2016年6月11日
カメラ

Theta s 21

周囲全部を撮影できる画期的なカメラ、RICOH THETA

以前、私も初代のTHETAを購入し旅先などで撮影を楽しんでいました。

そのときの初代モデルは石垣島の某展望台にて置いて撮影→風に吹かれて落下→死亡、という悲しい運命をたどってしまったのですが、今回ついに新しいモデルを手に入れました!RICOH THETA S 360°全天球カメラ
@tamkaiさん(「タムカイズム」)と@piyohicomさん(「ぴよひこむ」)にすすめていただきました。ありがとう!


初代モデルと比べると画質が大幅に向上しており、さらに動画撮影機能を搭載。

全周囲を動画撮影し、YouTubeにアップするなんてことまでできてしまうんです。すごいぞ。

旅先などあらゆる場所で、普通のカメラで撮影するのとはまた違った楽しみ方ができそうで嬉しいです!

さらに進化した全天球(周囲360°)撮影カメラ「RICOH THETA S」

箱が汚れているのは配送のせいではなく、実は半年以上前に買ってそのままになってたからです。。。
レビューしようと思ってたけど色々あって埋もれちゃうパターン、あるある。

Theta s 1

内容物は本体、説明書、ケース、充電&PC接続用のmicroUSBケーブル。

Theta s 2

THETA Sの本体。初代はホワイトのみでしたが、Sに関しては色はブラックのみのようです。
1つだけあるのが撮影/停止ボタン。

Theta s 3

ちなみに多少画質やメモリ容量が劣る代わりに約1万円ほど安い廉価版のRICOH THETA m15だと、色はホワイト、ブルー、レッド、イエローの4色あります。



本体下部には、同期/充電用のmicroUSB端子とHDMIポート。

Theta s 4

右側面に電源ボタン、Wi-Fi機能のオン/オフ、静止画/動画切り替えボタン。

Theta s 5

上部にはマイクとスピーカー。

Theta s 6

ケース付きは嬉しいのですが、かなりキチキチで押し込まないと入りません。
もっとスッと出し入れできるやつだと嬉しかったかな。

Theta s 7

電源をオンにすると、青いランプが点灯。

Theta s 11

iPhone/Androidと接続して操作してみよう

本体のみで撮影し、パソコンに取り込み…といった使い方もできますが、スマートフォン(iPhone、Android両方に対応)と接続するとより幅広い楽しみ方ができます。

まずは、THETA S専用アプリをダウンロードしましょう。
白いアイコンのTHETA用アプリもあるので、間違えないようご注意を。

RICOH THETA S
写真/ビデオ
無料


App

アプリを立ち上げると、以下のような画面が出てくるはず。これはTHETA SとiPhoneがつながっていない状態です。

Theta s 8

本体側のWi-Fi機能をオンにすると、ネットワークの中に「THETA」で始まるものが出てくるはず。
ここに接続します。パスワードは底面のシリアルナンバーを入力。

Theta s 9

これでつながりました!

Theta s 12

この状態だと、iPhoneからシャッターを切ったり撮影した写真や動画を取り込んで閲覧したりが可能になります。

Theta s 13

設定の切り替えも可能。露出の調整やオプションの選択ができます。
ノイズ低減は夜景など暗い場所での撮影に、DR補正は晴天時などに白飛びしてしまう部分を1段階補正してくれる機能とのこと。

Theta s 14

撮影した写真は、「未転送」から選択してiPhoneに取り込めば…

Theta s 15

iPhone上でグリグリしながら見られるよ!

Theta s 16

実際の写真ファイルとしては、以下のようなぐにゃんぐにゃんの画像となっています。

Theta s 17

THETAのサイトにアップして、TwitterやFacebookにシェアすることもできますよ。
サイトへの貼り付けも、この通り。

テスト(ヨカラボ天神) #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

旅先での素晴らしい風景を全周囲カメラに収められる、この楽しさ素晴らしさよ。
※以下はTHETA公式にアップされていた画像です

Nordic Aurora in Norway – Spherical Image – RICOH THETA

全周囲の動画まで撮れる!さらにTHETAサイトやYouTubeへのアップロードも

動画の撮影も可能!解像度を選んでシャッターボタンを押すだけでお手軽に全周囲を撮ってくれます。

Theta s 18

写真の場合と同様、iPhoneに取り込んで見ることも可能。ただファイルサイズは当然大きくなり容量を喰うので注意しましょう。

Theta s 19

動画再生中にもフリックでグリグリ回しながら周りが全部見られる!これは面白い…!!

Theta s 20

ちょっと室内で動きがなく大した絵が取れなかったので、YouTubeへのアップ方法も含めて別記事にて解説したいと思います。

代わりに公式にアップされていた動画上げておきますね。すげー。おもしれー。

Sliding Way with my son in Japan – Spherical Image – RICOH THETA

YouTubeにアップされていたもの。Google Chrome経由で見るか、YouTubeのアプリでアクセスすると360°ビューで見られますよ。

あとがき

こんな面白いデバイス、もっと早く開封して活用しておくべきだった……!

と今更言っても仕方ないので、これからの行き先で存分に活用していきたいと思います。楽しみだー!

カメラに興味がおありの方はこちらもどうぞ
SONYの高級コンデジ「RX100M3」旅行に外出に、気軽に持ち運べて高画質。Wi-Fi&microUSB充電も!
iPhoneもカメラも何でも6台同時に急速充電!サンワのUSB充電器、もっと早くに買っておけばよかった…
ソニーのアクションカム「HDR-HS100VR」GoProにも負けない性能にアクセサリも豊富で、歩いたりスポーツしながら動画が撮れる!


⇒もっと 「カメラ」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック