2016年9月16日
iPhone 7・7 Plus

Iphone 7 waterproof 1

9/16に発売となったiPhone 7とiPhone 7 Plusの大きな特徴の1つが、防水
※iPhone 7レビュー記事はこちら ⇒ 「iPhone 7ブラックを朝イチゲットしたので詳細レビュー。iPhone 6sと見た目・性能差も比較した

正確には長時間水に浸すことは想定されていないので、防水ではなく耐水性能防沫性能を備えたということらしい。

国際規格上は「IP67」で、防水性能としては「水深1mで30分水に浸けても問題ない」というレベル。


でも、iPhoneを水の中に入れるのやっぱりちょっと怖いですよね。。。

そんな方のために、
『ほう 今 防水といったのか』
『それじゃあ ちと その防水度を 参考のため おもいっきり試してみるかな………』
ということで、私が代わりに試してみました。

いくらある程度水に浸けても大丈夫といっても注意点はあるので、そこについても合わせて説明します!

耐水性能を備えたiPhone 7を水に入れてバシャバシャやってみた

ドキドキしながらも流水にiPhone 7をかざしてみる。

本当に大丈夫だろうか。。。こわい。

Iphone 7 waterproof 1

えいっ、と洗面台に溜めた水の中にiPhone 7を投入。特に画面が消えるとかそういった変化はありません。(あったら困るけど)

Iphone 7 waterproof 2

調子に乗って、水から出したりまた浸けたり、裏返してみたりバシャバシャ動かしたり。

Iphone 7 waterproof 3

その後規格通りに30分放置してみましたが、全くもって問題なし。よかった

Iphone 7 waterproof 4

特に水没させたことのある方はiPhoneを水に晒すのは怖いと思いますが、これなら大丈夫そうですね。
性能として謳っているわけですから当然ではありますが、一安心。


なお、iPhone 6sまでの機種を防水化するサービスというのもあったりします。

例えば福岡なら、私のオフィスでもあるヨカラボ天神で運営している「SmartShell」もその1つ。

スマートフォンを防水化する「SmartShell」利用レポート
iPhoneをケースなしで防水化できる「SmartShell」実際にやってもらった(福岡ヨカラボ天神にて)


iPhone 7を水に入れる上での注意点4つ

ある程度水に入れても大丈夫なiPhone 7と7 Plusではありますが、知っておくべき注意点が4つあります。

① 水中での操作はできない

Iphone 7 waterproof 5

水に入れた状態で画面を見ることはできますが、水中での操作はできません。

iPhoneに限らず多くのスマートフォンは指で触れることによる電気的変化を感知して操作を把握しているのですが、水中ではそれができなくなってしまうのです。


なお、物理ボタンはもちろん使えるので音量ボタンを押すことによる写真撮影は可能ですね。

② お風呂の温度や海水など、常温の水以外は推奨されない

「IP67」は、一定の条件下での試験に関しての防水性能を表しています。

IPX7に相当する防水性能を持つ電気機器では、外殻で内部の電気機器を保護していますが、これは、ある条件下で機器の水に対する保護試験を行ない、問題なかった場合のみ名乗ることができます。

具体的な条件としては、

温度範囲:15~35℃
相対温度:25~75%
大気圧:86~106kPa
ケータイ用語の基礎知識 第273回:IPX7 とは

つまり、例えば通常40℃を超えるお風呂の中や、氷水に入れるなどというのはその範囲外であり推奨されないということです。
後者の氷水に関しては結露も心配ですね…。

また、真水以外の海水やジュース等の液体に対してであったり、水中で激しく動かすといったことも試験には含まれません。

あくまで水深1m程度の圧力で、静かな水に30分入れておく分には大丈夫ということだけ。


いずれもある程度の範囲であれば、水以外の液体でも30分以上であってもそう浸水することはないと推定はされますが、あまり無茶をするのはやめた方が無難でしょう。

③ 充電は乾いてから

Iphone 7 waterproof 6

水に入れてからすくい上げると、当然Lightningポート内にも水が入ってきます。
これをそのままにして充電すると、ショートして故障する危険性が。

しっかりタオル等で拭くなり、しばらく置いて乾かすなりしてから充電するようにしましょう。

④ 水濡れ故障はあくまで保証外

耐水を謳うiPhone 7と7 Plusですが、水濡れによる故障はあくまで保証外であることは変わりません。

よほどのことをしない限り大丈夫なように作られているとは思いますが、このことは留意しておくべきでしょう。


今回紹介した注意点は、iPhone紹介ページ最下部にも(小さくですが)掲載されています。気になる方はそちらでもご確認ください。

iPhone 7とiPhone 7 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。水濡れによる損傷は保証の対象になりません。
iPhone 7 – Apple(日本)

あとがき

なんだかんだ言っても、iPhoneが水に強くなったのは喜ばしいこと。

今回挙げた注意すべきポイントをしっかり抑えて、雨の中でも水場でも安心して使えるiPhone 7とiPhone 7 Plusを使い倒しましょう!


iPhone 7関連記事はこちらから
iPhone 7ブラックを朝イチゲットしたので詳細レビュー。iPhone 6sと見た目・性能差も比較した
ドコモ、au、ソフトバンクにiPhoneを下取りに出すのは損かも?もっと高く買い取りするところがあるぞ
iPhone 7に搭載されるFeliCa(Suicaなどおサイフケータイ機能)に関する疑問をQ&A形式でまとめた
iPhone 7は「買い」か?イヤホンジャック廃止など防水、Suicaだけじゃない変更点を含めて考えた
iPhone 7用ケースやフィルムが期間限定10%オフ〜半額で販売中!本体と一緒に入手するならお早めに


⇒もっと 「iPhone 7・7 Plus」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック