2016年4月16日
東京、関東グルメ

Otako honten 7

東京といえば、いろいろなものの値段が高いイメージがあります。
例えばランチだって、牛丼屋などチェーン店を除けば1,000円近くやそれ以上するようなところばかりなのでは…と思う地方在住の方もいるかもしれません。

確かに地域によってはそういうところもありますが、東京にも安くて旨い店は探せばあるんです。
今回紹介する「お多幸本店」もそのうちの1つ。


お多幸本店は、大正12年創業のおでんの老舗。
そのお店が出しているおでんともう1つの名物がとうめし

ご飯の上に出汁の染みた豆腐をドーンと乗せた、ある意味それだけのものなのですが、これが何ともいえずじんわり旨い。
しかも東京都心の駅近という立地で670円という安さ、そして提供も超速い。この辺りで働く忙しいサラリーマンの強い味方となっているのは間違いないでしょう。

旅行や乗り継ぎ等で東京駅や日本橋駅を利用する方にも、ランチにこの店をぜひおすすめしたい!

東京都心にあるおでんの老舗「お多幸本店」

お多幸本店は、JR東京駅から徒歩7〜8分ほど。日本橋駅からなら3分くらい。
創業大正12年、実に93年もの歴史を誇る老舗ですが、この場所に引っ越してきたのは10数年前のようです。

Otako honten 1

つい暖簾をくぐりたくなる、巨大な赤ちょうちん。

Otako honten 2

私が訪れたのは、ちょうど平日のお昼時。
いかにも料理人といった出で立ちの方がおでんやとうめしを作っている向かいで、近くで勤務されているだろうスーツ姿の方々が昼食を取っています。

Otako honten 3

メニュー。名物のおでんも気になりますが、ここはとうめし定食を……あれ、その奥にあるのは??

Otako honten 4

そう、席について注文し、カウンターの写真とか撮ってる間に速攻で出てきたのです。早すぎ!笑
時間のないサラリーマンにも嬉しいこのスピード。



ほかにも大山鶏を使った丼や定食、さば定食なんかもあるようです。
はい、写真もいいけど冷めないうちに早く食べよう。

Otako honten 5

ダシの旨味を吸った豆腐が乗った「とうめし」は優しいおいしさ

いかにも味がしみしみ感のある豆腐の乗ったとうめし、ダイコン・牛すじ・卵の入った煮込み、若干しょぼめの(失礼)サラダ、味噌汁におしんこ。

Otako honten 6

近くで見ると大きな豆腐の迫力あること。
周りのご飯にもダシがかけられているようです。

Otako honten 7

煮込み。牛すじは少なめでしたが、ダイコンも煮玉子も味がしみてておいしい。

Otako honten 8

豆腐はとても熱く柔らかく、中からもしっかりとダシの風味が香ってきます。
優しい味わいで、他におかずがなくても全く気になりません。

Otako honten 9

中〜終盤になって変化がほしくなってきたら、唐辛子をかけたり底のダシ濃度が濃い部分を食べたりしてアクセントをつけるとグッド。
お新香や煮込み、味噌汁で緩急をつけるのもまた良し。

Otako honten 10

あとがき

継ぎ足しの秘伝のダシで煮込んだ豆腐の丼・とうめし、ぜひ味わってほしい東京グルメの1つです!

次回は夜に、おでんと酒を嗜みに訪れたいところ。

店名 日本橋お多幸本店
電話番号 03-3243-8282
住所 東京都中央区日本橋2-2-3 お多幸ビル
営業時間 11:30〜14:00、17:00〜23:00(月〜金)
16:00〜23:00(土・祝)
定休日 日曜
Web Retty:日本橋 お多幸本店(日本橋/おでん) – Retty
ぐるなび:ぐるなび – お多幸本店(メニュー/地図)
食べログ:日本橋 お多幸本店 (にほんばしおたこうほんてん) – 日本橋/おでん [食べログ]
こんな記事も読まれています
グルメな東京人に連れて行ってもらった、美味しくて雰囲気が良く値段も手頃な店4つ
東京で宿が見つからず困ったけど、Airbnbで安くていい部屋が見つかり助かった話
福岡-東京間の交通機関は、どれを選べばいい?飛行機・ツアー・新幹線など比較してみた


⇒もっと 「東京、関東グルメ」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック