2016年4月27日
旅行/観光

Golden week kyushu 4

もうすぐやってくる2016年のゴールデンウィーク
皆様、もう予定は決まっていますでしょうか。

GWには「弘前さくらまつり」と並んで、福岡では全国最多の人出がある「博多どんたく港まつり」が開催されます。

例年だとこの期間中に泊まるところはほとんど残っていないのですが、今調べてみるとそこそこ残っている。。。

どうやら、熊本を中心に発生した地震が全国的には「九州の地震」という認知のされ方をしており、九州旅行のキャンセルが相次いでいるようなのです。



特に被害の大きかった熊本県と大分県の一部はさすがにまだ観光は難しく、未だ不通の道路もごく一部にはありますが、それ以外の九州各県ほとんどでは至って普通に営業しています。
それどころか、被害のあった地域でも続々と営業再開中。

余震の影響が全くゼロとは言いませんが、過度に心配する必要もないかと。

むしろ他地域に観光客が流れた分、今からでも飛行機や宿の予約は十分に取れて穴場かもしれません!

熊本・大分の一部を除き、他の地域はほぼ無事です

地震があってから、福岡に住む私にも「大丈夫だった?」と多くの友人が連絡をくれました。

幸い、自宅では物が数個落ちたりジョジョのフィギュアが倒れた程度で被害はほぼなし。全く普段と変わらず生活しています。
震度2〜3程度の余震がたまに起きていますが、その頻度も少なくなってきました。

Golden week kyushu 6

↑自宅(福岡市内)の被害状況

長崎の実家でも、揺れにはびっくりしたけど特に問題なしとのこと。

佐賀、宮崎、鹿児島についても、Facebookで見る限りいつも通りの生活を送っている模様。
(他地域に住んでいる友人からは安否確認の連絡が来ましたが、九州人同士だと熊本・大分以外はまず大丈夫だとわかっているので特に連絡の必要すらない、と思っているくらい)


以上の事実だけでも、九州旅行すべてを過度に恐れる必要は全然無いのではと思います。

そりゃあ九州でもっと大きな揺れが起こる可能性はゼロではないのかもしれませんが、既に本震から10日経っていますし、東海地震だって他の地域だっていつ起きるかわからないわけで。

まずは熊本・大分の一部を除く九州では、普段と全く変わらない生活・営業を続けているということは知ってほしいです。

熊本や大分の観光地も、続々と営業再開中。黒川や由布院の温泉街も!

南阿蘇、益城町、熊本市など大きな被害があったところではGW期間の通常営業はまだ難しいかもしれませんが、熊本県や大分県の他の地域では続々と営業を再開しています。

例えば阿蘇の北側にある黒川温泉(熊本県阿蘇郡南小国町)は比較的被害が少なかったようで、私の好きな宿の1つ「御客屋」さんでは4/19から早くも通常営業しています。

この度の震災で、満室だったGWにもキャンセルが出ております。
ホームページでぜひぜひ空室状況をチェックしてみてください!
お電話でのご予約も、お待ちしております!

昨日お休みを頂き、車で日田まで出掛けてきましたが、ファームロードを経由して無事たどり着きました~!
杖立温泉や松原ダム周辺の212号線は、まだ通行止めの規制がかかっておりますが、
お天気が良ければファームロードも景色が良くて気持ちが良いですよ~!
GW空室ありますっ! | 黒川温泉 御客屋ブログ

Golden week kyushu 5

その他の宿もほぼ営業再開しているそう。

黒川温泉観光旅館協同組合|熊本県阿蘇の黒川温泉。情緒ある町並みと露天風呂、伝統ある旅館の美味しい料理でおもてなし。


→ 楽天トラベルで熊本の宿を探す

→ じゃらんで熊本の宿を探す



大分の温泉地・由布院温泉でも、GW期間中は91軒中77軒が営業するとのこと。

Golden week kyushu 7

由布院温泉観光協会(公式サイト)


→ 楽天トラベルで大分の宿を探す

→ じゃらんで大分の宿を探す

新幹線、JR、道路も続々と復旧

脱線により運行を停止していた九州新幹線は、4/27午後より運行再開。

熊本県を中心に続く地震で一部区間が運休していた九州新幹線は27日午後、博多―鹿児島中央間で直通運転を再開した。
九州新幹線が全線再開=13日ぶり、博多―鹿児島中央―熊本地震 (時事通信) – Yahoo!ニュース



その他の鉄道路線も続々と再開しており、運休区間は4/24時点で2社3線のみ。

24日11時時点で運転を見合わせているのは、九州新幹線の熊本~新水俣間75.7km、豊肥本線の肥後大津~豊後竹田間65.4km、南阿蘇鉄道高森線の立野~高森間17.7km。このうち、九州新幹線は4月28日にも全線再開の模様だ。
JR肥薩線と熊本電鉄が全線再開…九州新幹線も数日中に全線再開へ | レスポンス(Response.jp)



高速道路(九州自動車道)も、一部不通区間はあるものの多くの路線で通行止めは解除されています。
※移動の際には、利用予定の区間が通行可能かどうか念のためご確認ください

阿蘇大橋が崩落するなど確かに被害の大きな場所もあるのですが、九州の大部分の道路・鉄道は通常営業を再開しています。

あとがき

今回の地震の影響として怖いのが、観光客の足が遠のくことによる二次被害

黒川や由布院を含む九州各県ではキャンセルが相次ぎ、じわじわと経済にダメージを与えつつあります。
被災地を含む九州全体の経済が落ち込むと、復興への大きな足枷となる恐れも。

例えば本震でも震度4〜5弱程度(私のいる福岡市と同程度)でほぼ被害のなかった長崎の雲仙でも、キャンセルが続出しているとのこと。

予想以上に深刻な状況だ。温泉街は全く被害が出ていないのに、九州全体が被害を受けたかのような印象を持たれているのでは
県観光キャンセル相次ぐ 熊本地震 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

本当にこれなんです。九州めっちゃ元気ですから。被災した地域もすごいスピードで復興し始めてますから。

絶対に大丈夫だと断言はできませんが(どこでもそうですが)、多くの場所でGWに普通に遊びに来れる状態なのは間違いありません。


意味のない「自粛」などするくらいなら普通に生活した方がよっぽど被災地のためになりますし、もっと言えば積極的に熊本を中心とした九州を訪れてくれると嬉しいです!私の九州びいきを差し引いても、どこもかしこも人が多く各種予約が取りづらいGWにおいてかなりの穴場なのではと思います。ぜひ!


追記:こんなこと言っておいて私自身が行かないのも何なので、実際に熊本へグルメツアーに行ってきました!→「GWの熊本でグルメツアー。地震の爪痕はあるものの、馬刺しもラーメンも観光も場所を選べばしっかり楽しめる!

⇒もっと 「旅行/観光」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック