチンするだけです。とても簡単。

卵やひよこをイメージしたのか、白と黄色のちょっとかわいい外観。

内部は熱に耐えられるようアルミでできています。

ちなみに、オレンジバージョンもあるようなのでそちらが好みの方はどうぞ。

特に難しいことはありませんが、説明書にも使用方法や加熱時間などが詳しく書かれているので安心です。

ついでに買った、ゆで卵の殻をむきやすくする「からむき上手」

ゆで卵というと殻をむくのが若干面倒なイメージがあったので、ついでに「からむき上手」をあわせ買いしてみました。

100円ショップにもありそうな雰囲気が漂っていますが、ちゃんと機能を果たしてくれれば文句なし。

構造は単純で、押し込むと針が出てきて卵に穴を開けてくれるというもの。

あらかじめ穴を開けておくことで、殻が卵から浮く形になりむきやすくなります。

実際にレンジでゆで卵×2をつくってみた

さて、この「レンジでらくチン ゆでたまご」でゆで卵を作ってみましょう。

まず、容器のラインまで水を入れます。

先ほどの「からむき上手」で卵に穴を開けて、

アルミ皿の上にセット。今回は始めてということで、卵の上部、下部それぞれに穴を開けたもので試すことにしました。

フタをかぶせ、しっかりとロック。

あとはレンジでチンするだけ!600Wで10〜11分とあったので、間をとって10分30秒でやってみます。

所要時間はお湯を沸かしてつくる場合と大差ないかもしれませんが、火にかけて沸騰するまで待ち、沸騰したら卵を入れ、時間が経ったら火からおろして…といった手間と比べれば圧倒的に楽。

レンジの終了メロディーが聞こえたら、取っ手部分を持って取り出します。本体はめちゃ熱いので注意。

すぐにフタを開けて流水などで冷やすと、殻がむきやすくなりますよ。


中身はこんな状態。穴を上にしておくと微妙に中身が出てきてしまうようですが、下にしておいた方は綺麗にできていました。

殻をむくと、トゥルットゥルの綺麗なゆで卵がお目見え。

600W・10分30秒でこのくらいの状態でした。普通に食べるなら十分、がっちり固ゆでにしたいならもうちょいという感じでしょうか。
その後9分でやってみると、やや半熟で出来上がりました。このあたりは家庭にあるレンジの出力や種類によっても変わる可能性があるので、何度か作りつつあたため時間を決めていくとよいでしょう。

サラダ等の料理に使うなら、卵切器(エッグスライサー)も便利

サラダ等の料理に乗せたりして食べたいなら、卵切器(エッグスライサー)が便利。私は「レンジでらくチン ゆでたまご」とのセット販売で買いました。合わせても1,000円ちょいだったしね。

やたらとレトロなパッケージ。昔からの定番商品なのでしょうか。

ワイヤーで押しつぶして切る形なのでやや形がひしゃげますが、いちいち包丁で切るのが面倒なときに活躍してくれそうです。あと気持ちいい。

卵は栄養豊富、筋トレやダイエットにも効果的

卵は「完全栄養食」とも言われるほど優れた食品。

必須アミノ酸、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル、各種ビタミン、体そのものをつくり筋トレ時にも摂取したいタンパク質などなど豊富に含まれています。

また、炭水化物(糖質)は控えめなので太りにくく、ダイエット中にもおすすめ。

ただし、カロリーや脂質もそれなりにあるのであまり食べ過ぎないように注意してくださいね。


なお、卵はゆで卵にすると生のときよりも保存可能期間が落ちるそうなので、3日程度を目安に食べきった方が良いようです。

あとがき

ゆで卵をサクッと作って殻つきのまま冷蔵庫にでも準備しておけば、例えば時間のない朝やトレーニング後の栄養補給、お菓子の代わりの間食にもうってつけ。

栄養が偏りがちな一人暮らしにも強い味方になってくれそうです。おすすめ!

2016年買ってよかったもの総決算。AirPodsから電気鍋まで全16点

2016.12.28

自宅で手軽に本格コーヒーが飲める「ドルチェグスト」を使ってみた感想

2017.01.18

1〜2人鍋にちょうどいい!TWINBIRDの電気なべが冬のお供に便利すぎる。タジン鍋もできるぞ

2017.01.29

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら