iPhoneでのLINEモバイル設定方法。SNSがデータ消費なしで使えて、LINEの年齢確認も簡単!

Line mobile configuration 2

LINEのみならずTwitter、Facebook、Instagramをデータ通信量の消費なしで使える、という画期的なプランをひっさげてMVNO(格安SIM)業界に登場した、LINEモバイル

LINEモバイルと他業者の比較
LINEモバイルがついに登場!本当にお得なのか?他の格安SIM(MVNO)と比較してみた


私はIIJmio(みおふぉん)をメインで使っているのですが、物は試しとサブ用にLINEモバイルも使ってみることに。


届いたSIMカードを使って早速設定からネット開通確認、LINEのインストールと設定までをやってみました!


LINEモバイルのSIMカードが届いた

申し込み後2、3日でLINEモバイルの包みが届きました。

Line mobile configuration 1

中身はSIMカードとマニュアル。

Line mobile configuration 2

SIMカードはもちろんiPhoneに対応しているnano SIMです。

Line mobile configuration 3

iPhone、Androidそれぞれで設定方法や内容がマニュアルに記載されているので、詳しくなくてもそれほど迷うことはないでしょう。

Line mobile configuration 4

iPhoneにLINEモバイルのSIMをセットし、プロファイル設定

iPhone 7に乗り換えて以来使っていなかったiPhone SEに、LINEモバイルのSIMカードをセットしてみます。

Line mobile configuration 5

マニュアルに掲載のQRコードもしくはURL、Google検索などからLINEモバイルのページにアクセスし、プロファイルをインストール。
※Wi-Fi環境が必要です

Line mobile configuration 6

パスコードを入力すれば、インストール完了です。

Line mobile configuration 7

以上でネットが開通しているはずなので、Wi-Fiを切って確かめてみてください。

LINEの年齢確認と設定

さすがにLINEの提供するSIMだけあり、LINEモバイルでは年齢確認を比較的簡単に行うことができます。

とりあえずLINEをインストールして、

Line mobile configuration 8

年齢確認の画面。LINEモバイルのユーザーは、割り当てられた利用コードを入力することで認証可能。

Line mobile configuration 9

なお、利用コードはLINEモバイルのマイページの「契約情報」から確認できます。

Line mobile configuration 10



必須ではありませんが、LINEモバイル公式アカウントと友だちになっておくと便利とのことで、こちらもやってみます。

Line mobile configuration 11

どうやら簡単にマイページへのログイン、データ残量確認などができるということらしい。
とりあえず連携させておいても損はなさそうですね。

Line mobile configuration 12

あとがき

他のMVNO(格安SIM)業者とほぼ変わらないプラン構成に加えてLINE、Twitter、Facebook、Instagramのデータ消費がない(※)LINEモバイルは、これから格安SIMに乗り換えたい人にとって現時点では有力な選択肢だと思います。
※コミュニケーションフリープランの場合

通信速度も今のところ快適で、全く不満なし。ただしこれからユーザーが増えてきた場合には状況が変わる可能性もありますので、参考までに。


LINEモバイルのSIMを手に入れた方は、ここで紹介した手順を参考に設定してみてください!

⇒ LINEモバイルをチェックしてみる

こんな記事も読まれています
LINEモバイルがついに登場!本当にお得なのか?他の格安SIM(MVNO)と比較してみた
通話も節約もしたい人へ。かけ放題プランのあるMVNO(格安SIM)リストとその比較
なぜSoftBankからドコモ・auでなくMVNO(格安SIM)にMNP転出しようと思ったか、3つの理由


この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら