2016年10月26日
iPhone 7・7 Plus

How to use iphone apple pay title

ついに日本でも解禁となったApple Pay

日本で普及しているSuicaやiD、QUICPayにも対応しているとあって、初日である10/25の日中には決済が集中してサーバーがパンクする事態にまでなったようです。


Apple Payへのクレジットカード(iD、QUICPay)登録、Suicaの新規作成や登録については以下の記事で解説しましたが、

実際にお店や改札ではどのように使えば良いのでしょうか?

iPhoneのApple PayでSuicaを利用する

Suicaに関しては、Apple Payに登録しておけばiPhoneがスリープ状態でもそのままタッチするだけでOK
わざわざWalletアプリを立ち上げる必要はありません。

改札でも、コンビニでも普通のSuicaを使うときと同じようにピッとかざすだけ。


ただし、Touch IDを使わずにiPhoneのSuicaを利用するためには「エクスプレスカード」に設定されている必要があります。

普通に登録すると自動的にエクスプレスカードになっているので特に意識しなくていいのですが、例えば2枚以上のSuicaを登録している方はここで設定されているSuicaから決済されるので確認してみてください。

How to use iphone apple pay 1


試しにコンビニで使ってみましたが、問題なく決済できましたよ!

How to use iphone apple pay 2

ただし、ローソンのみ読み取り方式が違うらしく、Touch IDでの認証が必要。ひたすら面倒で他のコンビニに行きたくなってしまいますが、12月に機種入れ替えをするようなので改善に期待。

現在のやり方については動画がアップされているのでそちらをどうぞ。

iPhoneのApple PayでiD・QUICPayを利用する

Apple Payにクレジットカードを登録すると、自動的にiDかQUICPayとして追加されます。

このiD・QUICPayは、Suicaのようにタッチするだけでは利用できないので注意。


Walletアプリを起動し、利用するカードを選択した状態でTouch ID認証をします。指をホームボタンに置いて認証をした後に、リーダーにかざす形。結構めんどくさい。

Iphone wallet apple pay creditcard 10

これ、コンビニ等で何気なくやるにはある程度慣れが必要ですね。手汗かいてたりするとなかなか認証が通らなかったりするときもあるし。


とはいえ、こちらも問題なく利用することができました。

How to use iphone apple pay 3

iD・QUICPayはダブルクリックで呼び出しできる

Apple PayのiDやQUICPayを利用時、わざわざロック解除してWalletアプリ起動して認証するのはとても面倒。

ですが、それをショートカットする方法があります。それは、ホームボタンのダブルクリック
これでロック画面から一気にWalletアプリがデフォルトのカードを選択した状態で起動します。


こちらもデフォルトでオンとなっているはずですが、念のため設定を確認してみてください。

「Touch IDとパスコード」の「Wallet」がオンになっていれば使えるはずです。

How to use iphone apple pay 4


なお、デフォルトの(Walletアプリで最前面に表示される)カードは、Walletアプリ上でカードを長押し→ドラッグすれば変更できますよ。

「結局Suicaしか使わなくない?」その理由

以上の通り、カード版と同様にタッチするだけで使えるSuicaに対し、クレカのiD・QUICPayはわざわざアプリ起動して認証する必要があります。

iPhoneが盗まれたり紛失したときのことを考えるとセキュリティ上しかたないのですが、いちいち起動して指紋認証するのめっちゃ面倒ですよね。。。


また、Apple Payに登録できないクレジットカードも結構あります。VISAをはじめ、AMEXプロパーカードもダメですし、Masterでもカードブランドによって使えないものがありました。自分のメインカードが使えないという方も多いのでは。

Iphone wallet apple pay creditcard 11

↑使えるカードリスト(2016/10/26時点)

その点、Suicaへのチャージであればほとんどのクレジットカードが利用可(もちろんVISAもOK)。

登録可能なクレジットカードは、「ビューカード」(ビュー法人カードを含む)のほか、「JCB」「VISA」「MasterCard」「American Express」「Diners Club」「JR東海エクスプレス・カード」になります。(一部ご利用できないカードもあります。)
ビューカードには、「ルミネカード」「JALカードSuica」「大人の休日倶楽部カード」「ビックカメラSuicaカード」などの提携カードも含まれます。
JR東日本:モバイルSuica>よくあるご質問>[モバイルSuicaとは?] 利用可能機種、利用可能なクレジットカードについて

私自身も、Apple Payには登録できなかったVISAカードでチャージできることを確認しました。

How to use iphone apple pay 5

Suica新規作成時の最初のチャージはApple Pay対応カードでなければできませんが、それ以降はほとんどのカードが使えるということですね。
※オートチャージするには、JR東日本が発行する対応のVIEWカードが必要です


以上の通り、事前にチャージしておく手間はあるものの、Apple Payにおいては明らかにiD・QUICPayよりもSuicaの使い勝手の方が格段に上です。

iD・QUICPayは使えるがSuicaは使えない、なんていうお店はほとんど見たことないですしね。

↓2016/10/28追記↓

Twitterで指摘いただいたところによると、例えばマクドナルドではSuicaは使えないがiDが使えるそうです。他にもそういった場所はそこそこあるらしいので、上記は私の観測範囲での話でしかなかったかも。
それぞれ自分のよく利用するお店でどうかを確認してみるといいですね。

↑追記ここまで↑

というわけで、現時点で私は「結局Suicaしか使わなくない?」と思っております。もちろん私自身もそうなりそう。

あとがき

私の運用としては、Suicaには常にメインのクレジットカードからある程度チャージしておき普段使い。

チャージ忘れやiD・QUICPayしか使えない特殊な状況に遭遇したときのみそちらを使う、という感じになりそうです。


なお、私がおすすめするカードは以下の記事にまとめていますのでこちらもご参考に。

⇒もっと 「iPhone 7・7 Plus」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック