2016年10月20日
Kindle paperwhite

Kindle paperwhite manga model 1

驚異的なバッテリーの持ちと目に優しい電子インク、圧倒的な軽さが特徴のKindle Paperwhiteに新モデル、その名も「マンガモデル」が登場しました。

【関連記事】これはイイ!Kindle Paperwhiteの外観&セットアップ(初期設定)写真レビュー



特徴は、そのストレージ容量の大きさ。
従来のKindle Paperwhiteは4GBだったのに対し、今回のマンガモデルはなんと8倍の32GB。それなのに価格差はたったの2,000円にすぎません。

まさにマンガを大量に読む日本人のためのKindleですね。

Kindle Paperwhiteに32GBストレージの「マンガモデル」登場

今回発売となるKindle Paperwhite マンガモデルの特徴は、その32GBもの容量。

Kindle本の中でもマンガは1冊の容量が大きい上に一度の読む冊数も多いため、従来の4GBモデルだとすぐに一杯になってしまいがちでした。

ですが32GBあれば、マンガなら約700冊、普通の本なら数千冊は保存ができる計算。


さらに、「快速ページターン」でマンガのページめくりが33%スピードアップし、ピンチ&ズームも使えるとのこと。電子インクはページめくり速度が長年のネックなので、これは嬉しいですね。

※ページめくり速度とピンチ&ズームについては、Kindle Paperwhiteマンガモデルだけでなく他のKindleもアップデートで同様に高速化するとのこと

Kindle Paperwhiteの他モデルと比較

次に、Kindle Paperwhiteマンガモデルを他のKindle、及び参考までにiPadの一番安価なモデル(2016/10/20現在)であるiPad mini 2と比較し、表にしてみました。

Kindle
Paperwhite
マンガモデル
Kindle
Paperwhite
Kindle Kindle
Voyage
Kindle
Oasis
【参考】
Fire
【参考】
iPad
mini 2
価格(※) 16,280円 14,280円
3G:19,480円
8,980円 23,980円
3G:29,180円
35,980円
3G:41,190円
8,980円 29,800円
画面 6インチ 7インチ 7.9インチ
内蔵ライト LED×4 なし LED×6
自動調整付き
LED×10
均一性向上
LEDバックライト
解像度 300ppi 167ppi 300ppi 171ppi 326ppi
(Retina)
ページ送り タッチスクリーン タッチスクリーン
めくりボタン付き
マルチタッチ
バッテリー 数週間
(1日30分)
数ヶ月
(1日30分)
連続7時間 連続10時間
接続方法 Wi-Fi Wi-Fi
無料3G
Wi-Fi Wi-Fi
無料3G
Wi-Fi Wi-Fi
セルラー
データ容量 32GB 4GB 8GBなど 32GB
サイズ 169
×117
×9.1mm
160
×115
×9.1mm
162
×115
×7.6mm
143
×122
×3.4-8.5mm
191
×115
×10.6mm
200
×134.7
×7.5mm
重量 205g Wi-Fi:205g
3G:217g
161g Wi-Fi:180g
3G:188g
Wi-Fi:131g
3G:133g
313g Wi-Fi:331g
セルラー:341g

価格は2016/10/20現在
※キャンペーン情報なしモデルは+2,000円


マンガモデルと通常版Kindle Paperwhiteの違いは、容量と無料3G付きモデルの有無のみ。大きさやバッテリー、さらには外観も全く同じです。おそらくWi-Fiモデルのハードディスクを入れ替えただけですね。


Kindle購入の際の対抗馬としては、タブレットが挙げられます。

あくまで読書に特化したデバイスを求めるか、重くなったりバッテリーのもちは悪くなるもののネットやアプリ利用など様々なことができるタブレットを選ぶかは悩みどころですね。

Amazonプライム会員なら4,000円オフ

Amazonプライム会員であれば、KindleシリーズやFireタブレットを購入する際にクーポンコードを入力することで4,000円オフとなります。

Amazonプライムの年会費は2016/10/20の現時点で3,900円(税込)なので、普通にKindleを買うよりAmazonプライムに入って4,000円オフを適用しつつプライム会員特典を1年間楽しむ方が間違いなくお得

Amazonプライム自体、お急ぎ便や時間指定便、AmazonプライムビデオAmazonプライムミュージックなども使えて月あたり300円ちょいという破格のサービス。使わない手はありません。

Amazonプライムについて詳しくはこちら
年会費3,900円の「Amazonプライム」で何ができる?まとめつつコスパを考えた


いつのまにか年会費が引き落とされていた…なんてことのないように、1年後にリマインダー等設定して継続するか否か判断する機会をつくるのを忘れずに。

あとがき

マンガモデルは、paperwhiteの容量が増えただけではあるもののマンガを中心に比較的多く本を読む日本人を狙い撃ちした機種。

これからKindleを購入しようと考えているユーザーにとっては、有力な選択肢となりそうです!

Kindle Paperwhite マンガモデルをチェックする

Amazon関連記事はこちら
Amazon Prime Musicがいい感じに曲をピックアップした「プライムプレイリスト」作業用BGMにうってつけ!
良コスパ製品が揃いすぎ!「Amazonベーシック」PC・スマホ機器やケーブル類、充電池にカメラバッグなど品揃え豊富!
定期的にチェックしたいKindleセール情報ページまとめ。月替り・日替り・ポイント還元・無料セールなど


⇒もっと 「Kindle paperwhite」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック