iPhone 6sのTouch ID(指紋認証)が早すぎて通知を見る隙がない件。動画で6と比べてみた

Iphone 6s fingerprint authentication title

iPhone 6sと6s Plusには、これまでのTouch ID(指紋認証)より2倍早いという触れ込みの第二世代Touch IDが使われています。

いうてもこれまででも別に遅いとは思わなかったし、大した変更点ではないかな……と思っていたのですが、使ってみると本当にめちゃくちゃ早い。さらに私の体感では認識精度も格段にアップしてる。
いつもホームボタンを押して通知を確認していたのですが、ポンと押すその瞬間だけで認証完了してしまうので通知が見られないほど。これ大げさでも何でもなくマジです。

文章では伝わりにくい部分もあるかと思うので、動画を撮ってみました!


iPhone 6sと6のTouch ID(指紋認証)速度の比較動画

iPhone 6、6s、両方同時の順でTouch IDの指紋認証から起動までの動画を撮ってみましたので、ご覧ください。百聞は一見にしかず、その高速っぷりがよくわかるはずです。

しばらく使ってみた体感では、認証速度だけでなく精度もかなりアップしている印象。ちょっと汗をかいたりするとすぐ失敗してしまい、結局パスコードを入力することも多かった6までと比べてめちゃめちゃ快適です。
(上の動画も、実は6側が何度も失敗して撮り直してます。その間6sは一度も認証失敗なし)

通知を見たければ電源ボタンで

動画でもわかる通りiPhone 6sはTouch ID認証が早すぎるので、ホームボタンを押して通知を見ようと思っても押してすぐ放しただけでも速攻で起動してしまいます。

もし通知を見たいのであれば、ホームボタンでなく電源ボタンを押せばOK。起動したいときと通知を見たいだけのときで使い分けるとよいでしょう。

あとがき

個人的には、速度もそうですが認証失敗がほとんどなくなったのがマジで嬉しい。これでやっとTouch IDが活用できそうです!

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら