2015年11月13日
iPad情報

iPad Proの本体代金および月々の通信料、いくらかかる?ソフトバンク・au・ドコモとMVNO(格安SIM)でそれぞれ計算してみた

Ipad pro how much 1

2015年9月にiPhone 6sとともに発表され、先日の11/11にApple Online Storeにて発売開始となった12.9インチのiPad Pro

通信契約とセットになったキャリア(ソフトバンク・au・ドコモ)版は、11/14(金)より発売開始となります。


では、それぞれのキャリアで契約するといくらかかるのか?また、セルラーモデルを購入して別途MVNO(格安SIM)を利用したらどうか?

現時点(2015/11/12)で発表されている情報をもとに試算してみました!

なお、iPad ProのWi-Fi+セルラーモデルには128GBしかないため、今回はその前提で考えていくことにします。

本体代金

まずは、本体の代金。Apple Online Storeで一括購入した場合、税込みで139,104円(税抜き128,800円)。

ソフトバンク、au、ドコモといったキャリアで契約した場合、一括の本体代金はほぼ同じですが、2年契約による割引によって実質価格がそれぞれ約65,000円ほど安くなります。

ソフトバンク au ドコモ (一括払い)
本体料金 5,800×24
(139,200円)
5,795×24
(139,080円)
5,805×24
(139,320円)
(139,104円)
月々の割引 -2,720×24
(-65,280円)
-2,710×24
(-65,040円)
-2,700×24
(-64,800円)
実質価格 3,080×24
(73,920円)
3,085×24
(74,040円)
3,105×24
(74,520円)
(139,104円)

各キャリアでの差は2年間の合計でも500円程度なので、ほぼ横並びと考えていいでしょう。

月々に支払う料金

料金プランについては、各キャリアで多少の違いがあるのでそれぞれ簡単に紹介していきます。

▼ソフトバンク

ソフトバンク
スマ放題 データ定額プラン
基本プラン 1,836円 5,616円
(3年目以降は6,156円)
インターネット接続基本料 324円
データプラン 5,400円(5GB)
7,236円(8GB)など
※スマホとセットの場合、月額利用料500円
基本料に7GBの通信料を含む
合計 7,560円(5GB)
9,396円(8GB)など
5,940円(7GB)

ソフトバンクでiPad Proを契約する場合、スマ放題とデータ定額プランfor 4G LTEの2つの選択肢があります。

前者がパケット通信5GBで7,560円、後者が7GBで5,940円という合計額の違いを考えると、実質的に言って
・スマ放題 → iPhone等のスマートフォンとのセット契約用プラン
 (※データ通信についてはスマホとシェアする形となる)
・データ定額プラン → iPad Pro単体で契約する場合のプラン
と考えて良いでしょう。

▼au

au
LTEフラット for Tab ds LTEフラット for Tab
基本プラン 6,156円
(スマホセットの場合3,078円)
5,616円
(3年目以降6,156円)
LTE NET 324円
データプラン 5,400円(5GB)
7,236円(8GB)など
+基本料に2GBの通信料を含む
基本料に7GBの通信料を含む
合計 11,880円(7GB)
13,716円(9GB)など
5,940円(7GB)

auに関しても、ソフトバンクとほぼ同様。スマホとセットで契約する用の「LTEフラット for Tab ds」、iPad Pro単体契約用の「LTEフラット for Tab」の2種類があります。

▼ドコモ

ドコモ
基本プラン 1,836円
プロバイダ(ISP) 324円
データプラン 5,400円(5GB)
7,236円(8GB)など
合計 7,560円(5GB)
9,396円(8GB)など

ドコモの場合、ソフトバンク・auで言う「スマホとのセット契約用のプラン」しかありません。
つまり、iPad Pro単体で契約するのであれば高くついてしまうということになるので、ご注意を。

2年間の支払総額

以上の情報をもとに、2年間でどれだけの金額を支払うことになるのか考えてみることにします。

▼iPad Pro単体で契約した場合

まずは、iPad Pro単体で契約した場合。

月々のデータ通信量は7GBとして、ソフトバンクはデータ定額 for 4G LTE、auはLTE for Tabプラン、ドコモは7GBのプランがないため5GBのプランで契約するものとします。

また、MVNOとしては7GBのプランがあるDMM mobileで計算。

ソフトバンク au ドコモ 本体一括+DMM mobile
本体料金 73,920円 74,040円 74,520円 139,104円
月々の支払い額
(通信量7GB、ドコモのみ5GB)
5,940円×24 5,940円×24 7,560円×24 1,860円×24
2年間の支払額合計 216,480円 216,600円 255,960円 183,744円

iPad Proを単体で購入し、MVNOのSIMを使った方がかなり安くなることがわかります。
※各MVNOがiPad Proに対応しているかどうかは、各企業のホームページにてご確認ください

また料金プランの関係上、単体で購入するならドコモは他キャリアに比べても高額となってしまうようです。

▼スマホとセットで契約した場合

次に、iPhoneなどのスマートフォンとセットで契約した場合。

計算時の条件として、以下の通りとします。
・データ通信パックはスマートフォンとシェアするものとし、ここでは計算に入れない
・auのみ、プラン内にあらかじめデータ通信2GB分が入っている

ソフトバンク au ドコモ
本体料金 73,920円 74,040円 74,520円
月々の支払い額 2,660円×24 3,902円×24
※2GBの通信料を含む
2,660円×24
2年間の支払額合計 137,760円 167,688円
※2GBの通信料を含む
138,360円

既に各キャリアのスマートフォンを持っており、さらにデータ通信量に余裕があってiPadとシェアしても問題ない場合、今の支払いに加えて上記の金額が必要。

データの利用量を増やしたい場合には、当然月々の利用料もさらにアップします。

結論

ちょっとまとめるのが難しくわかりにくかったかもしれませんが、結論としては以下の通り。

・iPad Pro単体で通信契約をしたいのであれば、Apple Online Storeで一括購入しMVNOのSIMを利用する方がはるかに得

・既にスマートフォンを持っているキャリアでiPad Proを追加契約かつデータ通信量に余裕がある場合のみ、ソフトバンクauドコモを選択肢に入れるのもアリ

あとがき

そもそも、iPhone契約について料金を考えた際に「通話が少なくデータ通信が中心のユーザーはMVNOの方が得」という結論が出ていましたが、基本的に通話をしないiPadであればなおさらその傾向は強くなってしまいますね。

なので、スマホや固定回線とのセット契約、および家族割引などで特別安くなる場合にのみキャリア契約を考えるということで良いかと。

なお、Apple Online StoreでのiPad Proの発売は既に始まっていますが、ソフトバンク・au・ドコモそれぞれでの発売は11/14(土)となっています。


個人的におすすめのMVNO(格安SIM業者)については、以下の記事に掲載しています。

各キャリアで契約するよ、という方は以下からどうぞ。

⇒もっと 「iPad情報」に関する記事をチェックする!

▼あわせて読みたい▼