2016年7月20日
Android&関連製品

Elecom bluetooth receiver 1

いつも音楽を聴きながら仕事をしている私。
途中で動き回ったりもするので、Bluetooth接続のワイヤレスヘッドホン・イヤホンを主に使っています。

これまで購入したものもよく使っているのですが、

ヘッドホンは夏は蒸れて暑いし、カナル型は長時間していると耳が疲れてくる感覚があるため、オープン型(開放型)のBluetoothワイヤレスイヤホンを探していました。
※オープン型イヤホンとは、iPhoneなどスマートフォン、音楽プレイヤー等にデフォルトでついてくるようなアレです


ですが、検索しまくって探しても本当に見つからない。Bluetoothとなるとヘッドホンかイヤーパッド型のヘッドセット、カナル型イヤホンばかり。なぜかオープン型だけが全然ない。

そうやって探し回っているうちに見つけたのが、Bluetoothオーディオレシーバーという機器。

Bluetooth通信ができイヤホンジャックのついた小さなデバイスで、要するに手持ちの有線イヤホン・ヘッドホンを無線化できるという優れものなのです。

心配した音の遅れや音質低下も全然気にならず、価格も手頃で大満足の買い物でした!

有線ヘッドホン・イヤホンをBluetoothで無線化できるレシーバーLBT-PAR150BU

私が購入したのは、ELECOMのBluetoothワイヤレスレシーバーLBT-PAR150BU。
色はブルーのほか、ブラック、ホワイト、パープル、ピンク、レッドの全6色展開。Amazonで2,120円(2016/7/4現在)でした。安い!

Elecom bluetooth receiver 1

Bluetooth Ver4.0に対応しつつ、ワイヤレス音響機器でありがちな音質面での不満の対策として高音質コーデックやヘッドホンアンプを搭載。
連続再生時間は8時間となっています。

Elecom bluetooth receiver 2

本体、説明書類、専用のUSB充電コード。

Elecom bluetooth receiver 3

本体はとても小さく軽いです。サイズが21×55×13mm、重さは約13g。MONOの消しゴムくらいの大きさでしょうか。

Elecom bluetooth receiver 4

手のひらに乗せると、この通り。

Elecom bluetooth receiver 9

裏側にはクリップがついており、服に留めて使えるようになっています。

Elecom bluetooth receiver 5

上部にはイヤホンジャック。ここに手持ちの有線ヘッドホンやイヤホンを挿せば使えるというわけですね。

Elecom bluetooth receiver 6

基本的にかなり気に入っているこの製品ですが、唯一の不満な点がこの専用充電コード。

Elecom bluetooth receiver 7

イヤホンジャックから充電するという特殊なコードのため、使い回しが利きません。汎用的なmicroUSBにしてほしかったなあ。。。
(構造的にこうしないと小ささ・軽さが実現できなかったのかもしれないけど)

Elecom bluetooth receiver 8

iPhone標準のイヤホンを使って試してみた

試しに、iPhoneにデフォルトでついているイヤホンを挿して使えるかどうか試してみます。

Elecom bluetooth receiver 10

電源ボタン長押しでオン。さらに長押しでランプが赤青点滅になり、接続スタンバイ状態となります。

Elecom bluetooth receiver 11

iPhoneなど音楽を再生する機器の側では「PAR150」という名前で表示されるので、これを選択。以上でOKです!

Elecom bluetooth receiver 12

クリップがあるため、以下のような感じで服に取り付けることができて便利。軽いので全然気になりません。
特に音に関して強いこだわりがある方ではないですが、少なくとも普通に聴く分には全く問題ない程度には音質は良いと思います。これで映画なども見てみましたが、遅延も気にならないレベル。

Elecom bluetooth receiver 13

オープン型のBluetooth接続イヤホン、実は一応見つけたけど。。。

実は、このBluetoothオーディオレシーバーを発見する前にオープン型のワイヤレス接続イヤホンを1つだけ見つけていました。

Elecom bluetooth receiver 14

Elecom bluetooth receiver 15

ただこのイヤホン、以下の問題があったんですよね。

・約5,000円とそれなりに高い
・それにしては作りがチープに見える
・電池の持ちが4時間程度しかない
・登録した機器にスムーズに接続できない場合がある

なので、私としては前述のBluetoothレシーバーを買って好きなイヤホンと組み合わせるのをおすすめします。

あとがき

オープン型イヤホンやお気に入りの有線ヘッドホンをワイヤレスで使いたい、という人にはこれ以上ない製品だと思いますよ!

⇒もっと 「Android&関連製品」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック