2016年1月15日
裁断機・裁断方法

Plus pk 213 4

以前レビューした、PLUSの断裁機PK-113

このPK-113に、後継機となる新製品PK-213が発売されていました。

実は私は存在を知らなかったのですが、福岡の知り合い井上さん(→福岡の婚約指輪(エンゲージリング)・結婚指輪(マリッジリング) 宝石・時計いのうえ)に教えていただき、レビューのため貸してもらえることに。ありがとうございます!

早速、PK-213の断裁機としての特徴、および前世代のPK-113との違いをレビューしていきたいと思います!

黄緑の差し色が目を引くPLUS断裁機「PK-213」

たたまれた状態のPLUS PK-213。
ホワイト基調で、黄緑の差し色が目を引きます。ちなみにPK-113の差し色はオレンジでした。

Plus pk 213 1

コンパクト断裁機と謳うだけあり、この状態だと他の裁断機に比べて場所をとらないのが特長の1つ。
小さなスペースにでも立てて収納できます。

Plus pk 213 10

使用するときはこのようにトレーを開き、

Plus pk 213 2

ハンドルロックを外して、

Plus pk 213 3

準備完了。

Plus pk 213 4

安全性が高く、裁断時のハンドルの軽さは群を抜く

実際に裁断してみましょう。

裁断能力はコピー用紙60枚で、PK-113のときと変わらず。
マンガくらいの厚さがあると半分ずつでないと無理ですが、薄めの雑誌であれば一発でいける程度です。

赤いカットラインを見ながらガイドをセットして、

Plus pk 213 5

ハンドルを押し下げる。めっちゃ軽く切れる!片手でも簡単。

Plus pk 213 6

ちなみにハンドル下の部分に刃がついているわけではないので、触っても安全です。誤って指など挟んだりもまず無いであろう、安全に配慮したつくり。

Plus pk 213 7

この通り、綺麗に裁断できました。

Plus pk 213 9

なお、カットライン(Cutting Line)のオン/オフは、こちらのスイッチで。

Plus pk 213 8

前世代PK-113と比較。違いは?

PK-213の1つ前の世代であるPK-113と比較してみましょう。

立てた状態で見ると、黄緑とオレンジの違い以外はほとんど同じ。

Plus pk 213 11

最も大きく変わったのは、カットラインの見やすさ。
PK-213では、カットラインが太く鮮明になった上にカバーも反射しにくい素材となり、グッと確認しやすくなっています。

Plus pk 213 12

PK-113だと、この通り。覗き込めば見えないことはないのですが、写真でわかるように反射&線の細さでかなり見えづらい。

Plus pk 213 13

違いは一目瞭然ですね。

Plus pk 213 14

Plus pk 213 15

ですが、それ以外は見た目もスペックもほとんど同じ。

Plus pk 213 16

PLUSのサイトによれば、両者の違いは以下の通り。

・光るカットラインの長さが倍に伸長! A4短辺の裁断位置を端から端まで確認可能に
・A4用紙を半分に切り分けやすい「補助ガイド」で、作業スピードアップ
・前カバーの形状変更で反射を大幅に低減
・カットラインの視認性など細部までリニューアル
コンパクト断裁機「PK-213」新発売 | PLUS プラス株式会社/PLUSグループ

大きく変わったと言えるのはカットラインの見やすさくらい。
PK-213は、PK-113のマイナーチェンジ版と言えるでしょう。

その割に、現在両者の価格差はAmazonで約8,000円ほどあるので、どちらを選ぶかというのは悩みどころ。
私なら、この価格差ならPK-113を選ぶかなあ。

裁断の用途により、他の裁断機も検討に入れておこう

私のおすすめ裁断機は、この他に2つ。

本のような分厚いものをバシバシ裁断するなら、自炊裁断機DURODEX 200DXがおすすめです。
比較的高価ではあるものの、マンガ本程度なら一発でいける裁断能力はやはり便利。

裁断能力はそこそこでも安価なものを求めるなら、カールDC-210N。
1万円前後で買えて、軽く取り回しやすいのもポイント。本を小分けにすれば、多少面倒ですが自炊だってできないことはありません。
(私は700冊程度これで裁断しました)



PK-113やPK-213と比較しつつ、用途に合ったものを選ぶと良いでしょう。

比較記事も以前書いていますので、そちらも参考に。

あとがき

見栄え、収納時のコンパクトさ、裁断の軽さで選ぶなら他の裁断機よりもPK-113 or PK-213が良いかなと思います。

自宅やオフィスに1台あると便利なので、この記事も参考に選んでみてください!

⇒もっと 「裁断機・裁断方法」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック