2016年7月25日
アジア

Suvarnabhumi airport to bangkok city 7

タイの空の玄関口、スワンナプーム国際空港

バンコク市街からは少し離れているため、ほとんどの旅行客はここから何らかの交通手段を使って移動しなければなりません。

しかし、ここは外国。適当にバスか電車かタクシーで…と思っても、どういう交通手段があっていくらかかるのか、どれが今の自分の状況に一番合っているのかはわかりにくいはず。

先日私がタイに行ったときも、知人の案内がなければどれに乗ろうか迷うところでした。


今回は、今後私がタイに行ったときの備忘録も兼ねてスワンナプーム国際空港⇔バンコク市街の交通手段をまとめて比較。人数や荷物の量、急ぎ具合なども考慮して選んでみてください!

電車(エアポート・レイル・リンク)

私が前回利用したのは、スワンナプーム国際空港からバンコクを電車で結ぶエアポート・レイル・リンク(ARL:Airport Rail Link)

空港に着いたら地下に降りていきます。するとTrain To Cityと書かれた看板があるはず。
その案内に従っていくと駅に着きます。

Suvarnabhumi airport to bangkok city 2

券売機でチケットを購入。行き先の駅名ボタンを押し、乗車人数を押してからお金を入れればOK。
タイ語でわからない場合は、右上の言語切替ボタンを押せば英語になります。

Suvarnabhumi airport to bangkok city 1

このコインみたいなものがチケット。改札機にかざせば通れます。

Suvarnabhumi airport to bangkok city 4

あとは特に日本の鉄道と変わらず。普通に乗って目的の駅で降りるだけです。

Suvarnabhumi airport to bangkok city 3

Suvarnabhumi airport to bangkok city 5

例えばMRT(地下鉄)ペッチャブリー駅への乗り換えができるマッカサン駅までは、片道90バーツ(270円)。日本の電車と変わらないくらいなので、タイの物価から考えると若干高め。

Suvarnabhumi airport to bangkok city 6

メリット:安全、渋滞の影響がない
デメリット:目的地によって乗り換えの手間がある

タクシー

スワンナプーム国際空港にはタクシー乗り場もあります。

ボッタクリをせずちゃんとメーターで行ってくれるかどうか「メーターOK?」と確認しておきましょう。動き始めてからメーターがちゃんと動いているかのチェックも忘れずに。

料金はだいたい200〜250バーツ程度とのこと。
ただし、バンコクは渋滞がひどいので時間帯や道路状況によっては時間や料金がもっと上がるかもしれません。

トラブルもよく発生するようなので、1人で乗るのはなるべく避けた方がいいかもしれません。

Suvarnabhumi airport to bangkok city 7

上の写真のピンクや黄色の車がタクシーです

市街→空港の場合は運転手が定額料金を持ちかけてくる場合があります。現地の方によると300バーツが相場だそうですが、夜だともう少し高く言ってくる場合も。

300バーツまで粘ってもよかったんですが、私は350バーツで妥協しました…。まあ言うても1,000円くらいですしね。

なお、いずれにしても高速料金は別となるのでドライバーから要求されたらその分は払ってください。

メリット:目的地まで直行するので楽
デメリット:トラブルに注意を払う必要あり、電車よりはやや高い、渋滞の影響を受ける

現地ツアーの空港送迎

旅行会社にてタイ現地ツアーの空港送迎を予め申し込んでおけば、専用の車にてホテル等の目的地へと送迎してくれます。

とっても楽で便利なサービスですが、その代わり料金もなかなか高額。例えば以下のツアー会社では1,700バーツ(約5,100円)からとなっています。

ただし10人まで乗れるので、家族連れやグループであれば安心感を買う意味でも選ぶ価値はあるかもしれません。

メリット:目的地まで直行するので楽、日本語で予め申し込んでおけて安心
デメリット:利用人数にもよるが基本的に現地交通手段より高い、渋滞の影響を受ける

Uber、Grab Taxi(アプリで呼ぶタクシー)

バンコクでは、アプリで呼べるタクシー・UberGrab Taxiも走っています。

Uber
旅行, ライフスタイル
無料


App

Grab – Car, Taxi, Bike Booking App
旅行, ナビゲーション
無料


App

乗るのは結局タクシーなのですが、運営会社の審査やユーザーの評価がある分ドライバーの質が平均的に高いのが良いところ。
Uberであれば車自体も高級感のあるものが揃っています。

ただし、周辺に該当する車がないと配車まで時間がかかってしまうことと、状況によってドライバーから断られる場合もあるのが難点。また、普通のタクシーよりも多少割高になることが多いです。


メリット:目的地まで直行するので楽、タクシーよりは安心感が高い、その場で支払う必要なし
デメリット:タクシーよりはやや高い、なかなか来ない場合がある、渋滞の影響を受ける

バス

スワンナプーム国際空港からバンコク市街までは、バスも走っています。

料金は35バーツ程度と安いですが、なにせ旅行者にはハードルが高い。
私は使ったことがないですしネット上にも情報が少なく、現地に慣れた人向けと言えるでしょう。

また、スピード的にも渋滞の影響を考えても他の交通手段より時間がかかることが予想されます。

どうしても安く移動したい、現地交通手段にチャレンジしたいという方以外にはおすすめできません。


バンコクナビさんにある程度詳しい記述があるので、そちらも参考に。


メリット:安い
デメリット:難易度が高い、渋滞の影響を受ける

あとがき

以上、スワンナプーム国際空港⇔バンコク市街地の交通手段について比較してみました。

おすすめは電車、もしくはタクシー(アプリで呼べるならUberかGrab Taxi)ですね。
流しのタクシーを使う場合は、メーターなり値段の確認をお忘れなく。

⇒もっと 「アジア」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック