2016年11月1日
Apple Watch

Apple watch series 2 nike plus 25

10月下旬に発売と発表されていた、AppleとNIKEのコラボモデル、「Apple Watch Nike+」。

このモデルはApple Payが使えるSeries 2世代でもあり、実は通常のSPORTモデル(Series 2)と全く同じ価格。

Apple Watch Series 2の特徴まとめ
Apple Watch Series 2は「買い」か?50m防水やSuicaなど新たに追加された機能から考えた


つまりデザインで選んでしまってOKなわけですが、私からすればどう見てもスポーツバンドよりNike+のバンドの方が好きなデザイン。


というわけで予約しておいたApple Watch Nike+が先日届きました!

基本的なところはこれまでのApple Watchとそれほど変わりませんが、やはりNike+モデルオリジナルの配色は私好み。

Series 2(第二世代)になり水泳でも使える防水性に加えてApple Payも利用できるようになったので、活用の幅がさらに広がりそうです!

Apple Watch Nike+のファーストインプレッション

私の誕生日でもある10/28、細長くてやけに頑丈な箱で届いたApple Watch Nike+。

Apple watch series 2 nike plus 1

今回はコラボモデルということで、Apple Watchに加えてNIKEのマークも入っていました。

Apple watch series 2 nike plus 2

Apple watch series 2 nike plus 3

今回は42mm、スペースグレイアルミ仕上げでバンドはブラック/ボルト(蛍光黄色)のモデルを購入。

Apple watch series 2 nike plus 5

蓋を開けると、”Designed for athletes by Apple and Nike”の文字。
いつものApple製品だと”Designed by Apple in California”なので、ここもコラボモデルならではの違いですね。

Apple watch series 2 nike plus 6

その下には本体が鎮座。黒ベースに蛍光黄色の穴が無数に開けられており、通常のスポーツバンドに比べて通気性が良くなっています。

Apple watch series 2 nike plus 7

本体のほかに、内容物は充電用ケーブル、アダプタ、小さいサイズの替えのバンド、説明書。

Apple watch series 2 nike plus 8

Apple Watch Nike+には、スペースグレイアルミニウムケース×ブラック/ボルト、ブラック/クールグレーの2色、それにシルバーアルミニウムケース×シルバー/ボルト、シルバー/ホワイトの2色、合計4種類のデザインがあります。

どれにするか迷いましたが、私は一番Nike+らしいスペースグレイ×ブラック/ボルトのモデルで。

Apple watch series 2 nike plus 9

腕に接触する側は、脈拍などを読み取るためのセンサー等が取り付けられています。
何気にバンドのデザインが内側と外側で違うのもポイント。

Apple watch series 2 nike plus 11

AppleとNIKEのロゴも並んでいました。

Apple watch series 2 nike plus 12

iPhone 7とApple Watch Nike+(Series 2)のペアリングと初期設定

サイドボタン長押しでApple Watchを起動し、iPhone 7とペアリングしてみましょう。
ご存知の通り、Apple WatchはiPhoneがないと通信ができません。つまりアプリ等々も落とせないばかりか何もできないのでご注意を。

Apple watch series 2 nike plus 10

iPhone側で「Watch」アプリを起動し、ペアリングを開始。

Apple watch series 2 nike plus 13

カメラのファインダーにApple Watchが入るようにかざすと、ペアリングがサクッと完了します。

Apple watch series 2 nike plus 14

元々Apple Watchを持っていた方であればバックアップから復元してもいいですし、新しいApple Watchとして設定することも可能。
装着する腕がどちらかによって各種データ測定の仕方が変わるため、装着する腕を選択します。

Apple watch series 2 nike plus 15

新しくなったApple Watch Series 2はGPSを備えているため、経路追跡を有効にすることでワークアウトや道案内をより正確にこなすことができます。
無くしたときのことを考えて、パスコードも設定しておいた方が良いでしょう。

Apple watch series 2 nike plus 16

Apple Watch側をタッチして新規パスコードを入力、設定。

Apple watch series 2 nike plus 17

Nike+モデルなので、Nike+ Run Clubに関する情報が初期設定時に表示されます。後でもできるのでお好みで。
Apple Pay設定についてもここで無理にしなくても後でできますよ。

Apple watch series 2 nike plus 18

緊急SOSの説明、ならびに利用可能なアプリのインストール。
iPhoneに入っているアプリのうち、Apple Watchと連携しているものを全てインストールします。(しなくてもOK)

Apple watch series 2 nike plus 19

ここまで選んだら、後は同期を待つばかり。

Apple watch series 2 nike plus 20

アップルロゴの回りが進捗状況を表すメーターとなっています。インストールするアプリの数や容量にもよりますが、しばらくかかるので放置しておきましょう。

Apple watch series 2 nike plus 21

以上で初期セットアップは完了です!

スポーツバンドよりも普段使いしやすそうなデザイン

改めてデザインを見てみましょう。

Nike+モデルオリジナルの黒と黄色のバンド、文字盤。Nike+ Run Clubアプリの起動、アクティビティの確認、天気予報のボタンがそれぞれ表示されています。

Apple watch series 2 nike plus 22

装着してみたところ。デザイン的にはいいんですが、「今日も走りませんか?」と常時表示されているのはちょっとうざったい。。。消せないんでしょうか。

Apple watch series 2 nike plus 23

↓追記(2016/11/2 12:11)↓

「今日も走りませんか?」の部分、iPhoneのWatchアプリからあっさり消すことができました。

apple-watch-series-2-nike-plus-26

↑追記ここまで↑

しかし、スポーツバンドに比べれば普段も使いやすいデザインだなと個人的には思います。
カジュアルな格好であれば十分いけそう。金属や革製のバンドに換えればきっちりした格好でもある程度いけるかな?

Apple watch series 2 nike plus 25

バンドの色にもよるかもしれませんけどね…。前回購入した水色スポーツバンドのApple Watchは、運動するとき以外には使いづらかった。(個人の感想です)

Running with apple watch 2(「やっぱりSportで正解!Apple Watchを装着して走ったら、距離・ペース・カロリー・心拍数計測&iPhoneとも同期していい感じ!」より)


ちなみに、文字盤はもちろん自分の好きなものに変更可能です。

Apple watch series 2 nike plus 24

通常のApple Watch SPORTとの違いは、オリジナルの文字盤とバンド、それにNike+ Run Clubがデフォルトでインストールされていることのみ。

Nike+ Run Clubアプリは普通のApple Watchでもインストールできますし、実質デザインのみの違いと言っていいでしょう。価格も同じなので、あとは好みですね。

あとがき

Apple Payの設定や実際の利用、エクササイズに使ってみての感想などは随時記事にしてアップしていきたいと思います!お楽しみに。

⇒ Apple Watch Nike+をアップルオンラインストアでチェックする

関連記事はこちらから
iPhone 7の機種代金と利用料金は合計いくら?ドコモ・au・ソフトバンクと格安SIMそれぞれ計算・比較した
iPhone上で新規のSuicaを作り、Walletアプリ(Apple Pay)に登録・チャージする方法
iPhone 7ブラックを朝イチゲットしたので詳細レビュー。iPhone 6sと見た目・性能差も比較した


⇒もっと 「Apple Watch」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック