2015年9月27日
iPhone 6s・6s Plus

Iphone 6s rosegold review 5

今回のiPhone 6siPhone 6s Plusから使えるようになった、画面を押す強さによって異なる機能を呼び出せる3D Touch

その3D Touchを利用した新機能の代表格とも言えるのが、Live Photosでしょう。


Live Photosは、撮影される前後1.5秒(合計3秒)の動画も一緒に記録しておき、写真アプリのプレビュー画面で強く押すとその3秒の動画が見られる機能で、言わば”動く写真”。
高画質化してより綺麗になった写真だけではなく、その前後の動きも同時に写すことでよりそのときの臨場感、思い出がありありと蘇ります。

今回は、そのLive Photosの撮影方法および注意点、データ容量などについて紹介していきます!

Live Photosの撮影方法&注意点

Live Photosの撮影方法は簡単。
縦持ちの場合は画面上部にある、5つ並んだボタンの真ん中の3重丸ボタンを押すだけ。

Live photos 1

すると画面に「LIVE」という文字が出てくるので、この状態で撮影すればLive Photos機能を使って撮影可能に。
前述の通り前後1.5秒を撮影するので、画面をぶらさないようにするとよりよいLive Photoが撮れます。


実際に撮影したLive PhotosをiPhone 6sで見ている様子を動画でどうぞ。
容量を下げるための工夫なのか、滑らかな動画というよりは連続写真をコマ送りで見ているような感じに見えました。

iPhone 6sと6s Plusではこの機能を使った壁紙も利用できます。

もちろん、自分が撮影したLive Photosを壁紙にすることも可能。

Live Photosは静止画(JPG)+動画(MOV)の組み合わせ

では、撮影したデータはどのように保存されるのでしょうか?

iPhone内では強く押して(3D Touch機能を使って)みないかぎり普通の写真と変わらないように見えますが、Macに取り込むと写真(拡張子はJPG形式)と3秒の動画(MOV形式)の組み合わせであることがわかります。

Live photos 2

容量を確認してみると、iPhone 6と6sで写真部分のサイズが1.1〜1.2倍程度の差。
(解像度も3264×2448 → 4032×3024にアップ)
Live Photosの3秒動画部分は6sの写真の1.5倍程度の容量があるようでした。

Live photos 3

つまり、iPhone 6sを使ってLive Photosで撮影すると、普通に写真を撮るよりも2.5倍程度の容量を占めるということになりますね。

特に動きのないものや風景を撮るときは、オフにしておいた方がよさそうです。

容量は大きいが楽しい!思い出の記録にはうってつけ

容量こそ大きめに取ってしまうLive Photosですが、単純に使ってて楽しい!

動きのある風景や街並み、人なんかを撮っておいて後で見返すときの情景の蘇り方が段違いです。動画よりずっと手軽に撮れるのもいい。


逆に容量以外の難点としては、iOSデバイス以外で見る時にはただの写真と短い動画の細切れになってしまうところでしょうか。

せめてApple謹製の写真アプリで見るときくらいは、長押しクリック等の操作でiPhoneと同様に閲覧できるようにしてほしいものですが…。

【追記】AppleのLive Photoの説明によると、iOS 9を搭載したデバイスおよびiMessaage、iCloud写真共有、AirDropを使った共有、およびOS X El Capitanを搭載した Macの「写真」アプリであれば再生可能なようです。私のMacがまだOS X Yosemiteだったので再生できなかっただけでした…。

あとがき

実は、iPhone 6から1年で6sへの買い替えをしたかった大きな理由の1つがこの機能だったりします。そして、期待通りに楽しい。
動く子供やペットなんかのLive Photosを壁紙にする人が増えそうですね。

とはいえ、iPhone 6siPhone 6s Plusを購入したのにこの機能の使い方について知らない人も多いはず。

この記事を参考に、思い出の記録に壁紙にと活用してみてください!

⇒もっと 「iPhone 6s・6s Plus」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック