2016年3月16日
東北

Yamagata risshakuji 62

始めて訪れた山形県。1泊だけ蔵王温泉に滞在することは決めていたのですが、その前にどこか観光するところはないかと探してみたところ、見つけたのが立石寺(りっしゃくじ)という場所。

通称「山寺」とも呼ばれる寺で、かの俳人・松尾芭蕉が『閑(しずけ)さや 岩にしみ入る 蝉の声』と詠んだことでも知られています。


ただ有名なお寺というだけではなく、長い石段を上った先に素晴らしい風景が広がっているとのこと。

まだ雪の残る2月末、ここでしか見られない絶景を求めて行ってきました!

JR山寺駅で降り、立石寺へ。山形名物手打ちそばで腹ごしらえ

この趣ある建物が立石寺最寄りの山寺駅。
仙山線で山形から20分、仙台からなら1時間ほどです。

2月末といってもこの日はだいぶ暖かく、雪もかなり解けてきていました。

Yamagata risshakuji 2

駅を出た瞬間、目の前に山がドーンとそびえます。

Yamagata risshakuji 3

良く見てみると、山頂付近にお堂らしきものが見えます。あれが目指す立石寺のてっぺんか…!

Yamagata risshakuji 5

駅から立石寺の入り口に向かう途中には、そば屋がいくつも並んでいます。山形は蕎麦もおいしいところらしい。
これから登山(というか石段上り)をする人向けに、食事した人向けに荷物預かりサービスをやっている店もありました。

Yamagata risshakuji 4

山寺こけし系統。

Yamagata risshakuji 71

連なる山々と目指すべき場所を正面に見据えながら、登山口へ。

Yamagata risshakuji 6

雪解けの風景、いいじゃないですか。

Yamagata risshakuji 7

上る前に、ちょっとこちらの美登屋(みとや)さんで腹ごしらえ。

Yamagata risshakuji 8

山形名物板そば(1,360円)。
長方形の板に、光を放つそばが敷き詰められています。

Yamagata risshakuji 10

Yamagata risshakuji 11

これまで食べたそばとは違う強い歯ごたえ・弾力と、しっかりした香り。これはおいしい。

Yamagata risshakuji 12

おいしい…のですが、いかんせん量があまりに多すぎる。これ明らかに普通のそばの2、3人分はあるぞ……。

これから行く方は、2人で板そば+別のものを注文して半分ずつシェアするとか、そういった方法をおすすめします。運動前にめっちゃ満腹になってしまった。。。


なんだかやたらハードルを上げてくる山の名前が気になりつつも、

Yamagata risshakuji 9

少女マンガに出てきそうな目をした案内坊主に目を奪われつつも、

Yamagata risshakuji 69

Yamagata risshakuji 70

立石寺、通称・山寺の入り口(登山口)に到着いたしました。

Yamagata risshakuji 13

本堂でお参り、松尾芭蕉の像を横目に、いざ立石寺登山へ!

最初の石段を上り終えると、目の前にあるのが本堂。
まずは登山の無事を祈り、お参りします。

Yamagata risshakuji 14

順路は向かって左側。多くのお地蔵様が並ぶ横を過ぎ、鳥居を抜けて行きます。

Yamagata risshakuji 15

Yamagata risshakuji 16

松尾芭蕉の銅像もありました。『閑(しずけ)さや 岩にしみ入る 蝉の声』

閑さや岩にしみ入る蝉の声(しずけさや いわにしみいる せみのこえ)は、松尾芭蕉が元禄2年5月27日(1689年7月13日)に出羽国(現在の山形市)の立石寺に参詣した際に詠んだ発句。『奥の細道』に収録されている。随伴した河合曾良が記した『随行日記』では山寺や石にしみつく蝉の声とされている。『奥の細道』の中でも秀吟の詩として知られている。
閑さや岩にしみ入る蝉の声 – Wikipedia

Yamagata risshakuji 17

ここが立石寺の奥の院に続く登山口。この先からは入場料(大人300円、小人100円)が必要です。

Yamagata risshakuji 18

Yamagata risshakuji 68

ここを入るとトイレが無いらしいので、事前に行っておきましょう。

Yamagata risshakuji 67

受付の方が近所のおばあさんとずっとしゃべってて入場料払うときもお金を受け取る以外一切こちらを見もしなかったけど、バリバリの山形弁がなんだかほっこりして全然気になりませんでした。

Yamagata risshakuji 19

入場料を払い、いざ行かん。

Yamagata risshakuji 21

Yamagata risshakuji 20

>>次ページ:巨木が鬱蒼と茂り石造りの造形物が立ち並ぶ中、長い石段をのぼり奥の院を目指す
⇒もっと 「東北」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック