2015年10月3日
福岡グルメ

Kintsuta 2

食の王国・福岡には、よく知られているもつ鍋やラーメン、水炊きなどといった名物のほかにも様々なオリジナル料理があります。

そのうちの1つが、金蔦(きんつた)というお店の「博多炊き肉鍋」。

大泉洋さんもMCを務める北海道ローカルの人気番組「おにぎりあたためますか?」でも紹介されたお店で、最近六本木にも店舗ができたようです。

肉のドーナツ、あるいはカルデラのような見た目はインパクト抜群。もちろん味も抜群です!

福岡・天神近くの春吉にあるレトロな雰囲気の「金蔦」

金蔦があるのは、福岡の中でも特に美味しい店が集まるエリアの1つ、春吉。天神からも近いところです。

ちょっとレトロ感のある、隠れ家的雰囲気のある門構え。

Kintsuta 1

人の家にお邪魔するような感覚をおぼえつつ、中へ。

Kintsuta 2

内部も、外観のイメージのままでいい雰囲気。待ち時間にちょっとした飲み物を出してくれたりとサービスも好印象です。

Kintsuta 3

おしゃれではあるものの不思議と敷居の高さは感じないテーブル席に通されました。

Kintsuta 4

落ち着いた間接照明。

Kintsuta 5

塗り箸までなんだかおしゃれです。

Kintsuta 6

なにはともあれまずはビール!ビール!きちんとサーバーが手入れされているのか、泡が細かくておいしい。

Kintsuta 7

この日はコースを頼んでおり、最初に来たのは前菜5種盛り。

Kintsuta 8

彩りあふれる前菜に、食と酒が進んでいきます。

Kintsuta 9

一口肉巻きおにぎり、うまー。でもメインはこの後。

Kintsuta 10

肉のカルデラを切り崩し、テールスープ&タレでいただく絶品炊き肉鍋!

これが、メインの博多炊き肉鍋!なかなか他では見られないこのインパクト。肉のドーナツ、あるいはカルデラのような。

Kintsuta 13

肉は黒毛和牛、黒毛和牛の三角、かごしま黒豚、あぐー豚、伊万里牛サーロインの5種類があり、好きな組み合わせを選べます。
今回は三角と黒豚をチョイス。この鮮やかな赤、食欲をそそる肉のビジュアル……!

Kintsuta 14

タレは、トマトと牛テールスープベースの2種類。

Kintsuta 11

そこに、辛みのある梅味噌や梅胡椒をお好みで。

Kintsuta 12

真ん中には2日かけて仕込まれたテールスープがグツグツとしており、ここに肉を投入してから食べます。山を崩してスープに入れていくのもなんだか楽しい。

Kintsuta 15

いい感じに火が通ったら、

Kintsuta 16

タレにIN!

Kintsuta 17

いただきまーす!!

Kintsuta 18

肉の旨味を味わってもらうためなのか、タレの味はそれほど強くない。ですがコクはしっかりとあり、肉の甘味と合わさって美味。肉の山にはネギが内蔵されており、シャキシャキとした食感も楽しめます。
この組み合わせに間違いなどあるわけがない。

トマトベースのタレにつけると、よりさっぱりとした味に。肉を食べ続けるとくどくなって胃もたれすることもあるものですが、こういった爽やかであっさりとしたタレだといくらでもいけますね。

Kintsuta 19

締めは平麺かリゾットで、牛の旨味を余すところなく

肉と酒をガッツリ堪能し、気付いたらこんな状態に。あの山全部食べたのか。。。
でもお腹いっぱいで苦しいということは全然なく、すいすいといけました。たぶん女性2人とかでもいけるんじゃないかなあ。

Kintsuta 20

ちょっと見づらいですが、最後は杵打ちの平麺にスープをたっぷり吸わせていただきます。他にリゾットも選べるそう。

Kintsuta 21

鍋の締めは、スープと具材の出汁を吸い込み凝縮したご飯か麺。これは定説です。

Kintsuta 22

最後のデザートまで、おいしゅうございました。

Kintsuta 23

あとがき

雰囲気のいい店ですし見た目のインパクトもあるので、デートやお客さんを連れて行くのにも良いのではないでしょうか。女子会もアリだと思いますが、男同士だと多少浮くかもしれません笑

福岡の方は春吉へ、首都圏の方は六本木店へぜひ行ってみてください!

⇒もっと 「福岡グルメ」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック