2016年4月26日
iPhone SE

Sq duralumin bumper 16

先日手に入れた、iPhone 5/5sと同じ4インチサイズのiPhone SE

iPhone SEレビュー
4インチに回帰したiPhone SEレビュー。片手に収まるこの大きさ、「携帯」電話はこうでなくちゃ…!


ケースorバンパーはどうしようかと考えていたところ、SQUAIRというブランドの方からお声掛けいただき「SQ Duralumin Bumper」という高級・ハイクオリティなバンパーを提供いただけることに。


装着してみるとまず驚くのがその軽さ。側面をきっちりガードしつつ、iPhone SEの軽さをほとんど損ないません。

また精度も非常に高く、ツートンカラーと金属の質感が良いアクセントになっています。

そのクオリティ相応に値段の張る製品ではありますが、高くても良い物を長く使いたい、という方にはおすすめです!

軽量で丈夫な、ツートンカラーの「SQ Duralumin Bumper」

私が選んだのは、iPhone SEスペースグレイに合わせてBLUE/REDのツートンカラー。
iPhone 5/5s用となっていますが、SEも全く同じ寸法なので問題ありません。

Sq duralumin bumper 1

色展開は、BLUE/REDのほかにRED/GOLD、LIME/BLUE、SILVER/LIME、PINK/SILVERの5種類。
ゴールドやシルバー、ローズゴールドといったiPhoneのそれぞれの色に合いそうなものが用意されています。

Sq duralumin bumper 14

航空機のために開発された、軽くて強いジュラルミンA7075という素材を使用しているとのこと。
塊からの削り出しなど、こだわりを感じさせます。

Sq duralumin bumper 2

実物を見てみると、光沢はあるもののピカピカというほどではなく、やや抑えめに作られています。

Sq duralumin bumper 3

18gでめっちゃ軽い!丈夫さと軽さの両立という意味では、これ以上のものはなかなか無いのでは。
なんといっても飛行機に使われるような素材ですからね。

Sq duralumin bumper 5

組み付けは簡単だが、極小ネジの取り扱いに注意

説明書に従って取り付けていきます。

Sq duralumin bumper 4

要注意なのが、極小のネジの取り扱い。
本当にめちゃくちゃ小さいので、落としたりすると探すのは至難の業です。予備が2つあったりドライバーが磁石になっていたりと工夫はされていますが、無くさないように細心の注意を払いつつ作業しましょう。

Sq duralumin bumper 6

音量や電源、マナーボタンをセットした状態で、バンパーをスライドさせながらiPhoneにはめ込んでいきます。

Sq duralumin bumper 7

奥まではめ込んだら下の部分を取り付け、

Sq duralumin bumper 8

手で押さえながら左右の極小ネジを締めれば……

Sq duralumin bumper 9

完成です!

Sq duralumin bumper 10

iPhoneを保護しつつ、表情を変えるバンパー

シンプルで渋い感じのスペースグレイiPhone SEが、

Iphone se 7

だいぶポップな印象になりました。

Sq duralumin bumper 11

Sq duralumin bumper 15

手に持ってみたところ。当然幅は裸の状態よりも大きくなりますが(58.6→65mm)、私の手の大きさならば片手操作にそれほど影響はない範囲。(※個人差あり)

Sq duralumin bumper 16

ボタン操作に関しては音量ボタンがiPhone 6っぽい形状になるくらいで、操作性は全く問題ありません。

Sq duralumin bumper 12

iPhoneの画面、および背面からバンパーが少し盛り上がった状態となるため、平坦な面であれば表や裏にしても画面が直接テーブル等に触れることがなく、傷が付きにくい。
画面保護のガラスなどと組み合わせれば、より安心感が高まりそうです。

Sq duralumin bumper 13

あとがき

以上の通り性能面、デザイン面においてはかなり優れたこの「SQ Duralumin Bumper」ですが、ネックとなるのはその値段。

定価は20,000円、4/22現在私が確認したところではAmazonだと16,500〜21,600円、Premium Selection楽天市場店で14,904円(いずれも税込)。
iPhoneケースやバンパーに出す価格としては、なかなか躊躇する金額です。

安くない買い物ですから、ネットで買うよりも以下のショップで直接触ってから決めるのが良いのではと。

もう1点デメリットを挙げるとすれば、海外旅行などでSIMの挿し替えをする場合にネジの付け外しが面倒かつ極小ネジと専用ドライバーを扱わないといけないところでしょうか。


とはいえ、バンパーとしてこれ以上ないクオリティかつツートンカラーでiPhoneに新しい顔を与えることができて楽しい製品でもあります。

まだiPhone SEに何を装着するか決めていないユーザーの方がいれば、お店で見てみるなり当記事も含めネットで情報を集めるなどして検討してみてください!

SQ Duralumin Bumper |SQUAIR
⇒もっと 「iPhone SE」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック