2015年10月4日
ブログ論

Talking about blog worries 1 title
Photo – BLOGと並べられたクッキー|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ

少し間が空きましたが、「ブログなんでも相談室」第5回。
今回は、「ブログ運営で独立したい!」という相談。

不定期日曜連載「ブログなんでも相談室」はじめてみる。質問お待ちしてます!


最近ブログからの収入で生活しているという人(の一部)が目立ってきているせいか、ブログで身を立てて独立するぞ!と気合を入れて更新されている方も散見されます。

今回の質問者さんも、会社で中間管理職として働きながらもいずれはブログ運営で独立したい、との目標があるとのこと。
それに対する私の考え方を述べていきたいと思います。

ブログ運営で独立したい。アドバイスください!

今回の質問は以下です。

この度、このままブログ運営をしていけば、将来的には独立できるか、また、方向性は間違っていないのかをご教授いただければと思いメールさせて頂きました。

私は「サラッと生きログhttp://middle-managerblog.com/を運営しており、中間管理職の仕事ノウハウや脱社畜、ブログ運営の考え方などを中心に配信しています。

今のところ、2ヶ月間本気で運用し、毎日5時と12時で2記事ずつアップし、800字~3000字を目標に書いています。

7月19日時点では5000PVでしたが、今月の予測で8000PVは行けそうな感じがしています。

会社を早く辞めるには、家族(妻、子2人)が不自由ない収入があればと思い、ブログを書き続けています。(今のところ、収入はほとんどありません。)

お忙しい中、大変恐縮いたしますが、アドバイスにつきまして、よろしくお願い申し上げます。
(@sarattoikilogさんより)
※ブログは本人の許可を得て公開しております

まず、私は私自身の経験してきたことでしか語れないので、「それなら将来的には独立できますよ!」「方向性、合ってます!」なんて無責任なことは言えません。私と@sarattoikilogさんは別の人間ですし、書いてる内容も違うし、始めた時期も周囲の状況もまるで違いますから。

もし「絶対いけるよ!」なんて言ってくる人がいたら、ただの放言か、「人の夢を否定するな」みたいなかっこよさげに見えて実は無責任なことを言いたい人か、そうやって煽ることで飯を食っている人か、いずれかでしょう。

以上の前提で、私が考えていることを書いていきます。

本気で頑張ればプロになれる、わけではない

まず、以下の部分。

>2ヶ月間本気で運用し、毎日5時と12時で2記事ずつアップし、800字~3000字を目標に書いています。

本気かどうかとか更新量とかは、ブログがうまくいくかどうかの1つの要素でしかありません。書かないよりは書いた方が当然うまくなるとは思いますが。

例えば毎日一生懸命素振り1,000回すればプロになれるか、なんてわかりませんよね。

「やっぱりブログは毎日更新しないとね!」と言う有名ブロガーがもしいるとしても、それは自分の成功体験で語っているだけで毎日更新してたって芽が出ないブログもたくさんあります。逆もまた然り。


コンテンツは量×質なので、クオリティの低いものをいくらアップしてもダメなものはダメですし、逆にクオリティが高ければ記事数が少なくても十分読まれるブログになる可能性はあります。

ブログ運営 ≒ 会社経営のようなもの?

@sarattoikilogさんの場合量はしっかりこなされているようなので、質を高める工夫をすればより良いのかなと思います。

例えば他の人に記事を読んでもらう、Google Analyticsで人気のある記事、離脱率、検索キーワード、収益性の高い記事等を分析してみる、導線としてのSNSの運用を考える、など。

ライターさんであれば、基本的にはライティング技術を磨いていけばよいのかもしれません。ですがブログの場合はそれだけでなく運営、デザイン、マネタイズ、宣伝等も全部自分でやる必要があります。ライターが専門的な技術者だとすれば、ブロガーは言わば経営者のようなもの。

「ライティング部門」だけでなく、総合力で会社たるブログを成長させていくことを考えてみてはどうでしょう。

ブログを柱として独立するなら、マネタイズはどうするのか

家族が不自由なく暮らせる収入をブログから得ようと思ったら、そう簡単な話ではありません。今の規模であればまだ早すぎるかもしれませんが、マネタイズはどうしますか?

大きく分けるとブログそれ自体から収益を得る(Adsense・アフィリエイト)、ブログを導線として別の収益手段につなげる(ブログからの集客で出版・セミナー・コンサルティング・オンラインサロンなど)の2種類があるでしょう。
もちろん両方を組み合わせてもOK。

▼ブログ自体から収益を得る

現在の「仕事ノウハウや脱社畜」といった話題オンリーでそこまで大きなPVを得るのは難しいかなという印象。なのでAdsenseのみだと厳しいかもしれません。

なので、書いている話題と親和性の高いアフィリエイト案件を探り、試していくと良いかと思います。
パッと思いつくのは、例えば転職・求人系のアフィリエイトなんかどうでしょう。

▼ブログをきっかけに他の手段で収益を得る

ブログを入口として何らかの別の活動につなげるのであれば、まずはファンを多く獲得すること、そして関係者とつながりをつくること。

ファンを獲得するには時間がかかるものですし、当たり障りのない内容だと目立ちません。多少の煽りや強めの言説もときには必要となってくるかも。
そのあたりのさじ加減は、実際にやってみながら調整していきましょう。(炎上には気をつけて)


他のブロガーから話を聞くのも、ときには良い刺激になります。また、そういったつながりから出版等の話につながることも。出版社も文章が書ける著者を探していますからね。

@sarattoikilogさんがどこにお住まいかはわかりませんが、そういった人達と交流できるイベントがあるならぜひ顔を出してみてください。




実際のところ、お金を稼ぐことに主眼を置くのであれば、ブログよりも案件ありきのアフィリエイトサイト作った方が効率は良いのではと。

個人的には以下のような違いがあるのかなと思っています。

ブログ:名前を知られたい、サイト運営以外の活動もしたい、好きなこと何でも書きたい
アフィリエイトサイト:とにかくWebでお金を稼ぎたい、短期間で結果を出したい

前者であればそのまま続ければいいし、後者なら例えば転職アフィリエイト案件ありきのサイト制作をやってみるという選択肢も一考の価値ありです。

ブログを拠り所にしすぎるのは危険

文章からみて、@sarattoikilogさんは非常に真面目で、正義感と責任感の強い方なのかなと推察します。

今の会社で現実を見て失望し、会社以外の拠り所としてブログに光を見た、と。
(違ったらすみません)

結局は、誰しもサラリーマンなんてきれいごとでやっているわけもないし、ビジネスマンとして成長したいなんてみじんも思っていない、組織の未来なんて別にどうでもいいと思っているんです。

この現実に若かった私は衝撃を受けました。というより、現実を理想化しすぎていただけかもしれませんね。

まあ、人間の世界なんてそんなもんだわ。って改めて分かったのは最近です。

今はどちらかといいと、斜にかまえたようにナナメすぎず、かといって真っ直ぐすぎず、正直すぎず、ひねくれすぎず、現実を直視するというイメージで生きています。
私は今になって思うのは、世の中を甘く見ていた所があったってことです。 – サラッと生きログより

水を差すようですが、私としてはあまり成果がないうちからブログをあてにするのは、リスキーかつ続かない原因になりがちかなと思っています。

何でもそうですが頑張った分に比例して成果が出るものでもないので、壁にぶつかったときに心が折れ、毎日更新がぱったり止まってしまうブログをいくつも見てきました。

アフィリエイトサイトでいくなら、短期集中で頑張ってうまくいかなければ次のサイトを作る。
ブログなら、長く無理なく続けられるやり方、サイクルをまず確立してチャンスを待つ。
私の中ではそういうイメージです。


ブログを通した人とのつながりなど、収益だけでないブログの楽しさを見出すのが個人的にはおすすめ。

収益が小遣い程度だったとしても交友範囲が広がって人生がより豊かになりますし、楽しいからとやめずに続けていればブログ自体の成長も期待でき、独立できるほどにうまくいく可能性もゼロではありません。

質問に対する回答

とりとめがなくなってしまいましたが、回答をざっくりまとめると

・方向性が合ってるか、独立できるかに関しては、私含め誰にも判断できません
・記事数だけでなく質を高める工夫を。書くだけでなくブログを総合的に成長させることを考えよう
・独立するつもりなら、将来的にはマネタイズも真剣に検討を
・ブログに入れ込みすぎず、長く楽しく続けるサイクルをまず確立しチャンスを逃さない。稼ぐことを重視するなら、アフィリエイトサイトに挑戦するのもアリ

といったところでしょうか。



……とあーだこーだ言いましたが、今はご本人がモチベーション高く楽しくブログをされているので、それが何より。

誰が何と言おうと、自分の納得行くまでとことんやってみるのが一番かもしれませんね。

バックナンバー

バックナンバーにも、今回のご質問に関連した話題がちりばめられています。
同じ悩みをお持ちの方、ぜひこちらもチェックしてみてください。

あとがき

随時質問受け付けております。辛口かもしれませんが真摯にお答えするつもりなので、お気軽にどうぞ!

⇒ 私も相談したい!という方はこちらから

⇒もっと 「ブログ論」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック