2015年11月18日
ネタ

Saihobako felix 1

最近寒くなってきたので冬物のジャケットを出してきたのですが、よく見ると一番上のボタンが取れかけていまして。
自分でボタン付けしてみようと裁縫箱(裁縫セット)を引っ張り出してきたのです。


この裁縫箱は私が小学校5年生のとき、つまり1991年(平成3年)に買った(というか買ってもらった)かなりの年代物。

中を探ってみると、当時の学校の家庭科の授業で買った「フィリックス」のナップザックの写真や作り方など、なんだか懐かしい感じのものがいくつか出てきました。

せっかくなのでこれを読んでいる同年代の方も一緒に思い出に浸りましょう、ということで紹介したいと思います。

1991年のLITTLE BOBDOG裁縫箱を開け、時代をさかのぼる

未だ現役の我が家の裁縫箱、キャラクターはLITTLE BOBDOG(リトルボブドッグ)。「FUTURE 2001」とありますが、それよりも遥かに未来を今生きているんだなと思うと感慨深い。
「EVERYONE CALLS ME “CUTE BOB”」とのこと。なかなか言うねえ。

Saihobako felix 1

今でも現役のキャラクターのようなのですが、顔がよりキュートな感じに変わってました。



当時はあまり選べる裁縫箱の種類がなかったような記憶がありますが、今やかなり進化している模様。




この裁縫箱に入ったままになっていたのが、当時の家庭科の授業で作ったナップザックのチラシ(?)と作り方。
(ナップサックっていう言葉使うの何年ぶりだろう。。。)

どうですか、この時代を感じさせる写真。のびたくん的色合いに、ジーパンにシャツをイン。

Saihobako felix 2

ちなみにこの「フィリックス」というキャラクターを私はマルカワの10円ガムでしか知らなかったのですが、ガムの方はもっとタラコ唇だったような。。。というおぼろげな記憶を元に検索してみたところ、以下のブログ記事を発見。

皆さんお気づきだと思いますが、この画像の右上の文字、「フィリックス」ではありませんね。
そうです!「エフエックス(FX)」なのです!!

何故「FX」かと申しますと

昔(私が小学生の頃)はこの顔で堂々と「フィリックス」の名称を使っていたのですが、
許可なしで「フィリックス」の名称を使っていたようで、
権利関係のもめ事になり、名称を「FXガム」に変更せざるを得なかったようです。

したがって、ある一定の期間は「フィリックスガム」ではなく、
「FXガム」だったのです!

その後、権利関係をクリアし、現在のデザインになった、という訳です。
駄菓子LOVE!_フィリックスガム2

タラコ唇をしたフィリックスのパチモンガムを販売(記憶にあったタラコ唇ガムはこっち)
→当然問題になり、名称をエフエックスガムに変更
→和解して正式にフィリックスガムを販売

という流れらしい。
※個人ブログの記事のため、100%正しいかどうかはわかりません
マルカワのHPには現在エフエックスガムは無く、フィリックスがイメージキャラとして使われているようです


が、以下の商品写真には幻の(?)エフエックスガムが入ってるぞ!
というかこのセブンパックよく買ってた気がする。このパック以外でなかなか見ないソーダ味が結構好きで、逆にいちご味はそれほど好きじゃなかった覚えが。懐かしいなあ。

丸川製菓 セブンパック 7個入×15個

正統派フィリックスガムはこちらです。顔全然ちゃうがな……。

キャラクター 駄菓子 フィリックスガム (55個+当たり5個入) 当たり付きのガム



ナップザックの作り方の説明では、フィリックスとは似ても似つかないちょっと変わったファッションの猫風キャラが「きみも ぼくといっしょに がんばろう!」とナビしてくれます。君は誰だ。

Saihobako felix 3

ナップザックが完成するやいなや、ピクニックに誘ってくるので注意。

Saihobako felix 4

あまり覚えていませんでしたが、ナップザックのほかフェルトを使った小物作りの授業もあったらしい。

Saihobako felix 5

このかすれた感じの味のある印刷も、今はあまり無いんでしょうねえ。まあ読みづらいけども。

Saihobako felix 6

ちなみに、この領収印が押されている1991年9月の出来事にはどんなものがあるかというと、

9月4日 – プロ野球実行委員会においてロッテオリオンズ(当時)が、神奈川県川崎市から千葉県への本拠地移転を正式に承認。
9月9日 – タジキスタンがソビエト連邦から独立。
9月9日 – アイドルグループ・SMAPがCan’t Stop!! -LOVING-でCDデビューを果たす。
1991年 – Wikipedia

ロッテの本拠地がやっと千葉に移り(しかも当時はまだマリーンズでなくオリオンズ)、ソビエトがまだ存在し(ソ連崩壊はこの年の12月)、今や大御所となったSMAPがやっとデビューした、そんな月だったんですねー。

それから24年、ソ連は無くなったけどロッテもSMAPも私も元気にしています。よかった。

あとがき

2015年も終わりに近づき、年末には大掃除をする方も多いでしょう。

そんなときにもし昔の裁縫箱なり思い出の品を見つけたら、ちょっとだけ当時に思いを馳せてみるのも面白いかもしれませんね。

⇒もっと 「ネタ」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック