2016年10月1日
iPhone 7・7 Plus

Iphone 7 waterproof 3

iPhone 7の発売から2週間が経ち、様々なメディアからのレビュー記事も出揃ってきました。

サクッと購入した方もいれば、まだ乗り換えしようか迷っている、あるいは今後の2年契約更新時に考えるといった方もいるでしょう。

当ブログでもiPhone 7について書くべきことはとりあえず一通り書き尽くした感があります。


今回は、これまで私が書いてきたiPhone 7の特徴(防水、カメラ性能アップなど)、6sとの比較、乗り換えた場合に必要な金額の各社比較、データ移行方法などを、これからiPhone 7の購入検討をする人のためにまとめることにしました。

買い替えを迷っている方の参考になれば幸いです!!

iPhone 7の特徴は?6sからどこが変わったのか?

まず、iPhone 7にはどのような特徴があるのかについて押さえておきましょう。


iPhone 6sシリーズとスペック比較をしたのが以下の表。大きく変わったのは防水やFeliCa(Suicaなど)機能のほか、カメラ性能とカラーバリエーションが目に付きます。

iPhone 6s iPhone 7 iPhone 6s
Plus
iPhone 7
Plus
容量と
価格
32GB:61,800円
128GB:72,800円
32GB:72,800円
128GB:83,800円
256GB:94,800円
32GB:72,800円
64GB:83,800円
32GB:85,800円
128GB:96,800円
256GB:107,800円
ディス
プレイ
4.7インチRetina
1,334×750
4.7インチRetina
(広色域対応)
1,334×750
5.5インチRetina
1,920×1,080
5.5インチRetina
(広色域対応)
1,920×1,080
CPU A9チップ
M9コプロセッサ
A10チップ
M10コプロセッサ
A9チップ
M9コプロセッサ
A10チップ
M10コプロセッサ
サイズ 138.3
×67.1
×7.1mm
158.2
×77.9
×7.3mm
重量 143g 138g 192g 188g
カメラ 12メガピクセル
f/2.2
12メガピクセル
f/1.8
12メガピクセル
f/2.2
12メガピクセル
(広角)f/1.8
(望遠)f/2.8
ズーム 5倍デジタルズーム 2倍光学ズーム
10倍デジタルズーム
ビデオ 4K 4K
(光学式手ぶれ補正)
Facetime
カメラ
5メガピクセル 7メガピクセル 5メガピクセル 7メガピクセル
防水防塵機能 なし あり なし あり
FeliCa なし あり なし あり
バッテリー 通話:最大14時間
待受:最大10日間
通話:最大24時間
連続待受:最大16日間
通話:最大21時間
連続待受:最大16日間
カラー スペースグレイ
シルバー
ゴールド
ローズゴールド
ジェットブラック
ブラック

シルバー
ゴールド
ローズゴールド
スペースグレイ
シルバー
ゴールド
ローズゴールド
ジェットブラック
ブラック

シルバー
ゴールド
ローズゴールド

※2016/9/28現在
iPhone 7と7Plusは、6sや6s Plusと比べてどこが違う?表を作って比較、考察してみたより)


防水やFeliCa、イヤホンジャック廃止などそれぞれの特徴については、以下の記事にてもっと掘り下げて考察しています。

iPhone 7は「買い」と言えるのか?
iPhone 7は「買い」か?イヤホンジャック廃止など防水、Suicaだけじゃない変更点を含めて考えた


日本向けの機能とも言えるFeliCa搭載(≒Suicaなどおサイフケータイのような機能が使える)については、何ができて何ができないのか現時点でわかる情報から別にまとめてあります。
この機能は9/28現在未リリースなので、追って当ブログでもレポート予定。

FeliCa(おサイフケータイ機能)について考察
iPhone 7に搭載されるFeliCa(Suicaなどおサイフケータイ機能)に関する疑問をQ&A形式でまとめた


iPhone 7ブラックの実機レビュー&実際の性能や新機能を試す

▼ iPhone 7ブラックのレビュー、6sとの比較

9/16(金)の発売日にiPhone 7ブラックを手に入れ、早速レビュー。

Iphone 7 6s comparison 13

手持ちのiPhone 6sローズゴールドとも比較。数字だけではわかりにくい外観の違いや性能差を写真やベンチマークスコアで比べました。

Iphone 7 6s comparison 20

▼ 旧iPhoneからのデータ移行

新しいiPhoneを使い始める際、「まっさらな状態からそのまま使う」「これまで使っていたiPhoneからデータを移行する」のどちらを選ぶかは悩みどころ。前者は余計なデータやアプリを削ぎ落とせるが面倒で、後者はその逆。

今回、私はiTunesを使ってデータをそのまま移す方を選びました。

Iphone 7 restore data app 1

詳細は以下の記事をどうぞ。ポイントは、暗号化にチェックを入れることと新旧iPhoneのiOSバージョンを合わせることです。

▼ 防水性能を試してみる

IP67という防水性能(正確には「耐水」レベル)を備えているiPhone 7。とはいえ、iPhoneを水に晒すのは怖いもの。

そこで、私が人柱になって実際に水に浸けて試してみることに。
結論から言うと問題なかったのですが、例えば「乾ききる前に充電しない」など把握しておくべき点が4つあります。

Iphone 7 waterproof 1

▼ イヤホンジャック廃止により新しく付属するLightning接続EarPods

iPhone 7ではイヤホンジャックが廃止され、代わりにLightning接続のEarPodsイヤホンおよびLightningからイヤホンジャックへ変換するアダプタも付属。使い勝手をチェックしてみました。

Iphone 7 lightning earpods 4

▼ カメラ性能を6sと比較

カメラのレンズがより明るくなったiPhone 7。(f/2.2→1.8)

照明を暗めにして、同じ条件で撮ったのが以下の2枚の写真。

iPhone 7で撮ったものがこれ↓で、

iphone-7-camera-31

iPhone 6sがこれ↓。

iphone-7-camera-32

暗所でのカメラ性能が間違いなく上がっていることを実感しました。

▼ iPhone 7とiOS 10のカメラシャッター騒音対策

ステレオスピーカーになったiPhone 7と、カメラのシャッター音が爆音化したiOS 10の組み合わせは凶悪なほどにうるさい。周りに人がいれば、特にやましいことがなくても高確率で視線を浴びてしまうでしょう。

どうにかならないか考えたのが以下の記事。

iPhone 7&iOS 10カメラシャッター音対策
iOS 10とiPhone 7は、カメラのシャッター音がうるさい!消音・軽減できないか考えた


私の場合、iPhoneから直接音楽を聴いたり動画を見たりはあまりしないのでステレオスピーカーを従来通りのモノラルにし、AssistiveTouchバグで消音がいつでもできるよう呼び出しをトリプルクリックに設定しています。
(詳しい設定方法は上の記事をどうぞ)

iPhone 7に乗り換えたい場合、いくらかかるのか?

iPhone 7へ乗り換えようという場合、ドコモ、au、ソフトバンク、及びSIMフリーiPhone×MVNO(格安SIM)ではいくらかかるのでしょうか?

実際に計算してみたのが以下の表。(料金プランは「5分以内通話し放題プラン(カケホーダイライトなど)」で計算)

ドコモ au ソフトバンク 本体一括
DMM mobile
本体一括
IIJmio
機種代金 93,960円 90,720円 99,840円 90,504円
月々の割引額
(24ヶ月合計)
-55,728円 -68,400円
-58,680円
-77,520円
-67,800円
なし
月々の支払い額
(データ通信5GB)
7,560円×24 2,063円×24
+通話料
(2,220円+830円)×24
2年間の支払額合計 219,672円 203,760円(MNP)
213,480円(機種変)
140,016円
+通話料
163,704円

※2016/9/28現在

auとソフトバンクは同額ですが機種代金はソフトバンクの方が高いため、2年縛りを解約した場合の残債は多くなります。
また、家族割や学割等の割引は考慮していません。


詳しい比較や計算内容については、以下の記事をご覧ください。

機種代金に関してはこちら↓

料金プランも含めた総額についての比較はこちら↓

あとがき

iPhone 7に乗り換えるか考える上で必要なことは、ほとんど全て網羅されていると思います。

以上の情報を踏まえてご検討ください!

⇒もっと 「iPhone 7・7 Plus」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック