2016年3月22日
iPhone SE

20160321 apple event matome 10

さきほど発表された、iPhone 5シリーズと同じ4インチサイズのiPhone SE

3分でわかるApple新製品発表
【3分でわかる】5sと同サイズの新iPhone「SE」、9.7インチiPad ProなどAppleイベントまとめ


7だとか6cと名付けなかったということは、iPhoneの正統な(?)流れではなく廉価版、亜流という扱いなのでしょう。少なくとも今のところは。


ただ、亜流と言えどもSEに搭載されているCPUは6sと同じA9チップ。その他の性能や機能も、ほとんどが6sと同等。

じゃあSEは単なる6sのサイズダウンなのかと言えばそうではなく、いくつかの機能は削られていたりします。


今回は、「結局、SEは6sと何が違うのか?」「買いなのか、それとも見送り?」を双方比較しながら考えてみたいと思います。

iPhone SE、6s、6、5sの比較表

まずは、iPhone SEと6s、6、5sそれぞれを表にて比較してみましょう。画面サイズだけの違いではないことがわかるはず。
※6s Plusについては、画面サイズ的に乗り換え需要は少ないだろうということで今回は省きました

iPhone SE iPhone 6s iPhone 6 iPhone 5s
容量と
価格
16GB:52,800円
64GB:64,800円
16GB:86,800円
64GB:98,800円
128GB:110,800円
16GB:74,800円
64GB:86,800円
ディス
プレイ
4インチRetina
1,136×640
4.7インチRetina
1,334×750
4インチRetina
1,136×640
CPU A9チップ
M9コプロセッサ
A9チップ
M9コプロセッサ
A8チップ
M8コプロセッサ
A7チップ
サイズ 123.8
×58.6
×7.6mm
138.3
×67.1
×7.1mm
138.1
×67.0
×6.9mm
123.8
×58.6
×7.6mm
重量 113g 143g 129g 112g
カメラ 12メガピクセル 8メガピクセル
ビデオ 4K HD(1080p)
Facetime
カメラ
1.2メガピクセル 5メガピクセル 1.2メガピクセル
バッテリー 通話:最大14時間
連続待受:最大240時間
通話:最大10時間
待受:最大250時間
3D Touch なし あり なし
Touch ID 第一世代 第二世代 第一世代
カラー シルバー
スペースグレイ
ゴールド
ローズゴールド
シルバー
スペースグレイ

※全て現時点(2016/3/22)の情報


この表を見ながら、以下より画面サイズ以外でどこが違うのか考察していきましょう。

SEと6sの共通点、異なる点

▼共通点

iPhone SEと6sで共通しているのはCPUおよびGPUといった基本性能、およびメインのiSightカメラ・ビデオ撮影の性能

同じ容量で比べると34,000円も価格が違うのにも関わらず、スペックを見る限りSEは6sと同じか、画面サイズが小さいことを考えるとそれ以上にキビキビ動くことが期待できます。言わずもがな、6や5sに比べれば性能は上。

20160321 apple event matome 6

なお、SEのサイズは5sとスペック上全く同じ(重量が1g違うのみ)であり、形状も5sそっくりであることから、ケース等のアクセサリは5や5s用のものをそのまま流用できる可能性が高そうです。

20160321 apple event matome 5

▼サイズ・重量以外の相違点

SEと6sで画面サイズと価格以外に大きく違うのは、「3D Touchの有無」「Touch ID(指紋認証)の世代」「Facetimeカメラ性能」の3つ。

それぞれ用途によりけりなので個別に判断すべきところなのですが、特に普段使いに影響しそうなのはTouch IDの世代
初代(iPhone 6や5s)と第二世代(6s)で速度、精度ともに違いすぎるくらい違うのです。

Touch IDの初代・第二世代の比較記事
iPhone 6sのTouch ID(指紋認証)が早すぎて通知を見る隙がない件。動画で6と比べてみた


初代は個人的に言えば、ハッキリ言って実用に耐え得ないレベル。SEを使いたいのであれば、指紋認証はあきらめるかなという感じです。
(認証しやすい人であればいけるかもしれないので、それぞれ判断ください)

iPhone SEがおすすめなのはどんな人?

では、どういう人に対してiPhone SEをおすすめするか?考えてみました。

▼コンパクトなiPhoneを使いたい人

まあ、これはそうですよね。

▼これからiPhoneを手に入れる人

前述の通りTouch ID第二世代が使えないなどの(6sに比べた)難点はあるものの、iPhone SEはコストパフォーマンス抜群の製品。

最新型である6sと同等のCPU、グラフィック、メインカメラ性能を持っていながら、6sよりも約35〜40%ほども安い
間違いなくお買い得と言っていいかと思います。

これから始めてiPhoneを使いたい人には、まさにうってつけ。

▼iPhone 5s以前の機種を使っている人

iPhone SEは、5sよりも二世代(つまり2年)後の大きく進化した性能を持ちながら、価格はつい最近まで販売されていた5sよりも若干安くなっています。
(最近5sを購入した方には、ご愁傷様ですと言うほかありませんが。。。)

今SEに乗り換えたとしても、6sと同等の性能を考えるとあと2年は楽に使い続けることができるでしょう。
サクサク動くのはもちろん、カメラやビデオの性能も5や5sの頃から大幅に上がっていますし、新しくなればバッテリーの持ち時間も上がるでしょう。

しかも5、5sで使っていたお気に入りのケースなど、アクセサリーはほとんどそのまま使い続けることができます。
iPhone 5や5s→SE、という形がベストといっても過言ではないかと。


逆におすすめしづらいのは、私のように常にiPhoneの最新機能を使いたいタイプの人

コスパに優れたiPhone SEとはいえ、所詮は6sから多少機能を削って小さくした廉価版。
秋ごろにはiPhone 7も発表されるであろうことを考えると、いくらコンパクトな方が好きでも今買い換えるのは微妙なところです…。

あとがき

iPhoneが高すぎて売れにくい、中国を中心とした発展途上国をメインターゲットにしたと推測される今回のiPhone SE

昔からのAppleユーザーにとってはあまり目新しいことのなかった今回の発表でしたが、iPhone SEは確かにこれまでのiPhoneに比べて群を抜いたコストパフォーマンス、価格競争力を持っていると思います。


個人的には普段使いに小さいiPhoneがほしいのですが、どうせiPhone 7以降の新機能を搭載した最新iPhoneも試してみたくなるのは目に見えていて、本当に本当に悩ましい限り。

iPhone 6のSIMフリー版が浮いているので、それを売ってSEを買えば差額は少なくて済むかな……うーん、どうしよう。

iPad Pro 9.7インチについても、以下の記事で詳しく既存モデルと比較、買いなのかどうか検討しています。こちらも合わせてどうぞ。

iPad Pro 9.7インチは買いなのか?
iPad Pro 9.7インチは12.9インチ版と画面サイズ以外に何が違う?Air 2との差は?比較してみた


⇒もっと 「iPhone SE」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック