2016年9月21日
旅行/観光

Airbnb isolated island title
南国の海でも更新作業を怠らない意識の高いスーツ姿のブロガー|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ

空き物件を持っているホストと宿泊客をつなげるサービス、Airbnb

登録されているのはマンションや一軒家、部屋の間借りといったものが一般的ですが、いろいろ探していたときに見つけたのが「建物タイプ:島」という物件。どういうことなの。。。


どうやら文字通り、島をまるごと貸すということらしい。決められた料金を払えば、その島を貸し切って色々できると。
※もちろん、オーナーの定めるハウスルール(というか島ルール)は守る必要あり

あまり数は多くないのですが、日本に2件、海外にはもう数件〜数十件ほどあるっぽい。

実際にはどんな物件なのか、ちょっと調べてみました。

沖縄の24万坪無人島でサバイバル

私の調べた限りでは、Airbnbにおいて日本で島を借りられるのは2件。

そのうちの1件が、沖縄本島のやや北にある屋那覇島という島を借り切る物件です。

Airbnb isolated island 1
想像を絶する無人島サバイバル!24万坪無人島貸切 – 借りられる島 – Izena

場所はおそらくここ↓

南国沖縄の巨大無人島「24万坪」貸切サバイバル体験をしてみませんか?

電気、ガス、水道のないこの無人島では、都会の喧騒から解放される青い海、美しい星空、豊かな自然の中で人間本来の感覚に戻り、最高の癒しを経験していただける事でしょう。

手付かずのジャングルには野生のヤギやウサギ達が生息し、
綺麗な海に珊瑚,熱帯魚,ウミガメも産卵に来ます。

この無人島を知り尽くすガイドがテントの張り方から海での遊び方などをサバイバルレベルに応じてアテンドいたします。

インフラが整っていないどころかほぼ手付かずの、24万坪もの巨大な無人島での生活。

建物なども無いようなので、自分でテントを張って宿泊することになるようです。ガイドさんがアテンドしてくれるらしい。


1泊約50,000円ほど、5名を超えると1名ごとに1泊約10,000円ずつ加算されるとのことなので、料金的にはなかなかのもの。
設備もないのに高いじゃないかと考えるか、無人島まるごと貸し切ってこれは安いと考えるか。

ガイドさんのアテンドがあるので、その料金でこの価格になっているのかもしれませんね。

長崎の無人島で大自然ライフを満喫

日本で借りられる島のもう1件は、「九十九島」と言われるほどに多くの島がある長崎県にあります。

大村湾に浮かぶ「田島」という島らしい。

Airbnb isolated island 2
whole island NAGASAKI/MAX100ppl!! – 借りられる島 – Saikai

写真などで確認してみると、家が建っているので泊まる場所は確保されているようです。

無人島に行ってみたい!と思った人は多いことでしょう。無人島は「生きる」ことの楽しさを教えてくれます。
電気はありません。水道もありません。そんな非日常の生活を、冒険好きのみなさんなら思い切り楽しむことができるでしょう。たとえば、マキやスミで料理したり暖を取ってみたいと思いませんか?イキのいい魚を釣ったら今晩のおかずも豪華版!
(中略)
スタッフの案内で、朝陽の家に行きましょう。そこからこの島の冒険は始まります。
合鴨農法の水田を横目にまずはこの島の中心部にある灯台を目指しましょう。
灯台からは、ハウステンボスも見えます。
そして灯台からジップラインに乗って、ツリーハウスへ。
ツリーハウスの奥には、魔女の家やターザンの家も。
畑を通り過ぎると、そこには大村湾が広がります。
(後略)

電気や水道は無いようですが、昔は人が住んでいたようで一軒家だけでなくツリーハウスや灯台、畑や水田など色々あるようです。スタッフさんが案内してくれるそうで、70を超える団体が既に利用しているとのこと。


1泊あたり約40万円とかなりの額ではありますが、紹介によると30人分の寝床はありテントも張れるでしょうから、数十人〜百数十人くらいの団体で大自然満喫ツアーをするというのが想定される使い方のようです。

ベリーズの美しい海に囲まれた島でバカンス

ベリーズは、メキシコやグアテマラの東に位置する中米のリゾート地として知られる国。

ここにも、Airbnbで借りられる「バード島(Bird Island)」という島がありました。美しい島だ…!

Airbnb isolated island 3
Bird Island – Placencia, Belize – 借りられる島 – Stann Creek Dist

Airbnbに掲載されている情報では、正確な位置はわからず。以下の地図にある「ラーク・ケイ」という島の南西付近にあるようです。

これまで紹介した2件の無人島とは違い、この物件は一軒家と小さな庭がやっと入るくらいの小さな島。

美しい海に囲まれてハンモックで揺られたり、のんびり過ごしたりと悠々自適な時間が過ごせそうです。

Stay in a private island exclusively on a beautiful atoll, with great swimming, snorkeling, kayaking or exploring – with all the comforts.

Bird Island, just 20 minutes away from the village of Placencia, Belize, is a small island inside a coral-reef. It’s protected beautiful waters is what makes it unique. Its total privacy is what makes it special.

1泊あたり約5万円、かつ3泊以上5泊までと決められていますが、この空間で過ごせるのであれば安いと言えるのかもしれません。

……が、調べてみたところ2017年いっぱいまでほとんど埋まっており、2018年も前半は半分以上がやはり予約済みという人気ぶり。
確かに魅力的な物件だし、アメリカにも近いのでお客さんも多そうですからね。

口コミも全ての項目が満点で、絶賛のコメントが並んでいました。

アメリカ東部の湖に浮かぶ島で森林浴

アメリカの東海岸、ニューヨークのすぐ北東にあるコネチカット州。

その湖に浮かぶ島「ローレル島(Laurel Island)」に泊まれる物件がありました。

Airbnb isolated island 5
A Private Island (Up to 36 people) – 借りられる島 – イーストハンプトン

おそらく、このポコトパーグ湖(Pocotopaug Lake)に浮かんでいる島だと思われます。

5エーカー(=約6,000坪、約2ha)の広大な島に、湖畔に建てられた大きなログハウス。

静かに過ごすのにピッタリなほか、泳いだりカヌーを楽しんだりもできるとのこと。

Laurel Island is a 5 acre Island on a Lake in Connecticut. It is a Retreat Location which is available for use by retreat planners or by individuals. There are also cabins to rent for smaller groups. The lake is wonderful for swimming,canoes etc.

料金は1泊約27,000円、3名以上になると1名1泊あたり約9,000円が加算されるようです。

比較しても仕方ないかもしれませんが、これまでの島に比べると手頃といえば手頃な価格。

アクティブに遊ぶというより、森林浴したり湖畔でのんびり本でも読むような方に良さそう。

ノルウェー

北欧ノルウェーにも、Airbnbで泊まれる島がありました。

大きな川に浮かぶ変わった形の島に、いかにも北欧らしいかわいいデザインの小さな家。

Airbnb isolated island 6
Private island in sunny Hvaler – 借りられる島 – Vesterøy

地形から、地図上ではおそらく以下の場所だと思われます。

ノルウェーで最も晴れの日が多い地域の、美しいHvaler諸島に浮かぶ島。ボートも付いているそうです。

Small cottage on a 10.000 sq.m private island in the adventurous archipelago of Hvaler. Accomodates one family.

Boat with motor available.

Private island in the beautiful archipelago of Hvaler; the municipality with the highest number of sunny days per year in Norway!

Your own island.
Your own boat.
Your own cabin.
Your own kingdom.

“Your own island.”っていうのがおしゃれじゃないですか。

コンパクトな一軒家に、子供たちと探検して回るのにちょうど良さそうな大きさの島。特に男の子は喜びそう。
4〜5人くらいの家族で泊まるのにいいですね。


料金は、1泊約20,000円となかなか手頃。都市部からはかなり離れた場所にあるようなので、安いのかもしれません。

こちらの口コミも軒並み好評化なようです。

あとがき

「島を借りる」という発想が無かったですが、Airbnbでそんなことが実現できてしまうとは。

金額や場所から考えるとそう気軽にというわけにはいかなそうですが、もしちょうど良い機会がありそうなら体験してみるのも楽しそうですね!


私が実際にAirbnbを利用した体験記は以下から。これまで札幌と沖縄で1回ずつ、東京で2回利用しました。

他にも旅行関連の記事をたくさん書いていますので、あわせてどうぞ。

旅行好きの方はこちらの記事もどうぞ
海外旅行を安く済ませるために調べるべき予約サイト一覧(ツアー・航空券・ホテル)


国内旅行を安く済ませるために調べるべき予約サイト一覧
「じゃらんnet海外」のクーポン利用で、海外ホテルがかなり安く宿泊予約できた


⇒もっと 「旅行/観光」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック