2015年9月25日
iPhone 6s・6s Plus

Iphone 6 to 6s data transfer 8

iPhone 6s ローズゴールドが届いて一通りブログ用の写真も撮ったら、早速普段使いできるようにセットアップをしていきましょう。

以下の記事にて2つの方法「旧iPhoneからデータ移行する」「一からアプリをダウンロードしてセットアップする」それぞれのメリットについて書きましたが、

前回のiPhone 6は16GBで利用していて無駄なアプリやデータがあまり入っていないこともあり、今回はそっくりそのまま移行して使うことにします。

iCloudでも移行は可能ですが、無料だと5GBの制限があるのがネック。
Mac(おそらくWindowsでも可)のiTunesを使えば、簡単に手早く移行できるのでおすすめです!

iTunesで旧iPhoneのバックアップ→6sに復元

まずは、iTunesでこれまで使っていたiPhoneのバックアップを取っておきましょう。

以下の赤枠部分「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れておくと、ほとんどのアプリのID・パスワードも含めて移行してくれる(移行後のログインが不要)なので便利です。

Iphone 6 to 6s data transfer 1


次に、新しいiPhone(今回はiPhone 6s)を同じパソコンにつなぎます。すると、以下のような画面が出てくるはず。
ここで、旧iPhoneと同じ環境をそのまま使いたい場合には「このバックアップから復元」でさきほどのバックアップを選びましょう。

Iphone 6 to 6s data transfer 2

おっと、iPhoneを探すをオフにしとかないといかんのか。

Iphone 6 to 6s data transfer 3

設定の「iCloud」から「iPhoneを探す」をオフにし、再トライ。

Iphone 6 to 6s data transfer 4

これであとは復元を待つのみ!

元のiPhoneとそっくりそのまま同じ環境に。こりゃ便利!

iPhone 6s、復元の実行中であります。

Iphone 6 to 6s data transfer 5

待つことしばし。と言っても数分程度で済みました。

Iphone 6 to 6s data transfer 6

最初の画面になりますが、きちんとデータは移行できているのでご安心を。
起動させると壁紙や設定等は既に復元されており、アプリをダウンロード中の状態でした。元々入っていたアプリを全部ダウンロードするので、なるべくWi-Fi環境で行うのがよいでしょう。

Iphone 6 to 6s data transfer 7

この通り!Googleの2段階認証だけ再度設定が必要でしたが、それ以外は各アプリの設定からSafariのタブ、LINEのトーク履歴に至るまで完璧に再現されていました。素晴らしい。

Iphone 6 to 6s data transfer 8

あとがき

新型が出てもシームレスに使い続けられるのは便利ですよね。もし壊れたり無くしてしまっても、バックアップさえ取っておけば全く同じ状態で再現できますし。
(普段のバックアップ、とっても大事。)

iPhone 6sや6s Plusを手に入れた方の参考になれば!

⇒もっと 「iPhone 6s・6s Plus」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック