2015年10月1日
iPhone 6s・6s Plus

Iphone 6s rosegold review 10

iPhone 6s&6s Plus新機能の目玉といえば、3D Touch

画面を押す強さに応じて様々な機能を呼び出すことができ、使いこなせればiPhoneがより便利になること請け合い。
Live Photosをはじめとした、3D Touchを活用した新機能も利用できます。


といっても、これまで「タップ」と「長押し」くらいしか使ってこなかった既存のiPhoneユーザーにとっては、馴染むまでに時間がかかるであろうことも予想できます。一体3D Touchでどんなことができるのか、よくわからないという方も多いのでは。

そこで今回は、現時点(2015/10/1)で3D Touch機能を使ってできることを調べ、まとめてみました!

どのくらいの強さで3D Touch機能を呼び出すかは調整可能

まず前提知識として、3D Touchには2段階の強さを識別する機能があります。
アプリによっては押し込む強さによって機能が変わるものも。


どのくらいの強さで押せば3D Touchが動作するかは、設定にて調整可能。

設定アプリにて、一般→アクセシビリティ→3D Touchと進みます。

Iphone 6s 3d touch 16

Iphone 6s 3d touch 17

ここで、3D Touchをどの程度の感度にするかを選べます。下に表示されている写真を押し込むことで、テストが可能。

Iphone 6s 3d touch 18

なお、オフにできることからもわかる通り、3D Touchは便利な機能の割り当てはあるもののこれがないと使えないアプリはありませんので、慣れない方もご安心を。

Live Photos(”動く写真”の撮影)

Live Photosについては、以下の記事で撮影の仕方から見え方まで解説した通り。

Live Photosの詳しい使い方
iPhone 6sの新機能「Live Photos」の使い方、データ容量および感想


Live Photos機能をオンにして撮影すると、写真アプリで閲覧中に写真を押し込むと3秒間の動画が再生されます。

動く景色や人を撮ると、静止画の写真よりも思い出がありありと蘇って楽しいですよ。動画ほど気張らず撮れるのもいい。

テキスト入力時、カーソルをトラックパッドのように自由に動かせる

キーボードが出ているときにいずれかのキーを弱く押し込むと、キーボードの文字表示が消えてカーソルが自由に動かせます。MacBookでトラックパッドを使っているときのように。
さらに強く押し込むと、文字の選択が可能に。2段階の3D Touch機能が最も活躍する場面ではないでしょうか。

Iphone 6s 3d touch 1

これも、動画で見るのがわかりやすいでしょう。

タップしてカーソルを移動させるのも、テキスト選択するのも毎回なかなかうまくいかず面倒だったのですが、この機能でかなり便利になりそうです。

ページをめくるようにアプリ切り替え

画面の左端をグッと押し込むと、ページをめくるかのようにアプリの切り替えができます。

まだついついホームボタンダブルタップしてしまいますが、慣れたらよりサッとできそうな気はします。

メールをポップアップ表示→詳細画面へ

メール一覧の画面で1段階押し込むと、メールの内容がざっくり見られるポップアップが表示。そこからアーカイブしたり既読にしたり返信したりが可能で、さらに押しこめば詳細が見られます。

Iphone 6s 3d touch 2

メールをサクサク仕分けするのに力を発揮しますね。

アプリ長押しでクイックアクション表示→起動

アプリを長押しすることで、「クイックアクション」を表示してすばやく各種機能を起動することができます。


Apple純正アプリは、さすがに多くのアプリが対応済み。

カメラ。

Iphone 6s 3d touch 3

写真。

Iphone 6s 3d touch 4

Safari。

Iphone 6s 3d touch 5

カレンダー。

Iphone 6s 3d touch 6

電話。「よく使う項目」に連絡先を入れておくと、この画面にその連絡先が出てくるのですばやく電話をかけることも可能。

Iphone 6s 3d touch 7

メモ。

Iphone 6s 3d touch 8

App Store。

Iphone 6s 3d touch 9

マップ。

Iphone 6s 3d touch 10

時計。

Iphone 6s 3d touch 14

メッセージ。

Iphone 6s 3d touch 15

メール。

Iphone 6s 3d touch 12


サードパーティ製アプリでは、私のiPhoneに入っているアプリの中では2つだけ対応していました。

Twitter。

Iphone 6s 3d touch 11

Dropbox。

Iphone 6s 3d touch 13

なお、クイックアクションのないアプリを3D Touchした場合には「ビッ ビッ」と「ありませんよ」的な振動が来るので、すぐわかるようになっています。

あとがき

あくまで以上は現時点で私が認識している分で、他にもあるでしょうし今後サードパーティ製アプリでも3D Touchに便利な機能を割り当てたバージョンが続々とリリースされるに違いありません。

無くても困らないけど使えると非常に便利な機能なので、6s&6s Plusユーザーの方はぜひ試してみてください!

⇒もっと 「iPhone 6s・6s Plus」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック