2016年5月31日
旅行/観光

Skymark imatoku title

沖縄行きの便を予約するため、ツアーや飛行機など色々調べていたときのこと。(参考→国内旅行を安く済ませるために調べるべき予約サイト一覧

私が利用する福岡-那覇便の航空券の価格をANA、JAL、スカイマーク、ピーチなどで調べてみると……あれ、スカイマークの「いま得」めっちゃ安い!

これまでのイメージとしてはANAやJALが2万円台、スカイマーク1万円前後、ピーチが5千〜1万の間くらいかなという感じだったのですが、なんと片道4,600円で予約できてしまいました。


ANA・JALといった大手航空会社と遜色ないシートの広さとCAさんのサービス。
※サービス面に関しては異論あるかもですが、個人的には大手と差を感じたことはないです

ドリンクはつきませんがLCCみたいに割高な価格ではなく100円で買えますし、数十回は乗りましたが大手に比べるとやや遅れがちなこと以外は一度も不満に思ったことはありません。

「いま得」は空席状況によって価格が変動するようなので繁忙期はそれほど安くなりませんが、逆に日程を選べばかなり安く買えるということ。

安く旅行したいけどLCCはシートが狭かったり成田発着だったりで微妙、という方にもぜひ!

福岡発那覇行きの航空券価格を調べてみたら

私が調べていたのは、6/16(木)の福岡発那覇行き。

まあ大体1万円前後だろうとスカイマークを調べてみた結果、4,600円の便を発見!しかも到着が夜間とかじゃなく夕方なので、そこから散策したりご飯に行ったりもできる時間。


以下は、予約完了後この記事を書いた5/30に改めて調べたときの検索画面です。私が予約したときは「○(空席あり)」表示だったけど、さすがに残り少なくなってきた模様。でもまだ予約できました。

Skymark imatoku 1



ちなみに、ピーチで調べると5,290円でした。
シートが狭く、ターミナルが離れており(福岡空港、那覇空港は成田や関空に比べれば随分マシではありますが)、便数=選択肢が少ないのがネックのLCCですが、今回の日程に関しては価格面でもスカイマークに軍配が上がる結果に。

Skymark imatoku 2

ANA、JALに至っては2万超えで問題外。そんだけ出せば台湾往復行けるわ。。。

Skymark imatoku 3

スカイマーク「いま得」の注意点

▼空席状況によって運賃が変動

「いま得」は前割とも違い前日まで予約できるチケットで、空席状況によって料金が変わるシステム。

ご搭乗3日前もしくは前日までにご予約頂ける便利な運賃です。また、空席状況に応じて運賃が変動する大変お得な運賃です。
いま得 – スカイマーク

ですので、例えば平日だったり、閑散期の便でなければ今回のような安いチケットは手に入りにくいです。

例えば、同じ日程でも羽田-那覇は福岡発着より人気があるのか1万円前後でした。それでもコスパ的に他社と比べるとかなり良いとは思いますが…。


逆に言えば、休暇をある程度自由に選べる場合にはかなり安く旅行できるということになりますね。

▼基本的に変更不可、キャンセルも手数料高め

いま得のキャンセルポリシーは、以下のようになっています。

■予約変更
不可
※搭乗日当日の出発空港において、同日内のご希望便に空席がある場合はご予約便出発時刻前までであれば普通運賃との差額で変更可能です。

■払戻手数料
取消日にかかわらず、お1人様1区間につき500円を申し受けます。(大人・小児同額)

■取消手数料(お1人様1区間につき)
航空券購入後~搭乗日の60日前まで 4,000円
59日前~出発時刻前 5,500円
ご搭乗予定便出発時刻以降 払戻不可

基本的に変更不可、キャンセルは500円+4,000 or 5,500円の手数料が必要となってしまいます。
日程が完全に決まってから予約した方がよいでしょう。

あとがき

スカイマークは「安い割に十分なサービスを提供しているけど、宣伝や戦略があまりうまくなくて損をしている会社」というイメージなんですよね。(中の人いたらすみません)

ただ個人的には、福岡発着便で東京・沖縄・北海道を網羅していてそれなり以上に安く、不満を持ったことがほぼないので応援したい航空会社なのです。コスパ1番いいんじゃないかな。

小規模な会社なので路線は限られますが、選択肢の1つとして旅行時には必ずチェックしておくことをおすすめします!



⇒もっと 「旅行/観光」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック