2016年4月11日
東北

Akita nyutoonsen yumeguri 32

先日、秋田県は乳頭温泉郷にある秘湯・鶴の湯に宿泊してきたことを書きました。

鶴の湯レポート
秋田の秘湯・乳頭温泉郷最古の宿「鶴の湯」情緒あふれる風景と湯が心に染み渡る。(混浴露天あり)


翌日は、帰りに乗る予定のバスの時間まで乳頭温泉郷の湯めぐりを楽しむことに。

乳頭温泉には以下の7湯があるのですが、
・鶴の湯
・妙乃湯
・黒湯温泉
・蟹場温泉
・孫六温泉
・大釜温泉
・休暇村乳頭温泉郷

このうち妙乃湯はちょうど火曜で定休、黒湯温泉は冬季休業、休暇村は施設が新しく風情を求める今回の趣旨からは多少外れるということで「大釜温泉」「孫六温泉」「蟹場温泉」の3つを降りしきる雪の中、回ってきました!

湯めぐり帖をゲットし、湯めぐり号で大釜温泉へ

まずは、宿泊した鶴の湯さんで「乳頭温泉郷湯めぐり帖」を手に入れましょう。
これは、前述の7湯の入浴が可能になるもので、価格は1,800円。1年間有効で、宿泊客のみ購入可能です。

それぞれの入浴料は500〜800円程度なので、行く場所にもよりますが4湯以上巡るのであれば確実にお得。

Akita nyutoonsen yumeguri 1



鶴の湯から、バス「湯めぐり号」にてまず大釜温泉へ。

Akita nyutoonsen yumeguri 2

なお、2時間に1本程度しか運行していないので、利用する方は時刻表をしっかりチェックしておきましょう。

乳頭温泉郷へようこそ~乳頭温泉組合


なお、乳頭温泉から田沢湖駅までのバスについては以下を参照。

3月初旬でしたが、この日はかなり雪と風が強め。

Akita nyutoonsen yumeguri 3

大釜温泉!いいねこの佇まい。
なんでも木造校舎を移築しているとのこと。

Akita nyutoonsen yumeguri 5

積もる雪を踏みしめながら、入り口を探します。ここかな?

Akita nyutoonsen yumeguri 4

受付のおばちゃんに湯めぐり帖を見せ、中へ。
「よう来たね〜おつかれさま」「毎年こんなんだから大変よ、私も福岡引っ越したいくらい。アハハハ」といった何気ない会話がちょっと嬉しい。

Akita nyutoonsen yumeguri 6

Akita nyutoonsen yumeguri 7

こちらの湯は混浴がなく、男女湯それぞれに小さな露天がある形。

私が行ったときは内湯がちょうど良いくらいで、露天がめっちゃぬるい(むしろ寒い)お湯でした。
内湯が熱すぎた鶴の湯といい、外気温が低すぎると調整が難しいんでしょうか。

孫六温泉への道は険しい。冬場は遭難注意!

次に、大釜温泉脇の道を抜けて、乳頭温泉郷の中でも最も山合いにある秘湯中の秘湯、孫六温泉へ。

この道…で合ってるよね……?

Akita nyutoonsen yumeguri 8

Googleマップでいえば下の赤いライン。マップ上は途中で途切れているように見えますが、ちゃんと孫六温泉まで通じています。
不安なら宿の方に聞くとよいでしょう。

Akita nyutoonsen yumeguri 41

新奥の細道というらしい。

Akita nyutoonsen yumeguri 9

この看板でも孫六温泉に通じていることを確認し、いざ勇気を出して先へ進まん。

Akita nyutoonsen yumeguri 10

Akita nyutoonsen yumeguri 11

ほとんど真っ白な世界の中を、信じて突き進む。

Akita nyutoonsen yumeguri 12

雪上車とか見えてくるだけでちょっと嬉しいほど、人も車も通らない雪道。しかも結構吹雪いてるので寒い寒い。顔が痛い。

Akita nyutoonsen yumeguri 13

あるはず、たぶん

Akita nyutoonsen yumeguri 14

きっと……

Akita nyutoonsen yumeguri 15

Akita nyutoonsen yumeguri 17

小さな橋の横に赤い看板。何て書いてあるんかな?

Akita nyutoonsen yumeguri 16

ええー。。。こわい。。。
どう注意しろと。

Akita nyutoonsen yumeguri 24

雪に足を取られながら歩くこと20分ほど、やっと着いた!建物が見えてきたときの喜びもひとしお。

Akita nyutoonsen yumeguri 18

そのまんま演歌の歌詞になりそうなこの風情よ。

Akita nyutoonsen yumeguri 19

ジャージを着たおじさんが「ごくろうさま」と迎えてくれました。

Akita nyutoonsen yumeguri 20

温泉はこちら。手前が「唐子の湯」、奥が「石の湯」。

Akita nyutoonsen yumeguri 21

緑の看板が目印の1つなのですが、雪に覆われてしまいほとんど見えません。さすが雪国。

Akita nyutoonsen yumeguri 22

唐子の湯は小さな石造りの湯船。どこからどうお湯が流れてきているのかわからないのですが、意外にも適温でした。

石の湯には、男女別の内湯と混浴露天、女性専用露天があります。
内湯は唐子の湯に近いですがもう少し大きめで、露天はその名の通りゴツゴツした石造り。素朴で味わい深い。
内湯は適温、露天はややぬるめでしたが概ねちょうどよかったです。

離れの露天風呂がエクストリームすぎる蟹場温泉

来た道を戻り、さらに大釜温泉から歩いて蟹場温泉へ。

Akita nyutoonsen yumeguri 23

途中、女性二人組とすれ違ったので「もうすぐですよ」と声をかけました。寒くて大変やからね。

Akita nyutoonsen yumeguri 25

雪崩が起きたら終わりやけども、起きないことを信じて。

Akita nyutoonsen yumeguri 26

Akita nyutoonsen yumeguri 27

Akita nyutoonsen yumeguri 28

大釜温泉まで戻ってくれば、そこからは3分くらいで蟹場温泉に着きます。
今回訪れた温泉の中ではかなり近代的で立派な建物。

Akita nyutoonsen yumeguri 30

Akita nyutoonsen yumeguri 29

受付を済ませて内湯に入り、最後に混浴露天風呂に入ってみることに。

宿の方に教えられた通り靴を持って宿の中を進むと、外に出ます。
靴に履き替え、「こっちで合ってるよね…?」と不安になりながら狭い雪道を進む。

Akita nyutoonsen yumeguri 31

歩くこと数分、建物らしきものが見えてきました。たぶんあれだ!
あそこが入り口で、奥に温泉があるのかな。

Akita nyutoonsen yumeguri 32

と思ったらめっちゃ手前が温泉やった!
つまり、宿→雪道→温泉の湯船→脱衣所、というなかなか見ない位置関係になっているのです。
しかも混浴露天なので、特に女性はかなり勇気いるやろうなあ。

Akita nyutoonsen yumeguri 33

ちなみに、お湯はややぬるめでしたが十分入れそうなくらい。

Akita nyutoonsen yumeguri 34

脱衣所には、ドアがなく吹きっさらし。

Akita nyutoonsen yumeguri 35

中にまで雪が吹き込んでいます。冬場は相当の覚悟が必要かと。

Akita nyutoonsen yumeguri 36

脱衣カゴも凍りついておりました。

Akita nyutoonsen yumeguri 37

ちょっと私にはエクストリームすぎたので、ここはつからずに退散。
今度は冬以外の季節に来ようっと。

Akita nyutoonsen yumeguri 38

ちょうど蟹場温泉の前に田沢湖駅行きのバスが待機していたので、これに乗って駅まで戻ります。

Akita nyutoonsen yumeguri 39

元々「雪国行きたい!雪を見ながら温泉に入りたい!」と始めた旅でしたが、もうイヤというほど味わって満腹満足。
今度はもっとゆっくりのんびりしたいなあ。

Akita nyutoonsen yumeguri 40

あとがき

雪深い地なので冬はなかなか大変なところもありますが、それだけに温かい湯につかれたときの嬉しさは格別。

雪のない季節であれば、お客さんも増えるでしょうしまた違った風情が楽しめそうです。

秋田の秘湯・乳頭温泉郷、東北旅行の際にはぜひ訪れてみてください。

こんな記事も読まれています
国内旅行を安く済ませるために調べるべき予約サイト一覧
福岡在住の私が、2泊3日の九州旅行プランを組んでみた。食・温泉・観光どれも豊富な九州へぜひ!


⇒もっと 「東北」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック