2016年3月18日
福岡グルメ

Ippudo hyakunen tofu 15

今や日本で一番有名な豚骨ラーメン屋と言っても過言ではない「一風堂」。

その一風堂と、豆腐屋さんが協力して生まれた異色の組み合わせ。それが「白丸とんこつ百年豆腐」です。


使われているのは、大正10年に福岡県八女市で創業された老舗豆腐屋「豆藤」さんの豆腐。

なんでも、一風堂創業者の河原さんに新しく作った豆腐を持って行ったところ「豚骨スープに入れてみようぜ」となり、そのままお店に出すまで至ったのだとか。いいですね、この謎のスピード感あるコラボ。

全国で3店舗(福岡薬院、銀座、恵比寿)しか提供されていないこの豚骨ラー…いや豚骨豆腐、たまたま近所に提供店があったので行ってきました!

一風堂本社に併設された薬院店へ、豚骨豆腐を求めて

こちら、福岡市中央区の薬院という街にある店舗。豚骨豆腐を提供している全国3店舗のうちの1つです。

Ippudo hyakunen tofu 1

この薬院店、実は一風堂を運営する「力の源カンパニー」本社の併設店。それもあって選ばれたんでしょう。
裏の本社入口の窓では、白丸と赤丸が麺で謎の戦いを繰り広げていました。

Ippudo hyakunen tofu 18

東京の店舗ほど混まないだろうとは思いつつ、一応お昼前の11:20頃に入店。
豚骨ラーメン店にこのおしゃれさを持ち込んだのは一風堂なんですかね?どの店に行ってもカフェかおしゃれ居酒屋っぽい内装。

Ippudo hyakunen tofu 3

女性の一人客も来ているようでした。やっぱりラーメン屋は入りにくいでしょうから、こういったお店はラーメン好きの女性にとってオアシス的存在なのかもしれません。

Ippudo hyakunen tofu 4

この日注文するのは、もちろんこちらの「白丸とんこつ百年豆腐」!
早い時間に来たのは、混雑を避ける意味もありますが何より一日限定20丁を確実に捕捉するため。
(余談ですが、個人的に一風堂なら赤丸より断然白丸派です)

Ippudo hyakunen tofu 2

到着を待つ間は、もちろんこれ。

Ippudo hyakunen tofu 5

辛もやしと辛子高菜(どっちも全然辛くないけど)を食べながら待ちます。

Ippudo hyakunen tofu 6

「白丸とんこつ百年豆腐」豆腐と豚骨スープ、普通に合うぞ!

一風堂の3月限定商品「白丸とんこつ百年豆腐」、やってまいりました!

Ippudo hyakunen tofu 7

確かにスープは白丸の色なのですが、通常の白丸元味と違う点はまず麺が見えないこと。そしてチャーシューの形。

Ippudo hyakunen tofu 8

スープを一口。特に変わった感じはなく、私が感じる限り白丸そのままの味です。

Ippudo hyakunen tofu 11

レンゲで豆腐と一緒にすくいやすいようにという配慮からか、細切れになっているチャーシュー。

Ippudo hyakunen tofu 12

さて、肝心の豆腐は……と丼の底から持ち上げてみると、出てきた出てきた。でかっ。
一丁まるごと入っているのでかなり巨大に感じます。

Ippudo hyakunen tofu 13

Ippudo hyakunen tofu 14

豆腐とスープを一緒に口の中へ。うん、うまい!
予想外のうまさというわけではないですが、おいしい豆腐と白丸のスープは普通に合う。口の中でとろける豆腐とスープのマリアージュ。

Ippudo hyakunen tofu 15

豆腐と白丸元味を両方食べたことがあるなら、頭の中でその味を想像してみてください。そこから大きくは外れませんが、豆腐が上質な分それよりちょっと上のおいしさという感じ(個人の感想です)。
なんでも、水分の多い豆腐を豚骨スープと合わせるために製造段階からスープを使うなど工夫をしているとのこと。

ラーメンばかり食べると太る、けど食べたい。。。という方にヘルシーな豆腐という選択肢はかなりアリなんじゃないかと思います。


が、替え玉とか一緒に頼んでいるようでは元も子もありませんよ。ご注意ください。

Ippudo hyakunen tofu 9

プラス50円で半替玉をつけられるって言われたら……ねえ。
ちなみにご飯も選べます。糖質ばんざい。

Ippudo hyakunen tofu 10

途中、辛子高菜やもやしも入れて、軽く味変も楽しみつつ。
紅しょうがは味が変わりすぎるので、基本的には入れない派。

Ippudo hyakunen tofu 16

麺も残さずいただきました。ごちそうさまです。

Ippudo hyakunen tofu 17

あとがき

この豚骨豆腐、どうやら好評なようで全国9店舗、一日40丁に拡大されることが決まったようです。

提供店舗は元々の3店舗(薬院、銀座、恵比寿)のほか、南青山、豊洲、本厚木ミロードイースト、関内、梅田、箕面店。
価格は薬院店のみ650円で、それ以外の店舗は720円となっています。

提供期間は当初の予定通り3月いっぱいとなっていますので、気になる方はお早めに!

ラーメン好きならこちらの記事もどうぞ
【保存版】ラーメン大好きな福岡県民の私が選ぶ!ぜひ連れて行きたいおすすめの7店
全てはここから始まった。全国・世界に羽ばたく豚骨ラーメン「一風堂総本店」in 福岡・大名


⇒もっと 「福岡グルメ」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック